子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英語で動物の子供の名前

投稿日:

英語で動物の子供のことを呼ぶ時、
呼び名があることをご存じですか?

日本語でも例えば、
「子猫ちゃん」とか「わんちゃん」
とかって呼びますよね。

英語にもそれぞれの動物の赤ちゃんには呼び名があります。

英語で動物の赤ちゃんの呼び名

動物の赤ちゃん

猫 /a cat・・子猫 /a kitten

犬 /a dog・・子犬 /a puppy

ヒツジ /a sheep・・子ヒツジ /a lamb

アヒル /a duck・アヒルの子 /a duckling

ブタ /a pig・・子ブタ / a piglet

牛 /a cow・・子牛 / a calf

うさぎ /a rabbit・・子うさぎ /  a bunny

シカ /a deer・・子ジカ / a fawn

カンガルー/a Kangaroo・・ カンガルーの子/ a joey

馬 / a horse・・ 子馬 / a foal

魚 / a fish・・小魚 /  a fry

 

calfは牛以外にもカバ・サイ・クジラ・シカ・ゾウ・アザラシなどの子供の呼び名にもなっています。

調べると蜂とかアリにまで子供の呼び名があります。他にももっとあるようですが絵本などによく出てくるのはこれくらいでしょうか。

子供が習っている英語の教科書English time3の最初のページの学習項目でこの動物の子供の呼名が出てきました。ネイティブの子供たちは上の動物の赤ちゃんの名前くらいは目を通しているようです。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

エイエイGO

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。 ちょうど、子供といつも観ているE …

英語教育

子供の英語教育についてのニュースから

現在小学校に通われているお子さんが高校、大学に行く頃になったら英語教育がどんな風になっているかを予想させるニュースです。 英語力アジアトップへと提言 文部科学省の有識者会議によると、 「今後日本はアジ …

英会話聞き返し

英会話で聞き取れない英語があった時「Once more please.」ではダメ?

英語を使い慣れてくるとネイティブとの会話も楽しくなりますね。 英会話を楽しめるようになると、フレーズのイントネーションや抑揚、リズムなどが今まで以上に加速して身に付けられるようになります。 今まで覚え …

子供向け英語の暗唱用

小学生向け英語の暗唱におすすめな1冊

小学3年生になる子供とずっと行なってきた英語の取り組みの中で、一番効果が高いと感じたのは暗唱です。 発音だけでなく、英文の流れやリズムが身につくからです。 その他、集中力も高まります。   …