子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

投稿日:2012年12月21日 更新日:

「日本語も話せないうちに英語なんて・・」とか
「国語をしっかり学んでから英語の勉強しないと意味が無い・・」
という意見を目にします。

本当にそうでしょうか。

確かに日本の場合、まわりを海で囲まれていますから、外国語に触れる機会も少なくわざわざ物の名前を2つ覚えなくても困ることなく生活できます。

 

ただ、国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われています。
その時期になると言語習得のゴールデン期であるクリティカルポイントを過ぎてしまい、それからでは英語を無意識にスラスラ覚えるのは困難になってしまうといいます。

 

0歳から6歳頃までに日常的に学んだことは自然と刷り込まれて素質となりますが、この時期を逃すと素質ではなく知識の習得となってしまいます。

中学、高校と6年も英語を学んでなお英語が話せない人が多い原因のひとつではないでしょうか。

 

今の子供が大人なになった時、英語を使わないでどこまで生活力を高めていけるのか、将来子供のことを考えると不安になります。

せめて英語の素質を持たせてやることで、自ら学んで、夢の間口を広げられるような子供に育ってくれるよう願います。

 

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

子供が七田の英語コースに通っていた時の取り組み

七田と言えば右脳教育でフラッシュカードを使った取り組みで有名ですが、 あんな詰め込み式を幼いうちからやっていて大丈夫なの?と思ってしまう方も多いと思います。 ですが、フラッシュカードは覚えるためではな …

no image

赤ちゃんはリスニングの天才

幼児は、幅広い音を聞き分ける潜在力に溢れています。
これは言語獲得能力が人生のうちで最も発達している状態です。

no image

幼児英語に必須な最初のステップ

私たちは生まれた直後から、もっと言えばまだ母親のお腹の中にいる時から 周囲で話す言葉を聞いて来ました。

英語子育て

0歳~幼児からのバイリンガル英語子育て

幼児の頃の記憶でいまだに印象に残っているのが母親の話す英語です。 今で言うプチバイリンガル子育てなのかな。 英語と言っても子供に向かってですから、 「Good night」とか「Thank you」く …

no image

初めての英語教室選び

子どもか1歳になる頃、北欧のおもちゃで有名な ボーネルンドのお店に
併設してある英語教室へ通うようになりました。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ