子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英検

小学生のための英検3級ドリル4選

投稿日:

英検4級の受験を終えて3級に向けての準備です。

以前使っていたドリルでも良さそうですが、他にどんなものがあるのかチェックして見ることにしました。

4級で使っていた2冊

英検4級の時は、「小学生のためのよくわかる英検4級合格ドリル」でした。

文字も大きめで小学生でも理解しやすい内容です。

ざっくりと出題範囲を押さえるにはちょうど良いドリルだったと思います。

 

その後、少し期間が開いてしまったため「7日間完成4級英検予想問題ドリル」を購入。

こちらはすこし文字が小さめで1ページ内の文字量が多く上のモノに比べて少し見づらい印象でした。

ただ、問題形式やマークシートなどは実際の試験問題と同じ様式なので試験日に戸惑うことは少なかったかもしれません。実際、ほぼ同じ問題がいくつか出題されていたようです。

 

3級範囲は4級に比べて難しい内容が多くなってくるので、小学生には解説ができるだけわかりやすいものがいいかなと思います。

解説重視と予想問題や過去問重視と分けて購入した方がよいかもしれません。

小学生のためのよくわかる英検3級合格ドリル

英検主催の旺文社から出ていて、(初めて受けるならこの一冊!)と謳っているだけあり、大事なところを効果的に押さえています。

小学生には難しくなる英文法を一通りできるだけわかりやすく解説している部分が特徴です。

繰り返し問題にあたるドリルというよりは、まず全体的な内容をつかむ目的で使用すると良さそうです。

 

小学生の英検3級合格トレーニングブック

アルク出版から出ている小学生向けの英検3級トレーニング本です。重要表現は4コママンガで解説されています。

英検の試験形式に沿った筆記問題とリスニング問題も用意され、覚えた表現がどのような形で出題されるか付属のCD2枚で学習することができます。巻末には本番と同じ形式、同じ問題数の「予想問題」もつけられています。

クラブアルク会員の方は10%OFFで購入できます。アルク-小学生の英検3級合格トレーニングブック

 

英検3級をひとつひとつわかりやすく。

英検部門 楽天ブックスランキングで1位にもなっている対策本です。

英検3級範囲を超基礎からやさしい言葉と多くのイラストで解説しています。左ページに解説、右ページに予想問題と使いやすいのが特徴です。重要項目を再確認したいときにおすすめかもしれません。

 

英検合格! ENGLISH for FUN! 小学生の3級テキスト&問題集【改訂版】

オールカラーで見やすく漢字にはルビがついているのが特徴です。

毎回1,2文が大きく表示され、始めて英検3級の項目を学習する小学生にはおすすめできそうです。

詳しい文法解説を学んだ後、過去問→予想問題とステップを踏んだ内容になっています。

項目ごとに重要単語や重要熟語がまとめて掲載されており定着できたかどうかの確認もしやすくなっています。

これ一冊で合格を目指すというよりは範囲の要点をつかむのには良いかもしれません。

(繰り返し声に出して覚えよう)のページはとても学習効果が高いと思います。

自分自身で取り組みやすい構成が○です。







-英検
-

  オススメ

関連記事

英検5級の合格ラインと4級に向けての小学生向けテキスト教材

1月26日に実施された英検の合格点が発表されています。 5級の合格点は50点中31点。 4級では65点中40点となっています。 ちなみに、

preposition

乗り物に乗るときの前置詞 “in” “on” ” into”

乗り物に乗ってどこかに行くような時、 英語では使う前置詞によってイメージが変わることがあります。 ここでの「~に乗る」は、takeと違って乗り込む状況「get ~」のお話です。

ホントにわかる 中3英語 現在完了

小学生にもわかる関係代名詞の動画解説

小学4年になる息子と英検4級に出てくる関係代名詞のおさらいです。 関係代名詞のthatやwhich,whoなどは、英語の絵本や童話などを読んでいても度々登場します。 絵本などに書かれている英文を子供と …

quizletで英検3級

小学5年生の英検3級受験に向けた家庭学習

小学5年の息子が次に行われる英検3級テストに挑戦したいと言ってきました。 クラスの隣に座る同級生が英検2級に合格していたことを知り、モチベーションがあがったようです。 こういうのってきっかけが大事です …

旺文社英検予想問題ドリル

英検5級~1級の予想問題ドリルがアプリで登場!

旺文社「7日間完成英検予想問題ドリル」のiPhone/iPad版が登場しました。
このドリルの特徴は一日一セットづつ本番形式の内容を進めていき、7日間で仕上げる形になっています。前半の5日は筆記形式問題、後半2日は筆記とリスニングの本番モードになります。(5級は4日と3日)