子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

児童英検

英検Jrで英語学習の基礎作り

投稿日:2015年7月17日 更新日:

4月から児童英検が名称を「英検Jr」と変更していましたね。

児童英検は息子が未就学の頃、オンラインでずっとお世話になっていた英語学習サイトです。

各グレードの受験だけだと、通っていた七田チャイルドや英会話教室などでのグループ受験も可能でしたが、オンラインではラーニングとテストのすべてが利用可能だったので便利でした。

子供が興味を持ちはじめて集中し始めるとどんどん先へ進んでいきます。

ブロンズ、シルバー、ゴールドと3段階あり、最上位のゴールドまで行くと英検5級レベルの実力となりほぼ合格ラインになります。

久々に「英検Jr」のサイトを訪れ内容を見てみると・・

 

英検Jr

英検jrhp
【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

  • 合否のない育成型
  • オールリスニングのテスト
  • 3つのグレード
  • オールカラーのテスト

など、以前と大きな変更はないようです。

英検Jrには、BRONZE、SILVER、GOLDと3つのステップがあるのですが、オンライン版ではフルカラーの学習サイトが用意され、1~6カ月の学習期間とテスト込みのフルパックが利用できます。

テストだけだとBRONZEの2,300円~GOLD2,700円が受験料になりますが倍ぐらいの金額で3カ月のラーニングができます。パソコンをお子さんと利用できればフルパックがお勧めです。

子供が英語にふれたばかりの頃、最初はBRONZEで6か月スタート。

3才くらいだったので少し余裕を持って長めに設定してみましたが、3か月でもよかったかな、といった印象です。

SILVER、GOLDあたりでも一日おきとか毎日すこしづつでもラーニングサイトを訪れたり、たまに模擬テストに挑められれば3か月で余裕かなと思います。

英検jr

大切なのはこどもの興味と集中力になります。

英検Jrはドリル&ゲーム、問題に出てくるイラストが馴染みやすいのでクイズっぽく取り組めるのが子供には良かったみたいです。

サンプル問題も用意されているのでお子さんと一緒に試してみるのもよいかもしれませんね。







-児童英検

  オススメ

関連記事

児童英検

児童英検(英検jr)のペーパーテスト向けドリルで対策

児童英検ははじめて英語を学ぶ子供達のために開発された日本英語検定協会の児童向け英語検定です。現在は英検jrと名称が変更になっています。 その英検jrオンラインでは(旧児童英検)は、ブラウザで学習できる …

英検Jr.

英検Jr. ゴールド合格までに子供と取り組んだDVDと教材

英検Jr.は幼稚園や未就学で英語学習をしているお子さんが力試しとして受けるのにちょうどよい検定です。テストの形式も受験というよりクイズを楽しむような感じで進められ、なによりオンラインで受験できる気軽さ …

児童英検(英検jr.)にチャレンジしよう

お子さんと英語の取り組みを継続するには段階に応じた目標が必要です。 iphoneアプリや、DSなどゲーム感覚で始められるものもいいのですが、せっかくでしたら英語を楽しみながら検定に合格していく方がいい …

児童英検内のフラッシュカードと発音機能を試してみた感想

児童英検から新機能の案内メールが届きました。 もうすでに有効期限は過ぎていましたが、 久々にログインしてみることにしました。 まだ、入れますね。 コンテンツは利用できなくなっていますが、子供の学習記録 …

児童英検(英検jr.)と英検の違い

通っている英語教室のお話によれば、
児童英検や英検、TOEICなどを比較すると以下の様な感じになるそうです。

英語検定比較