子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

YouTubeで英語学習 発音・単語

英語で反対語(対義語)を学習できる子供向け動画のまとめ

投稿日:2014年11月3日 更新日:

英語初心者や子供が英語を勉強する時、対義語(反対語)を見ていくと学習がはかどります。

クイズにもしやすいですし、関連付けで覚えられるので効率的です。

Opposites(反対語)はネイティブの子供たちも早い段階から取り組んでいるようでYouTubeにもたくさん学習動画がUPされていました。

The Opposites Song

歌とイラストで英語の反対語を楽しめる子供向け動画です。イラストもわかりやすく沢山英単語が出てくるので楽しく覚えられそうですね。

単語だけでなくフレーズで紹介されているのが良いです。

 

Opposite – Debbie and Friends

軽快なダンスソングに合わせてOpposite(反対語)が沢山出てきます。

英語を習い始めのお子さんでも楽しめそうなアニメソングです。

 

Learn Opposites! (adjectives)

形容詞の反対語をリズムに合わせネイティブ音声でフラッシュしています。

 

Learn Opposites! (descriptive)

こちらは動詞の反対語バージョンです。イラストが解りやすいので英語を習い始めのお子さんでも理解できそうです。

 

50 Opposite words

50個の反対語をアニメで発音を聞きながら見ていくことができます。

各単語はフレーズで紹介されますのでリスニング教材としても良いと思います。

 

Flashcards for children – Opposites

反対語の英単語フラッシュカードでイラストと一緒に発音を聞いていくことができる動画です。一枚に反対語の英単語が2つ表示されます。

 

OPPOSITES

英語圏の子供が作ったと思われる反対語イラストカードがたくさん登場します。

子供たちの声で反対の英単語を読み上げてくれます。どの絵も良く描けていて解りやすいです。

 

反対語の絵本

書籍でも反対言が学べる絵本やDVDも多く出ています。

こちらは、幼児でも楽しめる「ミキハウスのあそんでまなべるえいごシリーズ」の中から反対言葉の絵本です。親子で英語に触れる最初の絵本としてはお勧めかもしれません。

はんたいことばのほん―OPPOSITES
(ミキハウスのあそんでまなべるえいごシリーズ)

 

おおきいの反対はちいさい。
つめたいの反対はあたたかい。

リズミカルなことばでいろんなゲームをたのしむうちに、
はんたいことばが自然に
えいごとにほんごで身につきます。

 







-YouTubeで英語学習, 発音・単語

  オススメ

関連記事

助動詞 can, may, shallの疑問文

英検4級対策 中2レベルのいろいろな文を一つ一つ解説している動画

小学生の息子と英検4級対策に、「ホントにわかる 中1・2・3英語」シリーズの動画解説を利用して基礎のおさらいです。 テキストの公式動画なのですが、学校で習うような日本語の解説で英語を学ぶことができ小学 …

This is とThese areを身体のパーツでリスニング

This is とThese areの違いを身体のパーツでリスニング

This is とThese areの使い方が簡単に理解できる動画チャンツです。幼児でも歌を聞きながら見ているとなんとなく感覚で理解できそうです。 This isはどんなとき? These areはど …

雨の日の英語ソング

雨の日の英語ソング(Raindrops Falling on My Head)

子供って雨の日に遊ぶのが好きですよね。 雨粒がポトポト落ちてくるのを眺めたり、 水たまりで遊んだり・・ そんな情景を英語の歌で楽しめる子供向けの英語ソングです。   ヘンリーおじさんのやさし …

英語で学ぶお絵かきHow To Draw

英語で学ぶお絵かき『Super Simple Draw』からネコとクマさんとモンスターの描き方

英語の解説を聞きながら、子供向けに可愛らしいイラストの描き方を学べる動画シリーズ『Super Simple Draw』のご紹介です。 説明はすべて英語で聞こえてきますが、順番にイラストが描かれていきま …

Gogo’s Adventures With English

英語圏の子供向け英会話学習アニメGogo’s Adventures with English

子供と英語学習に取り組む際、一番気にしておきたいのは子供の興味を持続しつづけることだと思います。幼いうちは絵本やキャラクター物で何とかなったのですが、だんだん年齢が上がってくると、英語の教材もテキスト …