子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

英語絵本「Tom’s Tail」まっすぐな尻尾に憧れたブタさん

投稿日:

英語絵本「Tom’s Tail」の読み聞かせです。日本語でも「トムのしっぽ」というタイトルで出ています。

誰だってひとつくらいは自分の体にいやなところがあるものです。子豚のトムもそんな悩みを抱えていました。彼がいやだったのはクルンとした小さなしっぽ。彼の望みはまっすぐな尻尾になることでした。周りの他の動物たちはいろいろな尻尾を持っていてどれも自分よりステキに見えてしまいます。

あるとき、馬のヘンリーにこう言われます。
“Why don’t you get your tail straightened?”(尻尾をまっすぐにしたらどうだい?)

Why don’t youは(せっかくだから~すれば?、~した方がいいよ)といったニュアンス。

その後、犬のサムにも
Why don’t I~ と言われます。(私がするのはどうかな?)といった感じでしょうね。

その他にもフランクな英会話でよく使われる言葉が随所にちりばめられていて読み応えのある英語絵本でした。

 

Tom’s tail was curly like a rolled-up rubber band.
トムの尻尾は巻き上げられたゴムバンドのようにカールしていました。

It was a very neat little tail for a piglet, but Tom thought it looks silly.
それは子豚のための非常にきちんとした小さな尾でしたが、トムはそれが愚かに見えると考えました

 

In all other ways Tom was a proper little pig.
その他のトムはまっとうな小さな豚でした。

He was a nice pale pink with dirty patches where he had wallowed in mud.
彼はすてきな淡いピンク色をしており、泥の中で転げまわって汚れた斑点がありました。

 

He slurped and snuffle in the pig trough with his brothers and sisters and made all the usual piggy noises.
彼は飼い場おけの中で彼の兄弟や姉妹と一緒に音を立てて食べ鼻を鳴らしながらいつもの豚の騒音を立てていました。

But how he wished he had a straight tail!
しかし、彼はどうしてまっすぐな尾を望んだのでしょうか?

 

Sam the sheepdog had a lovely, furry tail.
シープドックのサムは素敵でふさふさの尾を持っていた。

Henry the horse had a long, swishy tail.
馬のヘンリーは長く揺れる尾を持っていた。

And Betsey the cow had a thin, stringy tail with a little tuft on the end.
そして牛のベッツィーは細い筋の先に小さな房のついた尾をもっていました。

“Even the rat’s tails nicer than mine,” said Tom sadly.
「ネズミの尻尾でさえ私のモノより良かった」とトムは悲しんだ。

 

“Why don’t you get your tail straightened?” said Henry.
「尾をまっすぐにしたらどうだい?」ヘンリーは言いました。

“How?” asked Tom.
“どうやって?” トムは尋ねた

“Like this.” said Henry as he put a big hoof on the end of Tom’s tail. “Now walk away.”
「このように」とヘンリーは言いながら、大きい蹄をトムの尻尾の端に乗せました。「さあ、歩いて」

 

Tom squealed and squeaked as he began to walk …
トムは歩き始めるとキーキーと悲鳴を上げた。。

His tail stretched out and, when it had uncurled all the way, Henry lifted his hoof.
彼の尾は引き延ばされて、それがずっと伸びたときヘンリーは彼の蹄を持ち上げた。

Ping! Back sprang the tail…
ぽよん! 尻尾は跳ね返って戻った。。

and Tom hurtled forward…
そしてトムは前へすっ飛んだ。。

 

“Ouch!” yelled Tom and Sam together.
「痛っ!」 トムとサムは一緒に叫んだ。

I’ll tell you what,” said Sam, picking himself up.
いいこと教えてあげる」とサムはゆっくりと立ち上がると言った。

Why don’t I take hold of your tail and you can lead me along. That should straighten it out!”
「あなたの尻尾をつかむのはどうだい、そしてあなたは私を導く。それはまっすぐにするでしょう!」

So Tom took Sam for a walk, past the pigsty…
だからトムはサムを散歩に連れて行った。豚小屋を過ぎて。。

 

around the pond…
池の周りに…

and over the buttercup field.
そして、キンポウゲ畑の上に。

“That’s enough!” squealed Tom. “Let me go!”
「それで充分です!」トムはキーキーといった。「行かせてください!」

Ping! Back sprung the tail to its usual curly self. Tom felt sad.
ピョン!  尻尾は跳ね返っていつもの巻きに戻った。トムは悲しく感じた。

 

Betsy looked at Tom, and chewed thoughtfully.
ベッツィーはトムを見て、慎重に噛んだ。

Suddenly she had a very good idea. She told Sam…
突然、彼女はとても良いアイデアが浮かびました。 彼女はサムに言った…

 

who took hold of Tom’s tail again and stretched it.
トムの尻尾をもう一度掴んで伸ばす誰か。

Then he pushed the tail into a big patch of gooey, sticky mud!
それから彼は尾を、泥でべたべたしてねばねばの大きな地面に押し込みました!

He made Tom lie with his tail covered in mud for a very long time, until…
彼は、トムを横にならせて非常に長い間彼の尾を泥で覆っていました…

 

the mud dried, and Tom’s tail was set into a long, thin pencil.
泥は乾きました、そしてトムの尾は、長く細い鉛筆のようにセットされました。

“Yippee!” cried Tom.
「ワーイ!」と、トムは叫びました。

He twirled around, trying to see his new straight tail.
彼はあたりをくるくる回り、彼の新しいまっすぐな尻尾を見せて回った。

“Ouch!” said Sam. Tom’s pointy tail had poked him in the chest.
「痛っ!」とサムは言った。トムのとがった尻尾が彼の胸をつつきました。

 

“You look silly.” said Tom’s mother.
「あなたは愚かに見えます。」トムの母親は言った。

But Tom liked looking different from the other pigs.
しかし、トムは、その他のブタと異なるように見えるのが好きでした。

“I’ll wag my tail like Sam does.” he said.
「サムのように私は尻尾を振ります。」 彼は言った。

whack! Tom’s tail hit his sister in the face and then he poked his brother’s behind.
ごつん! トムの尾は姉妹の顔を打ち、そして兄弟のお尻を突きました。

“Stop it, Tom!” they both shouted.
「やめろ、トム!」 彼らは両方とも叫んだ。

 

When it was dark, Tom’s mother gathered in all her piglets for the night. they liked to snuggle up in a big heap.
暗くなり、夜トムの母は彼女のすべての子豚をかき集めた。彼らは、積み重なってかたまりすり寄るのが好きでした。

But Tom’s tail got in the way.
しかし、トムの尻尾が途中に入った。

 

“Go away!” cried all Tom’s brothers and sisters, and they chased him right out of the pigsty.
“どこかに行って!” トムの兄弟姉妹たち全員が泣き叫んで、豚の中から彼を追いだした。

Poor Tom! He tried to curl up outside but it wasn’t very comfortable to lie down with the tail a stiff as a pencil.
かわいそうなトム! 彼は外でまるくなろうとしましたが、鉛筆のような尻尾をしっかりと寝かせるのはあまり快適ではありませんでした。

Finally, though he was able to fall asleep.
ようやく、彼は寝入ることができました。

 

During the night it began to rain, but Tom went on sleeping.
夜は雨が降り始めましたが、トムは眠りにつきました。

As it rained, the hard mud softened and slid off Tom’s tail.
雨が降ってきたら、泥が軟化してトムの尻尾を滑り落ちた。

By the time marning came, his tail was as curly as it had ever been. Grunting happily, Tom went back to the pigsty.
朝が来る頃には、彼の尻尾は今までと同じように縮んでいました。 幸いなことに、トムは豚舎に戻ってきた。

 

“Who wants a straight tail anyway?” said Tom leader, as you push into the troll with all his brothers and sisters.
「とにかく誰がまっすぐな尾をしたいのですか?」とトムリーダーはいいながらすべての兄弟姉妹と一緒にトロールに押し入った。

“Now if I had a long, elegant nose that Henry the horse instead of the silly, stumpy snout, I could really get at that food!”
「いま私がずんぐりした鼻の代わりにバカな馬のヘンリーの長くエレガントな鼻を持っていれば、私はその食べ物を食べることができた。







-英語絵本

  オススメ

関連記事

フォニックス絵本「Shark in the Park」

フォニックス絵本「Shark in the Park」公園にサメが現れた!?

フォニックス英語絵本「Shark in the Park」の読み聞かせです。 Phonics Readersシリーズのこの絵本では”rk” が多用され心地よいライミングになって …

フォニックス英語絵本「Llamas in Pyjamas」

フォニックス絵本「Llamas in Pyjamas」パジャマパーティーでスリープオーバー

フォニックス英語絵本「Llamas in Pyjamas」の読み聞かせです。 サムとアリ、チャーリーの3人のラマたちはフランキーからsleepoverのお誘いに大喜び! sleepover(スリープオ …

Hop on Pop

幼児向け英語絵本の読み聞かせ動画『Hop on Pop』by Dr. Seuss

幼児向けの英語絵本ドクター・スースの『Hop on Pop』を読み聞かせてくれている動画のご紹介です。 動画の絵本を見るとかなり使い込まれた様子。 この絵本、初版が1963年。文字を習い始めの子供に読 …

フォニックス絵本「Goat In A Boat」

フォニックス絵本「Goat In A Boat」ヤギさんボートで魚釣り

フォニックス英語絵本シリーズUsborneから「Goat In A Boat」の読み聞かせです。 at, ote, ot,のような似たような単語の繰り返しが次々出てくるのがフォニックス絵本の楽しいとこ …

英語絵本「Just a Little Sick」

英語絵本「Just a Little Sick」not too bad..な言い訳

英語絵本、リトルクリッターシリーズから「Just a Little Sick」の読み聞かせです。 この季節、寒暖差が激しくってちょっと気を緩めると具合悪くなっちゃうことありますね。 そんな時は無理をせ …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ