子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

ハロウィーンの英語絵本「Creepy Carrots」食べ物を粗末にすると..

投稿日:

ハロウィーンシーズンにぴったりな、ちょっと不気味な英語絵本「Creepy Carrots」の読み聞かせです。

うさぎのジェスパーはニンジンが大好物。近くの畑にはシャキシャキのおいしいニンジンが沢山、しかもfree for the taking(自由に取ることができる)。このフレーズはフリーペーパーのスタンドなどでよく見かけますね。「ご自由にお取りください」といった意味。

でも、あまりに好きだからと言って採りすぎは良くないです。なにやら、もったいないおばけのような不気味なニンジンの影が忍び寄ることになります。

 

Jesper Rabbit had a passion for carrots.
うさぎのジェスパーはニンジンに情熱を持っていました。

And the carrots that grew in Crackanhopper Field were the best. Fat. Crisp. And free for the taking.
クラカンホッパーフィールドで成長したニンジンが最高でした。 丸々として。 しゃきしゃき。 そして、自由にとれる。

 

He pulled some for a morning snack on the way to school.
彼は学校に行く途中で朝の軽食のためにいくつかを引っ張った。

He yanked out a few on his way to Little League Practice.
彼はリトル・リーグ・プラクティスに向かう途中で少し引っ張り出した。

He ripped them from the ground on his way home at night.
彼は夜に家に帰る途中に地面からそれらを引き抜いた。

 

Jasper couldn’t get enough carrots…
ジャスパーは、十分なニンジンを得ることができませんでした…

… until they started following him.
… 彼らが後を追い始めるまで。

 

He first noticed something strange after the big game against the East Valley Hares.
最初に彼は、イーストバレーウサギとの大きな試合の後、何か不思議なことに気づいた。

Jasper was about to help himself to a victory snack… when he heard it.
彼がそれを聞いたとき…ジャスパーは勝利のおやつを手伝っていた…

 

The soft … sinister… tunktunktunk of carrots creeping.
柔らかい…邪悪な…ニンジンのトンクトンクトンクは忍び寄る。

 

He turned… but there was nothing there.
彼は振り返りました… しかし、何もそこにありませんでした。

Just my imagination, he thought.
ただの私の想像、彼は思った。

But he hopped a little faster.
しかし、彼は少し速く飛び跳ねました。

That night, as he was brushing his teeth… there they were.
その夜、彼が歯を磨いていたら…彼らはそこに居ました。

 

Jasper whipped around.. but nothing.
ジャスパーは周りを飛び跳ねた..しかし何もない。

He laughed at himself, picked his toothbrush off the floor, and went to bed … quickly.
彼は自分自身を笑って、歯ブラシを床から拾い上げて、寝ました … 急いで。

 

The next morning he approached Crackenhopper Field slowly.
翌朝、彼はゆっくりクラッケンホッパーの畑に接近しました。

He reached for two wild carrots. Nothing happened.
彼は、2本の野生ニンジンの方に手を伸ばしました。何も起こりませんでした。

 

He bit into one. Nothing happened.
彼は、1つにかじりつきました。何も起こりませんでした。

Whew! Creepy carrots… It was ridiculous!
ひゃー! 気味悪いニンジン… それはばかげていました!

 

But when he arrived home that evening…
しかし、彼がその晩に帰宅したとき…

“Mom! Mom!” Jasper screamed.
「ママ ママ!」ジャスパーは叫んだ。

“Creepy carrots! in the shed!”
「「気味悪いニンジン!小屋で!」

 

His mom opened the door slowly.
彼のママはドアをゆっくり開けました。

There weren’t any carrots. Not even the regular kind.
少しのニンジンもありませんでした。普通のものでさえ。

“There are no such things as creepy carrots,”
「そのような気味の悪いニンジンはありません。」

Mom said, shaking her head.
頭を振りながらママは言った。

 

Later that night, as Jasper lay in bed, he heard it.
その夜の後、ジャスパーが床に伏していると、彼はそれを聞きました。

Breathing.
呼吸している。

Terrible, carroty breathing.
恐ろしい、ニンジンっぽい呼吸。

And there, on his wall!
そして、そら、壁に!

 

“Creepy carrots!” he shouted.
「気味悪いニンジン!」と、彼は叫びました。

“Dad Dad!”
「パパ パパ!」

His dad thumped into his bedroom and threw on the light.
彼のおとうさんは彼のベッドルームを叩いて、さっと光をともしました。

 

They searched under the bed. No creepy carrots.
彼らは、ベッドの下を捜しました。気味悪いニンジンはいない。

They looked through the closet. No creepy carrots.
彼らは、クローゼットじゅうを見ました。気味悪いニンジンはいない。

 

They opened the dresser drawers. No creepy carrots.
彼らは、ドレッサーの引き出しを開けました。気味悪いニンジンはいない。

“Just a bad dream, son,” his dad said, shaking his head. “Now go to sleep.”
「ただの悪夢、息子」と、彼のおとうさんは言いました。そして、彼の頭をゆらしました。「さあ、眠りなさい」

That wasn’t going to happen.
それは起こりそうにありませんでした。

 

By the end of the week
今週末までに

Jasper was seeing
ジャスパーは見ていた

creepy carrots creeping
不気味なニンジンが忍び寄る

everywhere.
あちらこちらで

 

Jasper knew his parents were wrong.
ジャスパーは両親が間違っていることを知っていた。

Creepy carrots were real.
不気味なニンジンは本当だった。

And they were coming for him!
そしてそれらは彼のために来ていた!

 

But they couldn’t get him…
しかしそれらは彼の前に出ることができませんでした…

if they couldn’t get out.
彼らが出ることができないならば。

 

Jasper hatched a plan. First thing on Saturday, he grabbed supplies and headed to Crakenhopper Field.
ジャスパーは計画を準備しました。最初は土曜日に、必需品をひっつかんで、クラーケンホッパーの畑に向かった。

As the Sun finally set across Crakenhopper Field, Jasper Rabbit smiled.
太陽がクラーケンホッパーの畑を照らし終えた日没、うさぎのジャスパーは微笑んだ。

 

On his way home, there was no tunktunktunk.
帰り道、トンクトンクトンクはなかった。

There were no carrot-shaped shadows.
ニンジン形の影はありませんでした。

His plan had worked. No creepy carrots would ever get out of that carrot patch again.
彼の計画はうまくいきました。気味悪いニンジンは、決して二度とそのニンジン畑から出ません。

 

And as the Sun finally set, the Crakenhopper filled…
そして太陽が沈んだ後でさえ、クラーケンホッパーの畑は..

chaired! their creepy plan had worked.
議長をつとめます!彼らの気味悪い計画はうまくいきました。

 

They were sure of it.
彼らは、それに自信がありました。

Jasper rabbit would never get into that carrot patch ever again.
ジャスパー・ウサギは、決して二度とそのニンジン畑に入りません。







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「The Loneliest Whale」

英語絵本「The Loneliest Whale」 迷子になったクジラ君の物語

英語絵本「The Loneliest Whale」の読み聞かせです。 かわいらしいタッチのクジラや海に暮らす生き物がいろいろ登場する絵本です。 子供なら誰でも一度や二度はお父さんお母さんの目から離れて …

英語絵本の読み聞かせ「That’s (not) mine」

幼児向けにピッタリな英語絵本の読み聞かせ「That’s (not) mine」

幼児から英語初心者におすすめな英語絵本「That’s (not) mine」のご紹介です。 この絵本は前回ご紹介した2匹のフィジーによるYou Are (Not) Smallのシリーズにな …

Curious George Rain or Shine

英語絵本の読み聞かせ「Curious George Rain or Shine」おさるのジョージの天気予報

英語絵本の読み聞かせ動画、今回観たのはアニメでもおなじみの「おさるのジョージ」の絵本です。 少しやんちゃなところもありますがとっても賢いおさるのジョージのお話は、子供が小さい頃から見ているとっても大好 …

no image

幼児の間は英語の文字を意識させない

英語の絵本読みをし慣れてくると、ついやってしまうんです。幼児の頃は、どこを読んでいるかはあまり重要じゃないってことです。

幼児向け英語絵本「Are Your Ready to Play Outside?」

幼児向け英語絵本「Are Your Ready to Play Outside?」友達想いのゾウさんのステキな一面が見られます

英語絵本、ピギーとジェラルドのシリーズから「Are Your Ready to Play Outside?」の読み聞かせです。この作品は2009年のGeisel Honor受賞作です。 比較的優しめの …