子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語に役立つ本

子供と英語本で大爆笑

投稿日:2013年4月12日 更新日:

子供と英語本で大爆笑

最近よく、本屋さんで目にする「その英語はこんな風に聞こえます」というような本が流行っていますね。

以前、こちらでもいくつかご紹介しました。→日本人のへんな英語本が流行ってます!

 

日本人が間違えやすい表現や英語が書かれていて、ネイティブが聞くとこう聞こえますよ、という内容の本です。取り寄せて読んでみたのですがなかなか面白い本です。

 

小学2年になった子供がいつのまにか手に取り、大爆笑しながら読んでいました。

「英語でも日本語でも、1つ間違えると相手にこんなふうに聞こえちゃうんだね!」

なんて話しながら、ちょっと視点を変えた英語のお勉強でした。

 

What did you say?

「今、なんていいました?」

 

相手が聞き取りにくい言葉を話した時に、つい言ってしまいそうになる英文ですが、

「いま、なんつったぁ?」

と、ちょっとムッとして聞き返しているように聞こえてしまうそうです。

 

顔の表情をにこやかに、一言、I’m sorry,と付け加えて聞くと良さそうですけどね。

軽く聞き返す時は、

pardon?

でも良さそうです。

 

本では、What was it you said? や I’m sorry, what was that? が紹介されていました。

その他、これは日本人よく使いそうです。

I’m sorry. I don’t understand.

「すいません、よくわかりませんでした」

のつもりで言っても(なにをわけのわからないことをいっているの?)と聞き取られてしまうこともあるようです。

 

英語をよく知らない日本人で、それを理解しているネイティブなら少しは汲み取ってもらえるのでしょうが、ネィティブ同士でこう話されると

「お前の言っていることはさっぱり理解できん」

ってなるのでしょう。

 

旅行先などで、「どちらから来ましたか?」と尋ねられて

I came from Japan.

でもこれだと、どこかを経由して日本に立ち寄って来たようないいまわしになるのですね。

ノーマルは I’m from Japan.

来てるんだからcame入れてもいいでしょう~とつい思ってしまう。

普段英語に触れていないと、こういうことはいつまでたっても日本人にはわかりませんね。

日本で暮らしているような外国人はそのへんのところをある程度理解して話してるからうまく会話も進むのでしょうが、この先グローバルな時代になってネイティブ・イングリッシュを話す日本人が増えてくるとカタコト英語を話すようでは相手にされない時代がくるかもしれません。

もう、そういう危機感からこのような本が沢山売れているのかもしれませんね。

 

(文中で紹介した本)
その英語、ネイティブにはこう聞こえます







-英語に役立つ本

  オススメ

関連記事

本物の英語力

英語格差が気になる時代に「本物の英語力」

「本物の英語力」という本が昨日の日経電子版で紹介されていました。全国の書店で予想以上の売れ行きだそうです。 著者はNHKのニュースで英会話で講師を務めている同時通訳の第一人者でもある鳥飼玖美子さん。 …

楽天バーゲンセール英語本

楽天ブックスで子供向け英語本がバーゲンセール中

楽天ブックスで子供向けのえいご絵じてんやCD付きの英語本が半額以下のバーゲンセール中です。英語関連の書籍は30冊程度ですが、全ジャンル6700件以上が対象となっています。 絵本や児童書も多数用意されて …

kindleセール

アマゾンkindleセール「読むだけで効率UP 勉強上手本フェア」や 「光文社 50%ポイント還元」キャンペーン中

アマゾン電子書籍kindleで現在行われている割引セールやポイント還元キャンペーンのお知らせです。 年に一度のAmazonプライムデーのセール月に合わせて行われているkindle本(書籍系)のセールは …

no image

子供の英語力を育てたいお母さんのための本

英語教育を始める時期は4歳から5歳くらいが理想的で、毎日15分程度、耳から入ってくる英語を中心に学ぶための親子の取り組みについて書かれた英語教育の本です。子供の集中力はあまり長くありません、楽しくないと感じるとすぐそっぽを向いてしまいます。しかし、一旦子供の心をつかむとその集中力はすごいです。

no image

親子で楽しめる 絵本で英語をはじめる本

幼児に日本語の絵本と同じように英語の絵本を読み始めようとしている方、 または、小学生で英語が必修科目となり、 子供と英語に取り組まれる方などへお勧めの一冊です。