子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

投稿日:2012年12月21日 更新日:

「日本語も話せないうちに英語なんて・・」とか
「国語をしっかり学んでから英語の勉強しないと意味が無い・・」
という意見を目にします。

本当にそうでしょうか。

確かに日本の場合、まわりを海で囲まれていますから、外国語に触れる機会も少なくわざわざ物の名前を2つ覚えなくても困ることなく生活できます。

 

ただ、国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われています。
その時期になると言語習得のゴールデン期であるクリティカルポイントを過ぎてしまい、それからでは英語を無意識にスラスラ覚えるのは困難になってしまうといいます。

 

0歳から6歳頃までに日常的に学んだことは自然と刷り込まれて素質となりますが、この時期を逃すと素質ではなく知識の習得となってしまいます。

中学、高校と6年も英語を学んでなお英語が話せない人が多い原因のひとつではないでしょうか。

 

今の子供が大人なになった時、英語を使わないでどこまで生活力を高めていけるのか、将来子供のことを考えると不安になります。

せめて英語の素質を持たせてやることで、自ら学んで、夢の間口を広げられるような子供に育ってくれるよう願います。

 

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。
先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。

リスニング

英語の聞き流し効果を最大限に高めるために

英語の聞き流しを行える音声素材は、有料の教材に限らずインターネットやテレビ・ラジオなどでも気軽に手に入れることができます。以前に比べて無料の英語コンテンツは溢れているように思います。 もちろん、人それ …

no image

幼児教育のメリット

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では以下のように
述べています。

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。 雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。 普段聞き …

no image

ステップアップのための子ども英語教室選びのヒントに

前回は、1〜2歳くらいの子ども向けの英語教室についてお話しました。今回は、子どもの英語学習をステップアップさせる教室選び。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ