子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

子供向け英語アプリ

小中学生にも使える英会話学習に便利なアプリ「ペラペラ英会話|フレーズで丸暗記する無料の英語クイズ」

投稿日:

英会話によく出てくるフレーズをクイズ感覚でサクッと学べるアプリ「ペラペラ英会話|フレーズで丸暗記する無料の英語クイズ」のご紹介です。

中学1になる子供に英会話のお決まりフレーズを学習できる無料のアプリを探していて見つけました。丸暗記とまでは期待していませんが、一般的に使われていたり耳にするフレーズをあらかじめインプットさせるには使い勝手が良さそうです。

出題される日本語のフレーズを見て、下に表示される3択の英文の中から正解を見つけていくだけのシンプルな操作感で、余計な広告も出ないのが子供向けにもおすすめです。

解答は3択で出題されますが、パッと見れば大体分かるくらいのものだったので難しすぎてすぐに投げ出すなんてことはないでしょう。

ペラペラ英会話

アプリをインストールして最初フレーズの音声機能は使えません。☆5のレビューに協力すれば発音機能のプレゼントがもらえます。

最初の問題をクリアしたあと、それに同意するとフレーズの発音が聞けるようになります。

やはりここは文字からの情報だけでなく耳から聞くことにより少しでも聞き慣れておく方が記憶にも残りやすいと思ったので同意。

3択問題と発音

バックグラウンドで流れている BGM は設定でオフにすることができました。

クイックスタートでは全問題からランダムで10問が出題されます。またシリーズボタンで問題数の変更やシーン別の出題、チェックボタンからの出題やランダム設定なども可能になっていました。
 

英会話シーン別のコンテンツ

シーン別のコンテンツは以下の通り。

1.挨拶 / 2.自己紹介 / 3.健康・体調 / 4.性格 / 5.確認・相づち / 6.電話 / 7.買い物 / 8.食事・料理 / 9.映画・旅行 / 10.意見・冗談 / 11.恋愛 / 12.勉強 / 13.イベント / 14.時間 / 15.仕事 / 16.感情表現 / 17.連絡・通信 / 18.一言 / 19.会話の進行 / 20.ネイティブ / 21.ドラマ:フレンズ / 22.掃除 / 23.住まい / 24.ファッション / 25.家計・節約 / 26.美容・健康 / 27.文頭 / 28.起床・就寝 / 29.交通 / 30.気候

 

この「ペラペラ英会話」はiPhone/iPadのiOSの他にもandroid用のアプリも無料で公開されています。

英会話本の内容に匹敵するフレーズをスマホで持ち歩き、スキマ時間にサクッと学習して英会話力を付けたい方にはおすすめなアプリとなりそうです。

ペラペラ英会話|フレーズで丸暗記する英語学習クイズ

ペラペラ英会話|フレーズで丸暗記する英語学習クイズ
開発元:HANAUTA INC.
無料
posted withアプリーチ







-子供向け英語アプリ

  オススメ

関連記事

ABC Gurus

赤ちゃんにもおすすめな想像力をかきたてる英語遊びアプリ「ABC Gurus」

アメリカの未就学の子供たち向けの、ABCを楽しくデコれる面白いアプリです。 これからABCを習い始める日本の子供たちにもきっと楽しめるアプリです。英語は楽しい!ってスタートを切るのにぴったりです。

アルク究極の英語リスニング Vol.1

子供と一緒にアルクのリスニングアプリを使って英語力を鍛える

将来、子供と一緒に海外を旅して周ったり、子供が大人になったら国際社会で自由に居場所を見つけられるようになってもらいたい・・と思っているものですから、子供の英語力、特にリスニング力は小学生のうちから鍛え …

小学生向け英単語アプリ『えいたんだっしゅ』熱中するほど覚えられるかもw

英単語のスペルと発音をゲーム感覚で覚えていけるアプリ『えいたんだっしゅ』のご紹介です。 ゲームを通じて小学校レベルに出てくる2800個の英単語と発音を楽しく学べます。発音のアクセントを意識できるように …

mikan でる単600

英単語アプリ「mikan でる単600」がセール中

英単語アプリmikanといえば、「教育カテゴリ無料ランキング」で1位にもなった英単語学習アプリですが、TOEICで600点をめざす初級者向けに「mikan でる単600」というTOEIC(R)TEST …

子供英語クイズ初級編

【子供英語クイズ初級編】親子で楽しめるiPhone/iPadアプリ

4択で答える簡単な英語のクイズです。普段から英単語に触れているお子さんであれば楽しめる内容ですが、 1問間違えると終了となってしまいます。どこまで正解を続けられるか チャレンジを繰り返してみるのも楽しそうです。