子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子供が英会話教室を嫌がる理由、好きな理由

投稿日:

子供と一緒

子供が英会話教室に通い始めてしばらくたつと嫌がることがよくあります。

親子で通うタイプの英会話教室に通っていた時、そこで何度も嫌がる子供を目にしました。通わせている保護者からしてみるとちょっとつらいですね。

幼い子供だと感情のコントロールがうまくいかなくなり、先生も手を焼いてしまいますし、子供がまったく無反応な状態になってしまうこともあります。

子どもと通っていたクラスは先生も保護者も授業中オール英語だったのですが、日常の中で英会話教室の時だけを英語の時間にしてしまうとこんなふうに子供が嫌がることが起こりやすいのだと思います。普段どっぷり日本語の中で暮らしているのに、一週間のうちほんの1時間ほど英語だけに囲まれてしまうと逃げ出したくもなるでしょう。普段の英語学習がうまく子供に合っていないからかもしれません。

うちの子供の場合もなんどもギリギリの状態になったことがあります。

教室に行くのを嫌がったり、英語学習を嫌がるところまではありませんでしたが、じっと座っていられないとか、集中力が切れそうになったり睡魔に襲われたり・・。

こういうのが繰り返されると、教室そのものが嫌なことになってしまうのかもしれませんね。

親子で一緒に通っていたら授業を受けている子供の様子をみていられるので、興味を促すなど早めに手を打つこともできるのですが、子供だけのクラスだと「行きたくない~」になってしまったらかなり黄色信号かもしれません。

子供向け英会話教室

無理をさせない

子供が英会話教室を嫌がるようになったら無理をさせないのが一番です。
ただ、英語が嫌だとは決めつけないほうが良い場合も考えられます。

英語はコミニケーションですから、コミニケーションがうまくいかなくて嫌になっている場合やその空間が居心地悪いからという理由なのかもしれません。

文部科学省の行ったアンケートによると『英語活動が嫌いな理由』として一番多かったのが、英語を読むことがうまくできないから・・でした。

家庭で特になにもしないまま、教室で初めて英語の文字を読み始めてしまうと、うまくはならないでしょう。これは、おうちで絵本の読み聞かせを日本語で行うのと同じように英語も読み聞かせてあげると解決できると思います。

教室にすべて任せる前に、家庭でできる学習に切り替えて楽しく英語を学べる環境を作ってあげると英語嫌いになるのは避けられるかもしれませんね。

young books

 

 家庭でできる子供向け英会話教室

先どのアンケートで『英語活動の好きな理由』としてあげられていた中に、英語の歌を歌ったり、英語のゲームをしたりできるからというものや外国の人と話すことができるからという理由が多く上がっていました。英語を勉強ととらえないで楽しみながら英語を進めていきたいですね。

最近では家庭で英会話教室と同じような英語学習ができるオンライン英会話スクールも流行っています。

オンライン英会話スクールの魅力は、まず値段が安いこと。それから通学の必要がないことでしょう。また、周囲に友達がいないので集中できるというメリットもあります。おうちで学習するので保護者の目も届きやすいです。

ただ、オンライン英会話スクールは基本ネイティブか行うものが多いので英語初心者の子供はそれなりの環境が整ったスクールを選んだほうが良いと思います。

最近では日本の子供向けに英語学習を行うオンライン英会話スクールのカリキュラムも登場しています。また、対面式の英会話教室でマンツーマン授業を行ってからオンラインでネイティブ先生と会話するハイブリットタイプの教室もあるようです。

子供向けのカリキュラム オンライン英会話スクール

子供向けカリキュラムが整っているオンライン英会話スクールの一覧がご覧になれるページです。→子供専用コースのあるオンライン英会話スクール

英会話教室とのハイブリッドスクール

オンライン授業とマンツーマンでの教室授業の両方で英語学習に取り組めるのがヒューマンアカデミーランゲージスクール「読む」「書く」「聞く」「話す」 をバランスよく身につけていける英会話スクールです。

外国人とオンラインでの会話を効果的に進めるため、予習として教室で基礎学習を行えます。インプットからアウトプットまで体系的に行えるので効果は高いと思います。英語のことは教室にお任せしたいとお考えの方にはおすすめかもしれないですね。

無料体験が行えますが、対象地域がありますのでご確認してお申し込みください。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

fewとlittleの使い方

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

  英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。 fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます …

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。

アメリカの小学生が出題する国数社理のテストMAG2NEWS

アメリカの小学生向けテスト問題(国数社理)に英語でチャレンジ

アメリカの小学生が出題する国数社理のテスト問題がMAG2NEWSに掲載されていました。 このコーナーはアメリカの小学生・シャーロットちゃんが英語問題を出題する人気シリーズのようですね。 【脳トレ】米国 …

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。