子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英語で動物の子供の名前

投稿日:

英語で動物の子供のことを呼ぶ時、
呼び名があることをご存じですか?

日本語でも例えば、
「子猫ちゃん」とか「わんちゃん」
とかって呼びますよね。

英語にもそれぞれの動物の赤ちゃんには呼び名があります。

英語で動物の赤ちゃんの呼び名

動物の赤ちゃん

猫 /a cat・・子猫 /a kitten

犬 /a dog・・子犬 /a puppy

ヒツジ /a sheep・・子ヒツジ /a lamb

アヒル /a duck・アヒルの子 /a duckling

ブタ /a pig・・子ブタ / a piglet

牛 /a cow・・子牛 / a calf

うさぎ /a rabbit・・子うさぎ /  a bunny

シカ /a deer・・子ジカ / a fawn

カンガルー/a Kangaroo・・ カンガルーの子/ a joey

馬 / a horse・・ 子馬 / a foal

魚 / a fish・・小魚 /  a fry

 

calfは牛以外にもカバ・サイ・クジラ・シカ・ゾウ・アザラシなどの子供の呼び名にもなっています。

調べると蜂とかアリにまで子供の呼び名があります。他にももっとあるようですが絵本などによく出てくるのはこれくらいでしょうか。

子供が習っている英語の教科書English time3の最初のページの学習項目でこの動物の子供の呼名が出てきました。ネイティブの子供たちは上の動物の赤ちゃんの名前くらいは目を通しているようです。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

no image

子供をネイティブに育てるために

壇上に立って発表する機会があれば、幼いうちからやっておくのは良いことだと感じます。

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年になる息子の英会話スクールで使っている教科書がEnglish Time3。 これはネイティブ英語圏を始め、世界中で英会話を学習する子供たちに広く使われているOXFORD出版局の教科書です。子供 …

come and go

英会話「いま行くよ!」は「今くるよ!」I’m coming soonでOK

「いま行くよ!」と「今くるよ!」は漫才師のお話ではなくてcomeとgoの使い分けについてです。最近の子どもたちは今いくよ・くるよさんのこときっと知らないでしょうね。 子供の通う英会話スクールで、今日は …

広島カープに「S」が付かない理由

広島カープに「S」が付かない理由を「新・情報7daysニュースキャスター」でたけしさんが解説していました

プロ野球セ・リーグでは広島カープの優勝が決まりましたが、残るパ・リーグの優勝はおそらくソフトバンクかファイターズ、どちらか気になるところです。 そんなプロ野球から英語に関する話題、昨日の「新・情報7d …