子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語に役立つ本

英語の冠詞theやaの使い方を小学生の子供に聞かれる

投稿日:2014年1月27日 更新日:

昨日は英検の受験日。

子供を連れて、会場になっている教室まで電車で移動しながら
アプリの英検過去問題を一緒に解いていました。

その際子供に質問されたのが、冠詞について。

「aやtheが付く時と付かない時があるのがよくわからない」

冠詞については、英文をなんども読みこなして慣れるしか無いと思うのですが、
法則を伝えるとなると8歳の子供には難しいかもしれません。

「子供に好きな食べ物は?」と聞いても
I like apple というように平気でanを抜かすことがあります。
ここはI like applesでした。一個のりんごというより、りんごという種類の食べ物が好きってニュアンスになるからでしょうか。。

ある本の解説では、ネイティブに対して冠詞を入れずに話をすると
イメージが掴めずにイライラしてしまうと言っています。

aやtheにはモノの状況を伝える重要な意味があるということです。

ちょうど日本人が「I have a sistar」というような英語を聞いて
お姉さんか、妹さんなのかどっち?と気にしてしまうのと同じです。

逆に「I have sistar」と外国の方に話してしまうと、
1人なのか2人なのかどっち?と気になってしまう。

また、aやtheが名詞の前に入ることで、
「それはどこにでもあるものか」それとも
「ある特定のものなのか」を判断することが出来ます。

外国人教師の中にはaやtheを文章中飛ばして書く子供をみると、
「知的な障害があるのでは?」と考えてしまう人もいるようです。

 

話し言葉ではaやtheの発音は少々飛ばしても気にはなりませんが、
文章ですとあきらかに幼稚に見えてしまいそうです。

冠詞の使い方をルール化すれば、100 近いルールになるといわれています。

子供に英語の冠詞についてどう教えようかなと
ググっていると使えそうな本がありました。

序 章 ネイティブにとって冠詞とは?
第1章 a / an / the / 無冠詞とは?
第2章 ルールで覚える冠詞の使い方
第3章 冠詞の違いによるニュアンスの違いを実感する!
第4章 冠詞の英訳
第5章 中級編 ビジネス例文に挑戦!
第6章 冠詞の仕上げ問題に挑戦!

日本語では訳されることのない
「ネイティブが感じとる冠詞本来の意味合い」
を例文で感覚的に学べるようです。

 







-英語に役立つ本

  オススメ

関連記事

読み放題の「kindle Unlimited」2

アマゾン電子書籍や雑誌が読み放題の「kindle Unlimited」2ヶ月間99円でセール中

アマゾン電子書籍の対象雑誌や書籍・マンガが読み放題になるプライム会員向けサービス「kindle Unlimited」が期間限定で2ヶ月間99円のお試しセールを行っています。 Amazon プライム会員 …

アマゾン Kindleストア【40%OFF】学研プラス

アマゾン Kindleストア【40%OFF】学研プラス 3,000点以上対象セール中

アマゾンKindleストアで【40%OFF】学研プラス 3,000点以上対象セールが行われています。(7/26まで) 対象書籍の中から「英語」学習関連の書籍をピックアップしてみました。   …

no image

日本人のへんな英語本が流行ってます!

最近やたらと本屋さんで目にする、日本人の話す英語がちょっと間違ってる系の英語本。
最近やたらと本屋さんで目にする、日本人の話す英語がちょっと間違ってる系の英語本。
国民的な英語熱が高まり、以前よりも英語を現地でスラスラ話す日本人が多くなっているのでしょうか。
日本人といえば英語が苦手な民族、という感じで見られてたころは、
日本人が片言英語でがんばっていると..
「まぁこういう意味だろう・・」
と、おおらかに見てくれてたものですが、
変な英語を話す人が少なくなってくると、
この人何言ってんだ?
やばいひと?
と、日本人慣れしていない人だと
「危ない人」か「ざんねんな人」とみられてもおかしくないかもしれません。
そういう危機意識からかどうかはわかりませんが、
日本人の間違いやすい英語を集めた本が売れているようです。

Kindleセール「新年度からスタート! 学び直し本フェア」

Kindleセール「新年度からスタート! 学び直し本フェア」他..

Kindleで現在開催されているセール情報です。 新年度からスタート!学び直し本フェアを始め、 幻冬舎の実用書フェア、春の雑学&実用書フェアなど多くの書籍がセール対象となっています。 新年度からスター …

no image

子供の英語力を育てたいお母さんのための本

英語教育を始める時期は4歳から5歳くらいが理想的で、毎日15分程度、耳から入ってくる英語を中心に学ぶための親子の取り組みについて書かれた英語教育の本です。子供の集中力はあまり長くありません、楽しくないと感じるとすぐそっぽを向いてしまいます。しかし、一旦子供の心をつかむとその集中力はすごいです。