子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

熊本では小学低学年の英語学習が進んでいるようです

投稿日:2012年12月31日 更新日:

熊本県内ではすでに小学低学年への英語学習が一部始まっているところがあるようですが、

今回、熊本県玉名市教委では、小学1・2年生へ、毎日、授業前や空き時間に英語教育を行う

考えがあることを伝えています。

熊本県玉名市教委は、小学校低学年の児童に対し、毎日の授業前や空き時間に英語教育を行うことを市議会一般質問で明らかにした。

2015年度からの予定。県内では、すでに宇城市、熊本市北区植木町などが低学年への英語教育を導入しているが、毎日行うのは異例だという。

森義臣教育長が「国際社会を生き抜く力を持つ子どもを育てたい」として、明らかにした。来年度中にカリキュラムを策定し、14年度は研究指定校で試行。15年度から市内全校で取り組む。

また、森教育長は16年度からは市の歴史や文化などを教える「玉名学」の授業を全小学校で行う方針も示した。

(2012年12月30日  読売新聞)

国の現在の方針では小学校5・6年生を対象とした英語教育を始めています。

今後学年を引き下げて行くようですが、自治体が先行して行なっていく方向のようですね。

中高と6年英語を学んでも喋れない原因は幼年期に英語に触れていないから、そこから何とかしようという方針なのでしょう。

でも、子供にとっては負担にならないようにしてもらいたいです。

英語の時間は楽しい遊びの時間のようになればよいですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

子供をネイティブに育てるために

壇上に立って発表する機会があれば、幼いうちからやっておくのは良いことだと感じます。

自己紹介を英語で言えるようになる「キクタン」の小学生版

アルクからでている「キクタン」シリーズに小学生版が登場しています。 小学校英語の副教材「英語ノート」の中から、自分のことを英語で話せるようになるというコンセプトで英単語をセレクトしてあります。 自分の …

no image

日本を目指す外国人

子供とテレビを見ていたらパリに住む日本好きのフランス人が出ていました。 何人か日本語がペラペラのフランス人が出ていたのですが、そのうち1人が特に印象的でした。

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

エイエイGO!

エイエイGO! wh語の仲間 「howプラス」の疑問文

エイエイGO!今月のテーマは、wh語の疑問文が取り上げられています。 今週、第19回は「“howプラス”を使いこなせ!」でした。 「調子はどう?」みたいに状態をたずねる表現ですね。 新人隊員のとしきさ …