子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

子供英語教材

英語を発音良く読み上げmp3でダウンロード可能な無料サービス

投稿日:2014年8月5日 更新日:

英語の短文をネイティブっぽい発音で読み上げてくれるwebサービスをご紹介します。

以前にもAT&Tの読み上げサービスとgoogle翻訳を使って子供の課題のサポートに使ったことがあるのですが、今回ご紹介するのは読み上げた音声をmp3ファイルで保存できるようになっています。

(追記)AT&Tの読み上げサービスは使えなくなってしまいましたが、Sound of Textの方はまだ大丈夫のようです。

 

 

子供の英会話教室で出される課題に毎回簡単な受け答えのインタビューがあるんです。

全部で35項目ほどあり、毎回2,3の質問が出されます。質問の一覧をテキストで渡されてはいましたが、見て読むだけではやはりなかなか覚えられません。

テキストを音声へ変換させて聞き流して覚えるのが効果的です。

What did you do today?

→Today, I went to Museum.

 

What do you do every day?

→I read a book every day.


機械翻訳にしては抑揚もありネイティブに近いと思います。

テキストを音声変換させたのはこちらのサイトです。

Sound of Text

http://soundoftext.com/

Sound of Textで英語を読み上げ

 

入力できるのは100単語までのシンプルな英文となっています。

google翻訳された音声をMP3でダウンロードすることができます。

 

 

Sound of Text設定

 

タブをenglishに合わせますが、他の国にしてみると各国訛りがなかなか面白いです。Japaneseは特に笑います。

 

読み上げた音声をmp3でダウンロード

 

Sound of Textがエラーになる場合

playで再生、saveをクリックするとダウンロードできるのですが、たまにエラーになることがあります。

その場合私はブラウザをFireFoxに変更し、右クリック、名前をつけてリンク先を保存でダウンロードさせています。

 

Sound of Textエラーの場合

 

ダウンロードするとファイルにはそれぞれの英文が名前に付けられています。

 

Sound of Textのmp3ファイル

音声ファイルをmp3にすることで扱いが非常に楽になります。

うちではDropboxにいれて、リビングにおいてあるiPadで再生させています。

移動の際、iphoneで聴くこともできますしフラッシュカードアプリに貼り付けてフラッシュさせても良さそうです。







-子供英語教材

  オススメ

関連記事

アルクの人気講座イングリッシュキングがセール

アルクの人気講座イングリッシュキングがセールで61%OFF

アルクの英語通信講座でbest3に入る人気講座「イングリッシュ キング」や、脳科学者の茂木さん推薦の「朝英語Biz」などが冬のクリアランスセールで大幅な値引き中です。 そのほか、中国語各コースや韓国語 …

XD-G4800とXD-Y4800

XD-G4800とXD-Y4800【カシオEX-word電子辞書】高校生モデル比較

カシオ EX-word高校生モデルの最新版XD-G4800と2016年モデルのXD-Y4800を比較してみました。 XD-Gと付けられた型番が2017年モデルになりますが、学生モデルで新型になったのは …

スタディサプリ小学・中学講座体験

スタディサプリ小学・中学講座の無料体験に申し込みました

スタディサプリがお得なキャンペーンコードを配っていたので、この機会に登録してみることにしました。 息子は現在小学6年生。毎週塾で行われるテスト前の単元を復習するのにスタディサプリの授業はちょうどよい内 …

音声変化

英会話教材「プライムイングリッシュ」はこんな方におすすめ

英会話教材のプライムイングリッシュが届いて3日目。 CDやテキストブックとともに入っていたガイドブックに一通り目を通し、1枚目のCDから始めています。 教材の大まかな内容と学習の流れについては先日レビ …

言えちゃいマスター英単語1000

七田の英単語フラッシュカードDVD言えちゃいマスター英単語1000

七田式のフラッシュカードDVDは子供が七田に通い始めた3歳頃からずっと使っていました。 イラストがパッと表示され、それに合わせて英語が耳に飛び込んでくる映像です。 普段はCDで聞きならしておいて、確認 …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ