子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

英語絵本「How to Catch a Dragon」ドラゴンの絵を描くために大冒険に出かける少年

投稿日:

英語絵本「How to Catch a Dragon」の読み聞かせです。

学校の宿題で、まだ一度も見たことのないドラゴンの絵を描いてくるという課題に頭を悩ます少年。お母さんと一緒に図書館に行くと不思議な世界に迷い込んでしまいます。

 

It’s just not fair.
公平ではありません。

I’ve been at school all week,and now I have to do homework! How am I meant to draw a dragon if I’ve never even seen one?
私は一週間中学校に通っていました、そして今私は宿題をしなければなりません! 一度も見たことがない場合、どうやってドラゴンを描くつもりですか。

I’m just, looking for clues in the Trolls and Goblins handbook when… “Albie!”
私はちょうど、トロールとゴブリンのハンドブックで手がかりを探しているとき… ” アルビー!”

 

It’s mum,
お母さん、

“We need to pop to the library.” she says.
「私たちは図書館にちょっと急ぐ必要があります。」 彼女が言います。

“Come on.”
「おいで」

“But what about my dragon drawing?” I cry.
「でも、私のドラゴンの絵はどうなる」 私はさけぶ。

“You can bring it with you.” she smiles.
「あなたはそれを持って行くことができます」 彼女は微笑みます。

I want to go on bikes, but Mum’s books are too heavy so we climb into the car.
私は自転車に乗りたいのですが、ママの本は重すぎるので車に乗り込みます。

 

The library is Humongous.
図書館はユーモラスです。

It looks just like a castle! Awesome!
まるでお城のようですね。 驚くばかり!

 

There are a gazillion of books.
無数の本があります。

I see one called The Dragon Spotter’s Guide .
私はドラゴンスポッターガイドと呼ばれるものを見ます。

But someone else grabs it first. Drat!
しかし、他の誰かが最初にそれをつかみます。 ちぇっ!

 

It’s a knight dressed in real armor! whoa!
それは本当の鎧を着た騎士です! おっ!

“Are you going dragon hunting?” I ask.
「あなたはドラゴン狩りをしますか?」 私は尋ねます。

 

“I want to.” says the knight. “But my brothers say I’m too small, so I’m just reading about them instead.”
「したい。」騎士は言います。 「しかし、私の兄弟たちは私が小さすぎると言っているので、代わりにそれらについて読むだけです」

 

“Well, two small Knights are easily as good as one big one.” I say. “let’s go together!”
「ええと、2人の小さい騎士は1人の大きい騎士と同じくらい簡単にいきます。」 私は言う。「一緒に行こう!」

 

We race across the drawbridge,
私たちは跳ね橋を越えて走ります、

through the fields and out towards the Forgotten forest.
フィールドを通り抜け、忘れられた森へと向かっていく。

Yippee!
イッピー!

“I’m Albie,” I shout.
「私はアルビーだ」と叫ぶ。

“I’m Sir Cuthbert Clinkety -Clank.” grins the knight.
「私はカルスバートクリンキティクランクです。 騎士は笑います。

 

Inside the woods it’s dark and creepy.
森の中は暗くて不気味です。

Strange animals rustle in the leaves.
奇妙な動物が葉の中でカサカサします。

Oooh!
うーん!

Suddenly…
突然…

 

Grrrrraaa!
ガルルル

A huge grizzly bear blocks our path.
巨大なハイイログマが私たちの進路を妨げます。

Uh-oh!
ええとああ!

“Help!” I cry.
“助けて!” 私は泣く。

“We’re gonna be eaten alive.”
「私たちは生きたまま食べられます」

 

“Don’t worry,” smile Sir Clinkety -Clank.
「心配しないで」とクリンキティクランク氏は笑う。

“I know exactly what to do.”
「私は正確に何をすべきか知っています」

 

He tiptoes towards the bear and tickles him under the chin!
彼はクマの方へつま先で歩いて、彼のあごの下をくすぐります!

“You just wanted a cuddle, didn’t you?” he says.
「あなたはただ抱きしめたいと思っていましたね。」 彼は言います。

Phew!
ひゅ~!

Soon we reach a grassy hillside.
すぐに草が茂った丘の中腹に着きます。

“Let’s have a sandwich,” says Sir Clinkety -Clank.
「サンドイッチを食べよう」とクリンクティ卿は言う。

Suddenly, the ground starts to shake.
突然、地面が揺れ始めます。

Thud! Thud! Thud!
ぞ! ぞ! ぞ!

“Earthquake!” we yell.
“地震!” 我々は叫んだ。

But it’s not an earthquake…
しかしそれは地震ではありません…

 

It’s our hideous hairy troll she lunges for Sir Clinkety
クリンクティ卿に突進してきたのは恐ろしい毛むくじゃらのトロールです。

“Oh lovely.” she grins. “A tasty treat in tin!”
「わぉ素敵。」 彼女は笑います。 「ちっちゃくておいしそうなごちそう!」

“Oh I wouldn’t eat him if I were you.” I say, bravely.
「ああ、私があなただったら彼を食べたくない」 私は勇敢に言う。

 

“He tastes of boiled cabbage and toenails.”
彼はゆでキャベツと足指の爪の味がします。」

The troll is disappointed.
トロールはがっかりしています。

“Never mind,” I smell. “If you help us find some dragons, you can share our picnic.”
「気にしないで」匂いながら。 「あなたが私たちにいくつかのドラゴンを見つけるのを手伝ったら、ピクニックを共にすることができます。」

 

“A plckernicker?” gasps the troll.
「ぴっくにっく?」トロールはほえました。

“With hegg sanniches and plckledy bunions? yes please”
「ヘッグサンドニッシュとバニオンを使って?はい、おねがいします」

The troll leads us to a terrifying tunnel in the hillside.
トロールは私たちを丘の中腹にある恐ろしいトンネルへと導きます。

“There’s extra special dragons through ‘ere!” she grins.
「余分な特別なドラゴンがいる。」 彼女は笑います。

 

“Follow me.”
「ついてきて」

It looks scary.
それは怖そうだった。

 

Ghostly wails echo from the darkness.
幽霊のように暗闇から反響します。

“W-what’s that noise!” I gulp.
「 その騒音は何だ!」 私は息を飲みます。

Sir Cuthbert grabs a lantern and draws his sword.
カスバート卿はランタンをつかみ、彼の刀を引きます。

“Only one way to find out,” he says.
「見つけるための唯一の方法です」と彼は言います。

 

We tiptoe into the gloom.
私たちは暗闇の中につま先で立っている

The wailing gets louder. Suddenly a dark shape rears up in front of us.
嘆きが大きくなります。 突然、暗い形が私たちの前に現れます。

It’s moaning and waving its tentacles!
それはうなっていて、触手を振っています!

“Heeelp!” I cry.
「たすけて!」と、私は叫びます。

But Sir Cuthbert is not scared at all.
しかし、カスバート卿は、まったくこわがりません。

 

“That’s not our monster,” he laughs.
「それは、我々の怪物でありません」と、彼は笑って言います。

 

“It’s my Big Brother’s!”
「それは私のビッグブラザーズだ!」

The other knights cling to Sir Cuthbert.
他の騎士はサー・カスバートにしがみついています。

We got chased by a horrible bear and saw a hideous troll and we’ve been hiding here for ages!”
私たちは恐ろしいクマに追われて凶悪なトロールを見ました。そして何年もの間ここに隠れてきました。」

 

Proudly, we tell them about our adventure.
誇らしげに、我々は彼らに我々の冒険について話します。

Then the troll leads us through the tunnel and out into the sunshine.
それからトロールは私達をトンネルを通って日光の中へと導きます。

And that’s when we see them.
そしてそれは私達がそれらを見るときです。

 

Dragons!
ドラゴン!

The valley below us is teeming with hundreds of magnificent, beautiful dragons!
私たちの下の谷には何百もの壮大で美しいドラゴンたちがあふれています!

Awesome!
驚くばかり!

 

The big knights draw their swords.
大きな騎士たちは彼らの刀を引きます。

“Stop” growls the troll.
「止めろ」とトロールはうなり声を上げる。

“Then dragons is friendly.”
「それならドラゴンズはフレンドリーだ」

I pull my homework out of my pocket.
宿題をポケットから出します。

“We don’t have to fight them.” I say.
「我々は彼らと戦う必要はない」 私は言う。

“Let’s draw them!”
「描いてみよう」

 

I share out my paper and pencils and we settle down.
私は自分の紙と鉛筆を共有し、私たちは落ち着きます。

The biggest knight sighs happily. “drawing dragons is so much easier than catching them? “he smiles.
一番上の騎士が幸せにため息をついた。 「ドラゴンを描くことはそれらを捕まえることよりずっと簡単ですか?」彼は微笑みます。

At last the Sun Goes Down, and the air begins to chill.
ようやく太陽が沈み、空気は冷え始めます。

So we pack up our things and head for home.
そして私たちは荷物をまとめて家に向かいます。

Back at the library, Mum is busy chatting.
図書館に戻ると、母はおしゃべりに忙しいです。

“Sorry Alby.” she says, “I hope you haven’t been bored”
「ごめん、アルビー。」 彼女は言った、「私はあなたが退屈していないことを願ってます」

I smile at my new friends ”Nobody could ever be bored in a library.” I say.
「図書館で飽きることはできませんでした」と私は新しい友達の前でわらいながら言いました。

 

”Come on then.” grins Mom. “I just need to nip to the car wash and then we can go home.”
「それからさあ。」笑顔のおかあさん。「私はちょうど洗車場に急ぐ必要があります、そして、我々は家に帰ることができます。」

Uh-oh!
あらら!







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「I'll Always Love You」

英語絵本「I’ll Always Love You」ママの愛情を確かめたくなる時

英語絵本「I’ll Always Love You」の読み聞かせです。 母を想う子グマとその愛をやさしく包み込むようにさとすほっこりとしたお話しです。 大好きなお母さんのために朝食を用意し …

Short Stories

無料のオンライン読み上げ付き英語絵本

英語圏の子供向け学習サイトのご紹介です。 全て無料で楽しめるオンラインストーリーブック(電子絵本)のコーナーがあります。 パソコンはもちろんですが、ipadなどでもFlash対応のブラウザアプリ「Pu …

英語絵本「Just a Little Sick」

英語絵本「Just a Little Sick」not too bad..な言い訳

英語絵本、リトルクリッターシリーズから「Just a Little Sick」の読み聞かせです。 この季節、寒暖差が激しくってちょっと気を緩めると具合悪くなっちゃうことありますね。 そんな時は無理をせ …

no image

幼児の間は英語の文字を意識させない

英語の絵本読みをし慣れてくると、ついやってしまうんです。幼児の頃は、どこを読んでいるかはあまり重要じゃないってことです。

英語絵本「There Is A Bird On Your Head」

英語絵本「There Is A Bird On Your Head」頭の上が大変なことに!

英語絵本、ピギーとジェラルドのシリーズから「There Is A Bird On Your Head」の読み聞かせです。この作品は2008年Geisel Medalを受賞している作品です。 ゾウのジェ …