子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

NHKラジオ英語の落語で笑い始めた小学5年の息子

投稿日:

ラジオ英語

NHKのラジオ英語の番組はリスナーが英語のレベルや目的に合わせられるよういろいろな番組が放送されています。オンタイム以外にもアプリやストリーミング、ダウンロードで好きなときに聴けるのも便利です。

現在、数えてみると英語だけで12番組ありました。最近、『ボキャブライダー』が新しく加わっていますね。テレビと連動していて英語のワンポイントレッスンを楽しめます。

NHKのラジオ英語は、中学レベルの内容を一からじっくり学べる『基礎英語1・2・3』や日常生活に役立つ『ラジオ英会話』、パッと話せる英語の瞬発力を身につける『英会話タイムトライアル』など、英語初心者や小学生などの英会話学習にぴったりな内容のものが多いです。

ストリーミングアプリについてはこちらの過去記事→NHKラジオの英語講座をいつでもお手軽リスニングできるアプリ

親子で気楽に聞き流せるラジオ講座

NHKラジオ英語のタイプは大きく分けると、レッスン風のものとドラマや物語などを聴けるものがあります。中でもリスニング、かけ流しにちょうどいいのが後者。

ドラマや物語に加えて落語などをシンプルにリライトした英文で聴かせてくれるエンジョイシンプルイングリッシュは子供と聴くのにちょうど良いでラジオ講座です。

英語の勉強の流れでラジオを聞くという感じではなくて、ラジオで面白い話が英語で流れてて・・といった感じ、まぁ、どちらも同じようなものですが気楽さが違いますよね。

寄席

勉強だとどうしても聞き漏らさないようにとか、いちいち翻訳してみたり、日本語の解説に頼ってしまったり。頭を英語学習として使ってしまいがちなのですが、面白い話をしてるんだな~となると、また別の脳が活性化されてくるものです。

エンジョイシンプルイングリッシュで子供が特に最近ハマっているのが落語。対話を中心にストーリーが展開してオチまで楽しめますから毎週聞きたくなります。できるだけリライトされていて中1レベルくらいで十分理解できる内容というのも英会話ビギナー向けコンテンツとして質が良いです。

 

最近その英語落語を聴いていると子供がケラケラ笑うようになりました。しかも何度も何度も繰り返し聴いて暗記までしています。誰かを笑わせる気なのでしょうか?

そろそろテキストを買ってあげたほうが良いかな・・と思ってしまいます。

 

分からない英語や聞き取れなくてもストーリーはどんどん進行していきます。聞き取れなくても適当に補完して何となく全体のお話がわかってオチを楽しめればそれだけでもかなり英語力は付きそうです。

英語にはリスニングのスピード感が大切だと、先日受講した元Google日本代表の村上憲郎氏もおっしゃっていました。少々わからなくても止めないことと日本語順風に訳したりしないってことですね。

過去記事→オンライン学習【Udemy】で元Google日本代表 村上憲郎の英語勉強法が無料公開されています

わからない単語は前後の雰囲気でだいたいの感じに理解しておいて、そういうのが溜まってからあとでボキャブれば忘れにくくなるそうです。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

小学校の英語授業、就学前から学んでいる子供にとってはちょっと複雑

公立の小学校ではすでに5,6年生から英語の授業を年間35時間行っているようですが、まもなく学年を繰り下げて小学3年生から英語の授業がスタートすることになりました。 そんな流れを受けて、巷ではすでに小学 …

no image

学校の英語、挨拶から間違ってない?

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も“How are you?”“I’m fine thank you.” ですよね。実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

no image

キッザニア東京で英語スピーチコンテストの出場者募集しています

子供向けの職業体験型アミューズのキッザニア東京。
息子も、あるときは消防士になったり、
またある時は科学者になったり新聞記者になったりと、
行く度に職業を見つけながらキッゾが貯まるのを楽しんでいます。
そのキッザニアで「こども英語スピーチコンテスト」が行われるそうです。
うちの子供ではちょっと敷居が高いかもしれませんが、
子ども達のスピーチやパフォーマンスを観るのも刺激になって良いかもしれません。
対象は3歳から中学3年生まです。

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。