子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話「いま行くよ!」は「今くるよ!」I’m coming soonでOK

投稿日:

Dinner is ready!

「いま行くよ!」と「今くるよ!」は漫才師のお話ではなくてcomeとgoの使い分けについてです。最近の子どもたちは今いくよ・くるよさんのこときっと知らないでしょうね。

子供の通う英会話スクールで、今日はどんなこと習ったのか聞いてみたところcomeとgoのイメージについて話してくれました。春から英検3級クラスなので、きっと出題範囲なんでしょう。

comeとgo、パッと思いつくのはcomeは「来る」goは「行く」です。

ただ、これは相手がいない場合。
相手がいる場合はこれが逆転するんですね。

自分がどこかへ移動するgoや、なにかが自分の方へ向かってくるcomeはそれで良いですが、自分と相手がいる場合はちょっと変わってきます。

英会話の時とかちょっと注意が必要かもしれませんね。全く逆の意味に取られてしまうこともありますから。

goとcome、それぞれ辞書で引いてみると、goは主に「行く」「向かう」ですが、comeは「来る」の他に、「(相手のほうへ)行く」とあります。さらに補足には、話し手の方に誰かが移動してくる時と、話し相手を中心にして相手の思う場所へ移動するときにも用いられる、とあります。

簡単にまとめると

相手がいる場合
go ⇒その場から離れる
come⇒その場所に近づく

これをふまえて
下の会話ではどうなるでしょう?

母:Dinner is ready!
「ご飯の用意ができたわよ」

1.子:I’m going soon.

2.子:I’m coming soon.

この場合の正解は
I’m coming soon.
(すぐに近づいて行くよ)のイメージです。

ただ、ちょっと疑問なのが、今いる場所から離れるんだから、I’m going soon.
でも良くない?と思ってしまいそうです。ですが、このgoイメージには、ここも離れるけど、そこからも離れるみたいなことになってしまうんですね。
どこかよそへ行ってしまう雰囲気です。

友達と一緒に学校の帰り道、「今日君の家へ遊びに行っていい?」だと、Can I go to your house today?
家に帰って、LINEで「明日遊びに行っていい?」になるとCan I come to your house tomorrow?

その他にもWeblioで拾ってみました。

Can I come in?
部屋に入っていい?

I can come to work tomorrow.
私は明日であれば出社できます。

I’ll come right now.
今すぐ行くよ。

Won’t you come with me?
一緒に行きませんか?

話し相手に向かって行く時、お互いの距離が近づく時はcome、そこから離れるときはgoとイメージしたら良さそうです。







-小学生英語
-

  オススメ

関連記事

no image

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」を開講するそうです。
ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。

水のことを世界の国々では何と言うでしょう

水のことを世界中で何と呼んでいるか知っていますか? 水は英語で「ウォーター」、これは誰でも知っていますね。 でもその他の言語はちょっと聞き慣れません。 中国語では水のことを「シュイ」、韓国語では「ムル …

NHK英語講座2016テキスト14誌お試し

NHK英語講座2016テキスト14誌のレッスン1が無料で全公開されています

NHK英語講座、春から新しいシーズンが始まっていますね。 ラジオ基礎英語1を聴いていたらA,B,C・・とアルファベットの基礎からやっていました。子供と、「もう、これはいいか~」と言いながら、基礎英語2 …

no image

大阪の小学校では小1から英語授業導入のようです

いよいよ公立の小学校でも、小学1年生から英語の授業が始まるようですね。

アメリカの小学生が出題する国数社理のテストMAG2NEWS

アメリカの小学生向けテスト問題(国数社理)に英語でチャレンジ

アメリカの小学生が出題する国数社理のテスト問題がMAG2NEWSに掲載されていました。 このコーナーはアメリカの小学生・シャーロットちゃんが英語問題を出題する人気シリーズのようですね。 【脳トレ】米国 …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ