子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

投稿日:2012年12月21日 更新日:

「日本語も話せないうちに英語なんて・・」とか
「国語をしっかり学んでから英語の勉強しないと意味が無い・・」
という意見を目にします。

本当にそうでしょうか。

確かに日本の場合、まわりを海で囲まれていますから、外国語に触れる機会も少なくわざわざ物の名前を2つ覚えなくても困ることなく生活できます。

 

ただ、国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われています。
その時期になると言語習得のゴールデン期であるクリティカルポイントを過ぎてしまい、それからでは英語を無意識にスラスラ覚えるのは困難になってしまうといいます。

 

0歳から6歳頃までに日常的に学んだことは自然と刷り込まれて素質となりますが、この時期を逃すと素質ではなく知識の習得となってしまいます。

中学、高校と6年も英語を学んでなお英語が話せない人が多い原因のひとつではないでしょうか。

 

今の子供が大人なになった時、英語を使わないでどこまで生活力を高めていけるのか、将来子供のことを考えると不安になります。

せめて英語の素質を持たせてやることで、自ら学んで、夢の間口を広げられるような子供に育ってくれるよう願います。

 

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

幼児英語に必須な最初のステップ

私たちは生まれた直後から、もっと言えばまだ母親のお腹の中にいる時から 周囲で話す言葉を聞いて来ました。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

no image

スピードリーディング 子供と英語の速読を始める

子供が通っている英語教室で英語速読スピードリーディングの教材を頂きました。テキストにはCDが付いていて、音声でそれぞれ標準、4倍速、3倍速、2倍速と再生されます。

no image

赤ちゃんはリスニングの天才

幼児は、幅広い音を聞き分ける潜在力に溢れています。
これは言語獲得能力が人生のうちで最も発達している状態です。

英語リスニングCD

英語リスニングCDの聞き流し効果

子供が幼稚園に入る前くらいから、家ではできるだけ普段から英語リスニングに取り組んでいます。うちで遊んでいるときは音は絞り気味にしてBGMのようにかけ流しています。 通っていた七田チャイルドの先生からは …