子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語に役立つ本

英語学習中の親子に笑えてオススメな英会話本「その英語ネイティブにはこう聞こえます」

投稿日:

日本人の思い込みで英語を使うととんでもない意味になってしまうこともある、そんな事例をピックアップした英会話本「その英語ネイティブにはこう聞こえます」を読みました。

日常会話&ビジネス編とか海外旅行編とか4冊ほど出ているのですが今回読んだのは「4.ビジネス会話成功編」、kindleのUnlimited で読めます。

このシリーズは子供と見ていてとても楽しめるので好きなのですが、 ただ笑って見ているだけではなく日本人が陥りがちな間違った文法や語句の並び順などを確認できて英語の勉強にも役立ちます。

今回のはビジネス編なので、まあ中にはこういう場面は滅多に出くわさないだろうという表現もあれば、これはよく使うからチェックしておきたい、といったものまで日本人が間違って口にしそうなフレーズと、ネイティブにはどう聞こえているのかを解説している英語本です。

例えば、
ニューヨークに来て2年経ちます。

× I live in New York for two years.

ついうっかり単純な現在形で言ってしまうと、習慣のニュアンスが出てきて、 「ニューヨークで2年間暮らす習慣があります。」のような不自然なフレーズになってしまいます。

2年前からずっと暮らしてて今も暮らしていたのですから現在完了で 、have +動詞の過去形がマル。

〇 I’ve lieved in New York for two years.

 

つぎに、 これもついうっかり言っちゃいそうなやつです。現在進行形の~ingを使うとややこしくなります。

abcラジオで働いています。

×I’m walking for ABC radio.

現在進行形で言ってしまうと、 「今のところは abcラジオで働いています。」と、一時的にそうしているような口ぶりで聞こえてしまうそうです。

言われた方は(何か事情でもあるのかなー)と思ってしまいますよね。

正しくは

〇I walk for ABC radio.

 

もう一つing
「興味深いですね」 のつもりで、

×I’m very interesting.

こう言ってしまうと、相手には「私は面白い人です。」と、聞こえてしまい何言ってるんだろ?と思われてしまいます。

この場合は受動態にして、

〇I’m very interested.

いろいろ間違いやすいフレーズを見ていると、ポツポツと以前に言ったことあるかも~と思うものがあります。まぁ、英語のわからない日本人が言ってるんだから、こういうことだろうとくみ取ってくれてるとは思いますが、ビジネスシーンになってくると注意が必要ですね。

基本的な文法を押さえていると間違わないで言えるものも多いので、ちょうど中学・高校英語を学習中の息子と笑いながら勉強してみるのにおすすめな本でした。







-英語に役立つ本

  オススメ

関連記事

対象作品が40%OFF以上となる大型セール「Kindle秋の読書フェア」

マンガで学習できる英語本「Kindle秋の読書フェア」で40%OFFセール中!

アマゾン電子辞書kindleで40%OFFセール「Kindle秋の読書フェア」が開催されています。 対象作品が40%OFF以上となる大型セール「Kindle秋の読書フェア」 キャンペーン期間は2019 …

アマゾンkindle【50%OFF以上】新書フェア開催中

アマゾンkindle【50%OFF以上】新書フェア開催中

アマゾンの電子書籍kindleで人気の新書が300円前後で気軽に読める【50%OFF以上】新書フェアが開催されています。1000冊以上が対象となっており幅広いジャンルの新書がエントリーされています。キ …

no image

子供の英語力を育てたいお母さんのための本

英語教育を始める時期は4歳から5歳くらいが理想的で、毎日15分程度、耳から入ってくる英語を中心に学ぶための親子の取り組みについて書かれた英語教育の本です。子供の集中力はあまり長くありません、楽しくないと感じるとすぐそっぽを向いてしまいます。しかし、一旦子供の心をつかむとその集中力はすごいです。

no image

英語の話せる子の育て方

0歳から12歳くらいまでのお子さんをお持ちで、英語子育てを始めてみようと思っている方、また取り組み方を学んでみようと考えている方におすすめします。

ranking-2017-1

TOEIC対策・英会話・英和辞典など英語学習本のAmazonランキング大賞【2017上半期】

Amazonランキング大賞2017上半期が本、Kindle本、ミュージック、DVD、家電など各ジャンル別に発表されていました。 本のジャンルからTOEIC対策、英会話、英和辞典など、英語学習本のAma …