子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

英語絵本 Dr Seussの「I Wish That I Had Duck Feet」アヒルの足があったらいいのに

投稿日:

英語絵本「I Wish That I Had Duck Feet」の読み聞かせです。

Dr Seussの絵本で語られる文章は軽快な韻を含み聞き心地の良いのが特徴です。

今回の絵本は、文章は全体的に長めですが、簡単な単語の長い説明が多く意味がつかみやすいように思います。これから長文にチャレンジしてみたい英語初級の方にもおすすめな英語絵本でした。

I wish that I had~ (~を持ってたらいいのに、~があったらいいのに)

と言いたいときに便利なフレーズですね。

そしたらどうなるかと言うと、

I think it would be very good to have them when ~
(~するときにそれがあるととっても良いと思うよ)

でも…

My mother would not like them.(お母さんはそれが好きじゃないなー)

こんな感じで少年の楽しい妄想が続きます。

 

 

I wish that I had duck feet.
アヒルの足があったらいいのに。

And I can tell you why.
そして、どうしてか私はあなたに伝えることができます。

You can splash around in duck feet.
あなたはアヒルの足でしぶきを跳ねることができます。

You don’t have to keep them dry.
あなたはそれらを乾燥させておく必要はありません。

 

I wished that I had duck feet.
私はアヒルの足があることを望んだ。

No more shoes!
これ以上の靴はありません!

No shoes for me!
私のための靴は他にありません!

The man down at the shoe store would not have my
size, you see.
靴屋で見下ろした人は私のサイズを持たないでしょう、みててごらんなさい。

 

If I had two duck feet,
私に2本のアヒル足があるならば、

I could laugh at Big Bill Brown.
私は、ビッグ・ビル・ブラウンを笑うことができました。

I would say, “You don’t have duck feet!
私は言います。「あなたは、アヒル足がありません!

These are all there are in town!”
これらは、町にあるすべてです!」

 

I think it would be very good to have them when I play.
私が考えるならば、私が遊ぶとき、それらを持つことは非常によいでしょう。

Only kids with duck feet on can ever play this way.
アヒルの足を持つ子供だけがこのように遊ぶことができます。

 

But…
しかし、

My mother would not like them.
私の母はそれらを好まないでしょう。

She would say. “Get off my floor!”
彼女は言うだろう。 「私の床から降りてください!」

She would say, “You take your duck feet and you take them out that door!
彼女は、「あなたはアヒルの足をもっていきなさい、そしてあなたはそれらをそのドアから出しなさい!」

 

“Don’t ever come in here again with duck feet
on Now, Don’t.”
「アヒルの足でもう二度とここに来ないでください」

So…
それで、

I guess I can’t have duck feet.
私はアヒルの足を持つことはできないと思う。

I would like to. But I won’t.
私はしたいと思います。 しかし、私はしません。

 

So..
だから、

If I can’t have duck feet,
もしアヒルの足を持てないなら、

I’ll have something else instead…
私は何か変わりのモノを持つでしょう。。

Say!
そうだ!

I know what!
なにかわかった!

I wish I had two horns up on my head!
私は私の頭の上に2つの角があったらいいのに!

 

I wish I had two deer horns.
私は2本の鹿の角があったらいいのに。

They would be a lot of fun.
それらはとても楽しいものになるでしょう。

Then I could wear ten hats up there!
そしたら私はそこに10個の帽子を着ることができます!

Big bill can just wear one.
ビックビルはただ一つ着ることができるだけです。

 

I think they would be very good to have when I play ball.
私はボールをするときにそれを持っていることがとても良いと思う。

Then nobody could stop me.
誰も私を止めることはできません。

No, sir! Nobody at all!
いいえ! 誰もまったく!

 

My horns could carry books and stuff like paper, pens and strings and apples for my teacher and a lot of other things!
私の角は私の先生のために本とか紙、ペンや紐やりんごやその他沢山のものを運ぶことができます。

 

But…
しかし…

If I had two big deer horns, I would never get a ride.
もし私が2つの大きい鹿の角を持っていたら、私は乗れません。

I could never ride the school bus.
私はスクールバスに乗ることはできませんでした。

I could never get inside!
私は中に入ることはできませんでした!

 

And so…
そしてそうしたら、

I won’t have deer horns.
私は鹿の角を持たないでしょう。

I’ll have something else instead.
代わりに別のものがあるよ。

I wish I had a whale spout.
私は鯨の噴出があったらいいのに。

 

A wheel spout on my head!
私の頭の上の鯨の潮吹き!

When days get hot it would be good to spout my spout in school.
学校で日中暑くなったら、私の吹き出し口から吐き出すのが良いでしょう。

And then Miss Banks would say, “Thanks! thanks! You keep
our school so cool.”
そうしたら、バンクス氏は、「ありがとう!ありがとう!私たちの学校をとて涼しくしてくれて。」と言うでしょう。

 

I could play all day in summer.
私は夏に一日中遊ぶことができます。

I would never feel the heat.
私は熱を感じることはありません。

I would beat Big Bill at tennis.
私はテニスでビッグビルを破るだろう。

I would play him off his feet.
私は彼を立っていられないほど疲れさせるでしょう。

 

But…
しかし、、

My mother would not like it.
私の母はそれが気に入らないだろう。

I know just what she would say:
私は彼女が言うことをちょうど知っている:

“Not in the house! You shut that off!
「家にいない!あなたはそれをやめなさい!

You take that spout away.”
あなたはその噴出を遠ざけなさい」

 

I know that she would tell me,
彼女が私に言ってくることを知っている。

“I don’t want that spout about!”
「私はその噴出を望んでいない!」

And when Mother does not want to thing,
そして、母親がそんな事を望んでいないとき、

it’s o-u-t. It’s out!
それはダメ!ダメです

 

And so…
そしてそうしたら、

I will not have one.
私はそれを持たないでしょう。

I don’t wish to be a whale.
私は鯨になりたくはありません。

I think it would be better if I had a long, long tail.
私は長い、長い尾があればよいと思う。

 

I wish I had a long, long tail, Some day I will. I hope.
私は長い、長い尾を持っていたらいいのに、いつか私はします。 私は願います。

And then I’ll show the kids in town new ways to jump a rope!
そして、私は町の子供たちにロープをジャンプする新しい方法を示します!

If I had a long, long tail.
もし私が長い、長い尾を持っていたら。

I know what I would like.
私は何が欲しいかを知っている。

I would like to ride down State Street pulling girls behind my bike.
ステート通りを降りて、私の自転車の後ろにいる女の子を引っ張りたい。

 

I wish I had a long, long tail.
私は長い、長い尾を持っていればいいと思う。

And I can tell you why.
そして、なぜ私はあなたに伝えることができます。

I could hit a fly ten feet away and hit him in the eye.
私は10フィート離れたハエに当てることができて、彼の目に当てることができます。

I know Miss Banks would like this.
私はバンクス先生がこれを好きであると知っています。

She would smile and she would say,
彼女は微笑んで、言うだろう、

“No other boy in town can hit a fly so far away.”
「この町の他の少年は遠く離れたハエを捕まえることはできない」

 

But…
しかし、

If I had a long long tail.
もし私が長い長い尾を持っていたら。

I know that Big Bill Brown would tie me in a tree!
私はビッグ・ビル・ブラウンが私を木に結びつけることを知っています!

He would!
彼はそうするでしょう!

Then how would I get down?
それで私はどうやって降りますか?

I don’t think that I would like it with my tail tied in a tree.
私は尾が木に縛られていて欲しいと思っていません。

The more I think about it..No!
もっと私はそれについて考える…いいえ!

No long, long tail for me.
長い、長いテールは私にはいらない。

 

And so..
そしてそれなら、

If I can’t have a tail,
もし私が尾を持つことができない場合、

I’ll have a long, long nose!
私は長く、長い鼻を持つでしょう!

A nose just like an elephant’s, the longest nose that grows.
鼻は、象のように、成長する最も長い鼻です。

I wish I had a long, long nose and I can tell you why.
私は長い、長い鼻を持っていればいいと思います。

I think it would be very good to get at things up high.
私は、高いものを取るのに非常によいと思います。

 

Every kid in town would love it.
町のすべての子供たちはそれを愛するでしょう。

Every kid but Big Bill Brown.
ビックビルブラウン以外のすべての子供。

And every time I saw him I would sneeze and
blow him down.
そして私は彼を見るたびにくしゃみをするでしょう。そして彼を吹き飛ばす。

 

Say!
そうだ!

I could help the firemen!
私は消防士を助けることができる!

My nose would be just right.
私の鼻はちょうどピッタリ。

I could help them put out fires a hundred times a night.
私はそれで1夜に百回の火事を助けられる。

 

Oh, I would do a lot of things that no one ever did.
ああ、私は誰もしなかったことをたくさんするだろう。

And everyone in town would say,
そして、町の誰もがいう、

“just watch that long-nose kid!”
「ちょっとその長い鼻の子供を見て!」

 

 

But.. if I had a long, long nose,
しかし、もし私が長い、長い鼻を持っていたら、

I know what Dad would do.
私は、お父さんがやることを知っています。

My dad would make me wash the car!
私のお父さんは車の洗濯をさせるだろう!

The house and the windows, too!
家と窓も!

 

My dad would make me work all day and wash vthings with that hose!
私の父は私を一日中働かせて、そのホースで汚れを洗うでしょう!

I guess it would not be so good to have a long, long nose.
私はそれで長い、長い鼻を持つことはあまり良いことではないと思う。

 

Now…
今、

Let me think about it.
私はそれについて考えてみましょう。

All these things I want are bad.
私が望むこれらの事はすべて悪いです。

And so I wish…
そして、私は望む…

I wish.. I wish..
私は望む..私は望む..

What Do I wish I had?…
私は何を持っていたいと思いますか?…

 

I know what!
私は何を知っている!

I know just what!
私は何を知っている!

I know just what to do!
私は何をすべきか知っています!

I wish that I had all those things!
私はそれらすべてのものがあったことを望む!

I’d be a Witch-what-who!
私はなんとか魔女になるだろう!

If I could be a Witch-what-who,
もし私がなんとか魔女になったら、

I’d jump high in the air.
私は空高く跳び、

I’d splash and spout and run about.
私はパシャパシャしながら噴出し、走ります。

I’d give the town of scare!
私は町を恐怖にするだろう!

 

But..
しかし..

The people would not like it.
人々はそれを好まないだろう。

They would be so scared, I bet,
彼らはとても怖いだろう、私は賭ける、

they would call the town policemen.
彼らは町の警官に電話をかけます。

They would catch me in a net!
彼らはネットで私を捕まえるだろう!

 

They would put me in the zoo house with my horns and nose and feet.
彼らは私の角と鼻と足を持つ私を動物園の家に入れた。

And hey, just hey, two times a day is all I get to eat.
ちょっと、ちょっとね、1日2回食べるだけです。

 

I think I would be very sad when people came to call.
私は人々がやってきて呼ぶとき非常に悲しいと思います。

So… I don’t think a Witch-What-Who would be much fun at all.
だから…私は魔女がまったく楽しいとは思わない。

And so..
そして

I think there are some things I do not wish to be.
私は望んでいないことがいくつかあると思います。

And that is why I think that I just wish to be like me.
そして、それが私が私のようになりたいと思っている理由です







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「Just Big Enough」

英語絵本「Just Big Enough」急いで大きくなろうなんて考えなくても、自信さえあれば十分大きいよ!

英語絵本「Just Big Enough」の読み聞かせです。 いつものようにスクールバスに乗って学校へと向かうリトルクリッター。でも、今朝はいつも座っている椅子に大きな子供が座っています。&#8221 …

英語絵本「Clifford's First Autumn」

英語絵本「Clifford’s First Autumn」初めての秋を楽しむ子犬のクリフォード

英語で書かれた絵本の読みはじめとして評価の高い子犬のクリフォードシリーズ絵本から「Clifford’s First Autumn」です。 短めの文に区切られているので、英文慣れしていない子 …

フォニックス絵本「The Mouse Plays With The Plane」

フォニックス絵本「The Mouse Plays With The Plane」子音 “pl”発音

フォニックス絵本「The Mouse Plays WithThe Plane」の読み聞かせです。 この絵本、文自体はほぼ繰り返しですが、イラストを眺めてるとだいたい英単語の意味も分かりやすくてイイ感じ …

If You Give a Pig a Pancake

英語絵本の読み聞かせ「If you give a pig a pancake」

英語絵本If You Give…シリーズは英語圏では人気の絵本ですが、今回はこぶたちゃんのお話です。 日本語では「もしもこぶたにホットケーキをあげると」というタイトルの絵本です。 もしもこ …

英語絵本「Snow」

英語絵本「Snow」ひとひらの雪はやがて町の景色を真っ白に変えていきます

英語絵本「Snow」の読み聞かせです。作者のユリシュルヴィッツ氏の絵本は「よあけ」など日本語にも数多く訳されている人気の作家さんです。 このSnowはコールデコット賞をはじめ数々の受賞歴のある作品で、 …