子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児英語を始めよう

投稿日:2011年3月8日 更新日:

小学校英語必修化

公立小学校でも英語の授業が必修化となりました。
グローバル化と言われ続けてもう長いですが、この流れは次の世代においても
同様にますます加速していくことでしょう。

小学生の頃から英語に触れさせる機会が増えることはとても良いことですが、できるならその前から準備しておきたいです。

世界に羽ばたく子どもを育てる幼児英語

世界中のあらゆる人と簡単にコミニケーションが取れる時代です。

会社では上司が外国人なんて当たり前ですね。

日常業務に於いても、電話を受けたら英語で話しかけられ、得意先との商談は英語でプレゼンテーション・・・という話もよく耳にします。

こんな社会に巣立っていく子どもたち、今までの英語で対応できるでしょうか?

小学生から英語を身につけさせるためには、もっと早くから家庭で英語にふれさせたいですね。

 

このブログでは幼児英語の始め方や、ネット上にある幼児英語に役立つ情報、タブレット用のアプリなど子供と一緒に英語を学習するのに役立ちそうなものをいろいろご紹介していきたいと思います。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

今の子供達が大きくなって社会に出る頃を想像してみると、今以上に英語力は必須スキルになっていることでしょう。 すでにコンビニさえ免税店の看板を掲げて外国人が押し寄せるようになっています。 将来、アルバイ …

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

no image

子供に英語の語り掛けで注意したいこと

小学生から社会人までが、今までにないくらい英語を学び始めていますね。
現在の日本では英語教育の必要性がテーマになっているようです。
まわりを海に囲まれ外国語に触れる機会の少ない日本で暮らしていると英語を身につけるのはなかなか難しいものです。幼児期のうちから英語の聞き流しを行うなどして耳に慣れさせておくことでその後の英語教育に大きな力になるように思います。
我が家でも子供が0歳の頃から英語の聞き流しを行い、英語の絵本を読み聞かせたりしていましたが、それに加えて、親の話す言葉も大切ではないかという思いで幼児のうちから英語で話しかける取り組みもしてきました。

英語をいつから学ばせたら良いか

英語をいつから学ばせたら良いか

子供の英語を学習し始める時期って年々下がっているようです。 内容にもよりますが、親子で英語に取り組み始めるきっかけは幼児向け雑誌の付録であったりディズニーなどの無料お試しCDだったりしますよね。 過去 …

no image

幼児教育のメリット

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では以下のように
述べています。