子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子供は同じ絵本をなんども読むのが好き

投稿日:2012年11月30日 更新日:

「コレ、読んで~」

「また、これ? 」

今日はどれ読もうか、とたずねると毎回同じ本を持ってきます。

子供、特に幼児の頃はなんども同じ本を読むのが好きです。

 

この繰り返し読むことを精読というそうですが、
子供の脳は無意識に暗記することで安心感を得るのでしょうか。

知らない状態から、なんどもなんども聞くことで知ってる状態に持って行きたいのでしょうね。

 

ちょうど、3~6歳位が言葉を一番吸収しようとする時期ですから、

この時期に合わせて日本語、英語を問わず吸収する環境を作っていくと良いようですよ。

 

なんどもなんども、読んで!という時は、子供がことばを育てているサイン。

面倒くさがらず読んであげて下さいね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

幼児英語

幼児英語を始めよう

小学校英語必修化 公立小学校でも英語の授業が必修化となりました。 グローバル化と言われ続けてもう長いですが、この流れは次の世代においても 同様にますます加速していくことでしょう。 小学生の頃から英語に …

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

no image

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。
先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。