子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

投稿日:2013年1月8日 更新日:

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」
を開講するそうです。ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。

http://www.ochazemi.co.jp/kaigai/

中学生から海外の大学を目指すというのは凄いものがあります。ですが秋入学に最適化されたプログラムということで、近々、東大を始め国内の大学も秋入学を検討していることから、ゆくゆくの流れとしては悪くない選択のような気もします。

 

このプログラム入会資格は、中高一貫校の新中一年生で、応募者の中から選抜テストの結果15名の入会が認められるというものです。

この時点で難関そうですね。同年代で習う英語の単語数の5倍は学習するそうです。

 

ジュニアマスターズコースを開設するお茶の水ゼミナールでは、中3からのBeginning Classとして海外大の志望者クラスもあるようです。

どういう子が行くことになるのでしょう?

 

今の日本は内向き志向で留学が激減しているそうです。

私は無謀にも子供をゆくゆくは海外の大学に行かせたいな、と思っているバカ親なのですが、海外留学で一度は日本人としてマイノリティを経験した方が良いと思うんです。そのためには、まずこういう関門を突破させなきゃならないんですね。

海外大学に挑戦するには推薦人が必要だそうですが・・
こういう所に通ってれば難なく見つかりそうです。

 

海外が大きすぎる夢としても、せめてICUには行かせられるくらいの英語力は付けてあげたいです。世界中の留学生とお友達になれそうですからね。

それにしても、こういうニュースを見ると小学生時代の英語力は大切だな~と感じます。

親としてもあんまりのんびりと構えていられないです。

描いているイメージは、小学生時代のうちに英語はある程度修了させておいてやりたいのです。しかも、そんなストレスのかかる勉強をしなくてもいいようにしてあげるのが理想です。

 

まだうちの子供は小学生になったばかりですが、今のうちにできる事は少しでもいいから毎日英語にふれさせるってことでしょうか。

絵本読みもしばらくしてなかったので、そろそろここらで再開です。

楽しそうな英語絵本物色中です。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

no image

大阪の小学校では小1から英語授業導入のようです

いよいよ公立の小学校でも、小学1年生から英語の授業が始まるようですね。

no image

学校の英語、挨拶から間違ってない?

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も“How are you?”“I’m fine thank you.” ですよね。実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年になる息子の英会話スクールで使っている教科書がEnglish Time3。 これはネイティブ英語圏を始め、世界中で英会話を学習する子供たちに広く使われているOXFORD出版局の教科書です。子供 …

英会話教室でイースターを楽しむ

子どもの通っている英会話教室ではEaster(イースター)にちなみ、タマゴをスプーンに乗せて運ぶエッグレースや隠したタマゴを探すエッグハントを行なったそうです。 デコレーションパンケーキをみんなで作っ …