子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子どもに英語を楽しく取り組ませるために大切なこと

投稿日:

子供の英語

英語の義務教育化を進めようとしている国の教育再生実行本部の提言に対して、
小学校から英語義務教育化すれば英語嫌いの子供増やすだけではないかという意見もささやかれているようです。

確かに中学校の時に習っていたような英語の勉強方法では、
小学校でもきっと出来る子と出来ない子の差が表れてくるような感じもします。

ついて行けない子は、
授業中何を話してるのかさっぱりでぼーっと座っているだけになるかもしれません。

 

どのみち今の流れでは英語の義務教育というのは避けられないでしょうから、
低学年のうちに子供に英語に触れさせ、余裕を持たせて英語学習を進められるようにしたいと望む親も増えてくるでしょうね。

そうなってくるとやはり大切なのが英語の取り組み方ということになってくると思います。

幼児期というのは良かれ悪かれ潜在記憶に残りやすいものです。
上手く活用すればいいのですが、英語苦手だなぁと意識だけが植え付けられてしまえば本末転倒になってしまいます。

親としてはこの辺の所に気をつけて子供と英語に取り組む必要があるでしょうね。

 

子供と英語の取り組みで大切なことは

  • 楽しい時間にする
  • 褒める
  • 目標を定める

幼いうちに気をつけたいのはこの3つだと思います。

 

楽しい時間にする

英語を学ぶ時間を楽しい時間にするのは段取りが大切です。

最初は、きっかけを作って英語に興味を向けられるようにします。

 

うちでは幼いうちから、リトルチャロを見続けています。

子どもはアニメが好きですから、リトル・チャロに限らず、ミッキーのDVDでも良いですし、
ベネッセでも良いので英語の取り組みの前に少し見てから始めるようにします。

4~5分の短めのものが良いですね。

 

その後の取り組みは、イラストと単語をめくっていくフラッシュカードから始めています。

こちらも2~3分とストレスを感じさせないくらいの短い時間がポイントです。

yutubeなどで絵本の朗読をさがしてみせることも有ります。

「どれ見ようか?」

と一緒に探すのも楽しいです。

 

褒める

以前、茂木健一郎氏が講演会で

「子どもはどんな些細な事でも見つけて褒めろ!」

と話されていました。

 

褒められると、やはり気持ちのよいものですよね。
まだまだ、褒め上手の域にまで達してはいませんが、
叱る回数よりも、それより多く褒めるように心がけています。

 

 

目標を定める

毎年、英語のリーディングコンテストに応募するのですが、
これが大きな目標となっています。

なんどもお手本を聞きながら読み込んで、感情を込めて声に出して読めるようにしていきます。

最初は1ページ1,2行で5~6ページくらいだったものも、いつのまにか数十ページで文章の詰まったものにチャレンジできるようになってきました。

年々文章量は増えていくのも楽しみです。

 

書いてある内容はあまり重視していません。
発音や抑揚、間合いなどネイティブが聞いても違和感のないリーディングを目指して行く中で、
自然と理解できるようになっていきます。

 

もう一つある目標は、英検です。
こちらは、どちらかというと学校の授業対策として捉えています。

日本の英語教育ではテスト問題対策は重要です。
児童英検のブロンズ、シルバー、ゴールドとこなしてきて現在英検に向けて学習中です。

現在小学2年生で英検5級に取組中ですが、毎年級を上げて行くのが目標になっています。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

子供の英語教室

近所で人気になっている子供向けの英語教室があったので新年度に向けて新たに教室を変更することにしました。 以前に比べてだいぶ近くなったこともあり、通塾が楽になります。

水のことを世界の国々では何と言うでしょう

水のことを世界中で何と呼んでいるか知っていますか? 水は英語で「ウォーター」、これは誰でも知っていますね。 でもその他の言語はちょっと聞き慣れません。 中国語では水のことを「シュイ」、韓国語では「ムル …

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

小学校で習った四字熟語を英語で言えますか?

小学生は一石二鳥かも『小学校で習った四字熟語を英語で言えますか?』

小学校から持ち帰ってくるテストで四字熟語の問題を見かけることがあります。5~6年生くらいになると難しいものも出てきて大変そうです。 四字熟語の勉強って、ずーっとやっていると漢字の繰り返しでけっこう疲れ …

no image

幼児英語から小学校英語へ

子供がまだ幼い頃というのは英語に触れさせることが主な目的だったりするものです




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ