子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

投稿日:2013年2月4日 更新日:

TOKYO MXの子供向け番組 「みんなで!ニコリッチ」
お姉さんが子ども達と英語学習をするコーナーがあります。

そこで使われているのは以前、こちらでご紹介したことのある
ディズニーのおしゃべりイングリッシュでした。

ディズニー「 ミッキーマウス&フレンズ おしゃべりイングリッシュ」

 

お姉さんが肩に手を当てて、ここは?って聞くと

みんなで「ショルダー」

さすが、ここに応募してくるだけあってみんな発音がいいです。

 

それから、絵本に描かれている肩の部分にペンを当てると

ペンスピーカーからネイティブ音声で「shoulder」

って聞こえてきます。

 

シンプルな教材なのですが正しい発音を耳に入れられるので
ご家庭で英語学習始められるお子さんにはちょうどよい教材です。

 

ディズニー好きにさせてから、っていうのが秘訣でしょうね。

 

みんなで!ニコリッチのHPを見ると3~6歳のお子さんの一般応募をしているようです。

最近の子ども達は、英語教材が身近になっているので発音がいいです。

 

幼いうちから自然にネイティブ発音を身につけていますね。

その発音のまま大人になっていって欲しいものです。

 

 

私が英語を学校で習い始めたのは中学校になってからでした。

それまでに英語にふれる機会は少なくなかったのですが・・

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。

先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。

ひとりで読むときなんて、戸惑っちゃうんですよね。
思春期の頃っていうのは、みんなと違うことを嫌うものです。

なので、英語は好きなのに、英語の授業はどうも好きになれない、
と変な事になってしまうのです。

最近の学校はどうなんでしょうか?

各学校にはネイティブ先生も配属されて、

少しは発音も良くなっているのでしょうね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

0歳から英語を楽しむ3つのコツ

いま、日本社会では英語が第2言語として定着しつつあります。 日常ではまだまだそんなことないように感じますが、企業社会では グローバル化が進み、会議、プレゼン、電話など英語が普通に話せる人と そうでない …

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

no image

子どものネイティブ耳を育てる方法

子どもは自然に日本語を身につけます。家族の会話やテレビなど1日じゅう
日本語のシャワーを浴び続けているうちにいつの間にか習得していきますね。

幼児英語の聞き流し

幼児のうちから英語の聞き流しは効果を実感します

幼いうちから英語を習い続けていると子供には「なんで?」がないんです。 幼児期は言葉を聞いて処理する能力が一生のうちで最も活動的な時だからです。 そこには中高で習うような文法やルールの解説は必要ありませ …