子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

投稿日:2012年12月21日 更新日:

「日本語も話せないうちに英語なんて・・」とか
「国語をしっかり学んでから英語の勉強しないと意味が無い・・」
という意見を目にします。

本当にそうでしょうか。

確かに日本の場合、まわりを海で囲まれていますから、外国語に触れる機会も少なくわざわざ物の名前を2つ覚えなくても困ることなく生活できます。

 

ただ、国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われています。
その時期になると言語習得のゴールデン期であるクリティカルポイントを過ぎてしまい、それからでは英語を無意識にスラスラ覚えるのは困難になってしまうといいます。

 

0歳から6歳頃までに日常的に学んだことは自然と刷り込まれて素質となりますが、この時期を逃すと素質ではなく知識の習得となってしまいます。

中学、高校と6年も英語を学んでなお英語が話せない人が多い原因のひとつではないでしょうか。

 

今の子供が大人なになった時、英語を使わないでどこまで生活力を高めていけるのか、将来子供のことを考えると不安になります。

せめて英語の素質を持たせてやることで、自ら学んで、夢の間口を広げられるような子供に育ってくれるよう願います。

 

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

幼児教育のメリット

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では以下のように
述べています。

no image

スピードリーディング 子供と英語の速読を始める

子供が通っている英語教室で英語速読スピードリーディングの教材を頂きました。テキストにはCDが付いていて、音声でそれぞれ標準、4倍速、3倍速、2倍速と再生されます。

no image

子供が英語嫌いにならないために

好き!になってもらわなくてもいいのですが、嫌い!になってしまうと、後々厄介です。こんな時は注意!

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

no image

子供は同じ絵本をなんども読むのが好き

この繰り返し読むことを精読というそうですが、子供の脳は無意識に暗記することで安心感を得るのでしょうか。