子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

子供英語教材

英語の発音をしっかり学べる人気の書籍TOP5

投稿日:

アマゾン人気書籍「英語の発音」

アマゾン売れ筋ランキングより「英語の発音」カテゴリでベストセラーになっている人気書籍TOP5のご紹介です。

英語の発音に特化した本だけあって、どの本にも音声データが付属されています。多くの読者が高く評価した音声付き教材なので、発音をセルフトレーニングしたり、日々のリスニングを効果的に進めたい方にもおすすめです。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

フォニックスPhonicsは、英語圏の子供が最初に学ぶアルファベットのつづりと音のルールです。日本の子供達にもスペルと合わせて学習することで英語学習を効率よくすすめることができます。本書はそんな「フォニックスってなに?」というところから保護者が押さえておきたいフォニックス学習の流れを勉強することができます。

86のルールの詰まったCD音声付属で子供と一緒に聴きながら勉強してもよさそうです。

 

オドロキモモノキ英語発音 子音がキマればうまくいく

日本語にあまり含まれない子音に注目した英語発音メソッド。発音のプロである筆者が日本人にとってマスターしやすく、かつネイティブらしく流暢に発音できる方法を伝授しています。

Rの巻き舌をはじめ単語と単語のつながりのトレーニングなど、実際のスピーキングに生かせる発音練習の仕方を通して発音力の高め方を学べる一冊です。

音声データを使い、
①日本語ネイティブと英語ネイティブの発音を比べる
②発音のコツをつかむ
③練習する
という3ステップでスキマ時間のスピーキング練習も効果的に行えます。

 

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

中学で習う基本英単語をベースに26の母音と24の子音それぞれについて、口元アップの映像と詳しい説明が約120分も収録されたDVDが付属しています。

DVD、CD、写真、例題を使って1つ1つの母音と子音について口の動きを確認したい時など手元にあると便利な一冊です。

 

英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた!

子音や母音の発音だけでなく、前後に来る単語で変化する音変化やリズム、イントネーションなどにも踏み込んだエッセイ風な解説書。

かぎりなくネイティブの発音に近づけるためのテクニックや効果的な技は一読の価値あり。

 

スタートでつまずかない中学英語

中学で新しく英語教科を勉強することになる小学生向けですが、「英語の発音」ランキング5位にランクインしていました。

英語を日本語に「訳す」のではなく、英語の語順のまま理解するようにつくられているのが特徴的で1レッスンで1つのことだけを集中して学習するように構成されています。中学英語の授業がが始まるまで付属のCDをかけ流しに使えそうです。







-子供英語教材

  オススメ

関連記事

アルク【2016】人気教材ランキングTOP10

英語を学ぶみんなが選んだアルク【2016】人気教材ランキングTOP10

英語学習教材でお馴染みのアルクショップで2016年人気教材ランキングTOP10が発表されていました。 アルクショップで今年一年最も売れた通信講座と書籍のランキングです。英語のリスニング教材をお探しの方 …

DS英語子供向けソフトの人気ランキング2016

DS英語子供向けソフトの人気ランキング2016

DS英語学習ソフトで今年(2016年)当サイト経由で人気のあったものをご紹介します。 ニンテンドーDSといえば、小学生の保有率がかなり高いように思います。昨日もうちに遊びに来た息子の同級生も3DSでポ …

幼児向けフォニックス英語の知育玩具

幼児向け知育玩具 フォニックス英語のラーニングトイ4選

幼児向けに音の出るラーニングトイ(知育玩具)のご紹介です。 幼児期の子供が耳にする音ってとっても大切ですね。 お父さんお母さんの声や日本語はもちろんですが、英語も同時に耳になじませたいと思っているなら …

幼児期に聴かせる英語

幼児期に聴かせられるやさしい英語のCD

乳幼児期の子どもは、幅広い周波数に耳を澄ませています。 日常的に聞こえてくる周囲の音や日本語だけを聴き続けているとやがて徐々に日常のゾーンに固められてしまい、その後英語に必要な周波数帯の音にはピントが …

no image

子供がiPad使う時はブルーライトカットめがねを付けさせることに

スマホにタブレット、DS、液晶テレビなど、子供の周りには液晶が溢れていますね。
この液晶画面から出ているブルーライトを長時間見続けると目をダメにしてしまうそうです。
たしかに、液晶テレビやパソコン、タブレットを毎日観ていると大人でも目の焦点が合いにくくなってきます。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ