子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

発音・単語

英語絵本や会話にもよく出てくるhaveとgot

投稿日:

英語の文章やちょっとした会話などでも頻繁に登場する英単語にhaveとgotがあります。今回、そのふたつの用例を子供にもわかりやすくまとめた動画を見つけました。

このhaveとgotは日本の検定とかテストだと「持つ」「得る」のような簡単なところから覚えて、クラスが上になるにしたがって別の用法が加わる流れで学習していくことが多いと思います。

日本語の意味をひとつに固定させて覚えてしまうとやっかいな単語ですね。

英語圏の絵本を見ていると、幼児向けの簡単な絵本でさえ、いろいろな場面でhaveやgotのある文がよく出てきて、小さい頃から使い慣れている感があります。

絵本や物語などを読んでいて日本語に直す時、haveなら「持つ」だったり「飼う」や「飲む」「食べる」「座る」などなど、gotでは「受け取る」「買う」「到着する」といった場面でよく使われます。対訳で見ると、その時々で訳され方が変化しているので少々とっつきにくい感じはしますが、これを覚えるには用例や使われる場面を繰り返し見てイメージをつかめるようにしておくのが一番な気がします。

haveのコア

haveのコアイメージは、weblioによると、「所有・経験空間に何かを持つ。具体物だけでなく考え・時間・問題・関心などのほか行為・出来事も含む。」とあります。

手に持てないものや形のない時間的なものも含まれているので簡単に「持つ」とするだけではなかなかフィットしません。

定義すると少々難しい解説になってしまいますが、どんな場面で使われているのか例を見るとわかりやすいと思います。

こちらのEnglish Speaking Practiceでは、haveを使った用例とその受け答えの会話スキットがわかりやすくまとめられていました。

イラストと英会話だけで日本語はありませんが、返事がユニークなのでセットで聞いているとなんとなく意味が伝わってきます。後半はスピーキングの練習も行えます。

gotのコア

gotのコアイメージは、手に入れる。

モノでも知識でも状況でも、それによって、「買う」だったり「貰う」、「わかる」、「到着する」とういような訳され方をします。

おもな場面の用例はこちらが参考になると思います。

 

どちらの単語も一度用法を覚えておくと英語を日本語の意味に理解するのは難しくないと思いますが、日本語を英語にして話したいとき「ある」や「座る」、「買う」や「到着する」など、状況に応じて「have」や「got」ですらすら話せるようになるには普段から英語の読み物を読んだりニュースやスピーチなどを聞いたりして耳や目にしみ込ませておく必要がありそうですね。







-発音・単語

  オススメ

関連記事

Learn Sight Words!

子供向けSight Words(重要単語)のフラッシュ動画

世界中の子供向けに学習教材を提供しているELFラーニングから、年齢2〜10くらいまでを対象としたSight Words(重要単語)のフラッシュ動画をご紹介します。 英語圏では、子供の頃からフォニックス …

英語で大きな数字の単位や読み方を子供向け動画で学習

英語で100を超えるような大きな数字について子供に訪ねられました。 小学校でちょうど百、千、万、億・・の大きな桁を学習しているようです。 日本語と英語では桁の読み方が微妙に異なりますから間違いやすいで …

文房具など学校で使うモノを英語でフラッシュ

学校など子供たちの身近にある文房具などを英単語と画像でフラッシュしている動画です。 ネイティブの正しい発音が聞けますのでリスニングの学習になりそうです。 文房具などの身の回りのモノの英語は児童英検の最 …

英語の反対語動画

英語で反対語を学習できる子供向けシリーズ動画1~5

英語でOpposite Words(反対語)を学べる英語圏プレスクール向けの学習動画です。 Cartoon And Animated For Kidsより10回シリーズでLearn 100 Oppos …

seeとseaとsheの発音

子供のうちに英語の発音のレッスンを受けると 素直に受け入れるから、ホント上手なんですよね。 さよならの時、「see you~」って私が言うと、 「シー」じゃない「see」って子供にダメ出しされます。