子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

熊本では小学低学年の英語学習が進んでいるようです

投稿日:2012年12月31日 更新日:

熊本県内ではすでに小学低学年への英語学習が一部始まっているところがあるようですが、

今回、熊本県玉名市教委では、小学1・2年生へ、毎日、授業前や空き時間に英語教育を行う

考えがあることを伝えています。

熊本県玉名市教委は、小学校低学年の児童に対し、毎日の授業前や空き時間に英語教育を行うことを市議会一般質問で明らかにした。

2015年度からの予定。県内では、すでに宇城市、熊本市北区植木町などが低学年への英語教育を導入しているが、毎日行うのは異例だという。

森義臣教育長が「国際社会を生き抜く力を持つ子どもを育てたい」として、明らかにした。来年度中にカリキュラムを策定し、14年度は研究指定校で試行。15年度から市内全校で取り組む。

また、森教育長は16年度からは市の歴史や文化などを教える「玉名学」の授業を全小学校で行う方針も示した。

(2012年12月30日  読売新聞)

国の現在の方針では小学校5・6年生を対象とした英語教育を始めています。

今後学年を引き下げて行くようですが、自治体が先行して行なっていく方向のようですね。

中高と6年英語を学んでも喋れない原因は幼年期に英語に触れていないから、そこから何とかしようという方針なのでしょう。

でも、子供にとっては負担にならないようにしてもらいたいです。

英語の時間は楽しい遊びの時間のようになればよいですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

小学生の英検勉強法

小学生の英検勉強法

小学校低学年のうちは、まず楽しみながら英語に触れるのが良いです。英語の絵本を一緒に眺めながら読んで聞かせてあげたり、海外の子供向けの動画を一緒に見てみるのも子供にとっては楽しいものです。単語をその都度 …

no image

親子で実践する英語教育のヒント

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。
東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」
の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで
家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。

no image

子供の発表会の前は親も大変!英語でスピーチに挑戦

発表会では、自己紹介や好きなことなど英語で作文したものを発表します。自分のことについて話すのですけど、要は丸暗記です。

小学校の英語教科

小学校の英語教科2020年度より週2時間・休み時間まで?

  小学校の英語の授業が2020年度から正式な教科となり週に2時間となるそうですが、各学校では時間割にも余裕がなく、休憩時間の15分を使って短時間学習を行うという案も出ているようです。 &n …