子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語に役立つ本

英語の冠詞theやaの使い方を小学生の子供に聞かれる

投稿日:2014年1月27日 更新日:

昨日は英検の受験日。

子供を連れて、会場になっている教室まで電車で移動しながら
アプリの英検過去問題を一緒に解いていました。

その際子供に質問されたのが、冠詞について。

「aやtheが付く時と付かない時があるのがよくわからない」

冠詞については、英文をなんども読みこなして慣れるしか無いと思うのですが、
法則を伝えるとなると8歳の子供には難しいかもしれません。

「子供に好きな食べ物は?」と聞いても
I like apple というように平気でanを抜かすことがあります。
ここはI like applesでした。一個のりんごというより、りんごという種類の食べ物が好きってニュアンスになるからでしょうか。。

ある本の解説では、ネイティブに対して冠詞を入れずに話をすると
イメージが掴めずにイライラしてしまうと言っています。

aやtheにはモノの状況を伝える重要な意味があるということです。

ちょうど日本人が「I have a sistar」というような英語を聞いて
お姉さんか、妹さんなのかどっち?と気にしてしまうのと同じです。

逆に「I have sistar」と外国の方に話してしまうと、
1人なのか2人なのかどっち?と気になってしまう。

また、aやtheが名詞の前に入ることで、
「それはどこにでもあるものか」それとも
「ある特定のものなのか」を判断することが出来ます。

外国人教師の中にはaやtheを文章中飛ばして書く子供をみると、
「知的な障害があるのでは?」と考えてしまう人もいるようです。

 

話し言葉ではaやtheの発音は少々飛ばしても気にはなりませんが、
文章ですとあきらかに幼稚に見えてしまいそうです。

冠詞の使い方をルール化すれば、100 近いルールになるといわれています。

子供に英語の冠詞についてどう教えようかなと
ググっていると使えそうな本がありました。

序 章 ネイティブにとって冠詞とは?
第1章 a / an / the / 無冠詞とは?
第2章 ルールで覚える冠詞の使い方
第3章 冠詞の違いによるニュアンスの違いを実感する!
第4章 冠詞の英訳
第5章 中級編 ビジネス例文に挑戦!
第6章 冠詞の仕上げ問題に挑戦!

日本語では訳されることのない
「ネイティブが感じとる冠詞本来の意味合い」
を例文で感覚的に学べるようです。

 







-英語に役立つ本

  オススメ

関連記事

Black Friday Kindle本96円均一セール

アマゾンでBlack Friday Kindle本96円均一セール開催中

アマゾンのBlack Fridayセールにおいて電子書籍のKindle本が96円均一になっていました。 Black Fridayとは11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことで、アメリカの小売店などでは …

アマゾンkindle「実用書サマーセール」

アマゾンkindle「実用書サマーセール」開催中!マンガでわかるシリーズなど【99円】

アマゾンkindleでは西東社による実用書サマーセールが行われています。8/31まで対象書籍約500冊がすべて99円と大変お安くなっています。 【99円】実用書サマーセール | 西東社   …

アマゾン・キンドルバーゲン2021夏

アマゾンKindle本【50%OFF】夏のビッグセール開催中!

Amazon電子書籍、Kindle本が50%OFFとなる夏のビッグセールを開催中です。期間は2021年8月5日までで、小説、ビジネス本、漫画やライトノベルなど8ジャンルの3万冊以上が対象となっています …

キンドルキャンペーン

アマゾンKindle「年末年始セール」英語学習関連本など最大50%OFFやっています

ポイント還元が実施される大型セールなので、日頃気になっていた書籍がセレクトされていないかチェックしてみましょう。 キャンペーンでは小説・文芸からビジネス書、IT書、実用書、ライトノベルやマンガまで2万 …

no image

子供と英語本で大爆笑

最近よく、本屋さんで目にする「その英語はこんな風に聞こえます」というような本が流行っていますね。
以前、こちらでもいくつかご紹介しました。→日本人のへんな英語本が流行ってます!
日本人が間違えやすい表現や英語が書かれていて、ネイティブが聞くとこう聞こえますよ、という内容の本です。取り寄せて読んでみたのですがなかなか面白い本です。
小学2年になった子供がいつのまにか手に取り、大爆笑しながら読んでいました。
「英語でも日本語でも、1つ間違えると相手にこんなふうに聞こえちゃうんだね!」
なんて話しながら、ちょっと視点を変えた英語のお勉強でした。