子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

7+BILINGUALを赤ちゃんのうちから聞かせたらどうなる?

投稿日:2017年5月3日 更新日:

7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)を購入しメール登録すると七田メールマガジンが届きます。そこに幼児期の認知学習能力について興味深い内容が書かれていました。

子供が七田チャイルドアカデミーに通うきっかけにもなった、七田の幼児教育書籍に書いてあるような内容のものですが、幼児期の子供の持つ能力について親の関わり方やその引き出し方など、迷われている方には参考になるものでした。

赤ちゃんの玩具

例えば、 赤ちゃんが持つ大人にはない能力について。 言葉を覚え始めの赤ちゃんはあっという間に次々と言語を習得していきます。

聞こえてくる音をまねて発声するところから始まり、繰り返し聞こえてくる単語の意味を関連づけていく学習と、そこから聞こえてくる前後の言葉や全体感などパターンで印象付けて学ぶ2通りの認知学習能力があるそうです。

見たり聞いたりしたままを記憶してとどめられる右脳が大人に比べて活性化しているんですね。

次々と単語を覚えていく幼児期の1つ目の能力は、親もすぐに気づきやすいと思いますが、後者のパターン学習はすぐに目に見える形では現れません。

ですが、この効果は後々効いてきます。

メルマガによると、

「パターン学習」とは、赤ちゃんの潜在能力が
頭脳の配線の中に全体の印象を丸ごと吸収していく
認知の仕方のことを指します。

これは、赤ちゃんのみが持つ
不思議な感受性によって、潜在意識の中に
物事が記録されて定着していく能力で、

0歳に近ければ近いほど、この能力は高く、
6歳ごろを境に、次第に失われていってしまいます。

 

幼児期から絵本の読み聞かせや英語のリスニング教材を使った聞き流しを続けていましたが、最初の頃は上に書かれているようなことを参考にして意味なんて関係なく音を聞かせていました。

七田教材はこの時期の子供の脳の特性をうまく生かした教材作りをしているので取り組みが楽です。

7+BILINGUALは、小学校高学年くらいまで十分使えますから赤ちゃん期から繰り返し聞かせているとリスニングも発音も良い子に育つでしょう。

「7+バイリンガル」 挿絵(7+バイリンガルのイラスト教材)

子供にはできるだけ素地を作っておいて、ある程度学習できるようになったときに少しでも楽に英語を受け入れられるようにとの思いでしたが、実際に学習を始めてみるとパターン学習効果はかなり効いていたと思っています。

「聞いたことある」という思いからなのか、単語にしても文法にしても覚えが早いです。

幼児期の聞き流しには効果がないという話もちらほら聞きますが、もし本気で英語ができる子にしたいならやらないよりやったほうが良いと思います。

-幼児英語
-

  オススメ

関連記事

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

no image

ステップアップのための子ども英語教室選びのヒントに

前回は、1〜2歳くらいの子ども向けの英語教室についてお話しました。今回は、子どもの英語学習をステップアップさせる教室選び。

no image

幼児英語に必須な最初のステップ

私たちは生まれた直後から、もっと言えばまだ母親のお腹の中にいる時から 周囲で話す言葉を聞いて来ました。

no image

ディズニーベビー英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽おやすみタイム用

幼児のうちから英語の音楽を聴かせるなら、このCDは最適な1枚でしょう。

no image

幼児期の英語への取り組み

我が家では子供が年少の頃、七田のリトルバイリンガルに通わせていました。
幼いうちから英語にふれさせたいと言う思いはあったものの
親として効率的な取り組み方がよく分からなかったからです。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ