子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

子供英語教材

アナと雪の女王「MovieNEX」dvdは英語学習にお勧め

投稿日:2014年7月26日 更新日:

アナと雪の女王のDVDが発売されました。DVD、ブルーレイディスク(BD)それとデジタルダウンロードのセット「MovieNEX」としてパッケージ化されています。

アナと雪の女王は映画館で観た方も大勢いると思います。

うちの子供も未だに「レット・イット・ゴー」を毎日口ずさんでいます。こういうコンテンツは英語学習的にチャンスです。

 

DVD,BDともに、英語音声、英語字幕も可能になります。ストーリーが頭に入っていると英語で聞いていても何となく理解できそうですね。ディズニーの英語は小さいお子さんからお年寄りまで万人向けになっていますから教材としてお勧めです。

映画は長いのでまとまった時間がなかなかとれませんが、流し見でも良いかなと思います。

一緒に見ながら、よく使いそうなフレーズはちょっと止めて繰り返し聞いてみたり、メモをとって練習してみるのも良さそうです。

Amazonでは限定で『アナと雪の女王 MovieNEX』 (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付)が発売されています。

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]

 

楽天ではアナと雪の女王 MovieNEX (ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールドセット)こちらの方が若干お安いようです。

 

MovieNEXとは?

アナと雪の女王MovieNEX

ディズニーコンテンツをDVDやブルーレイだけでなく、ネット配信でも限定映像を楽しめるサービスがMovieNEXです。

ディズニーコンテンツを購入するとおまけで付いてくるようです。

MovieNEXサイトではアナと雪の女王のクラウド対応のデジタル限定映像やインタビュー、メイキング、主題歌「レット・イット・ゴー」の様々なバージョンなども楽しむことができるそうです。

タブレットやスマホでもアクセスできるようですね。

 

盤に収録されているボーナスコンテンツは以下になります。

BD(ブルーレイ )

  • 短編アニメーション ミッキーのミ二―救出大作戦
  • ミュージックビデオ♪レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)
  • 劇場予告編
  • アナと雪の女王製作スタジオ ミュージカル・ツアー
  • 原作から映画へ
  • 未公開シーン(※フィルムメーカーによるイントロダクション付き)

 

DVD

  • 短編アニメーション ミッキーのミ二―救出大作戦
  • ミュージックビデオ♪レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)
  • 劇場予告編







-子供英語教材

  オススメ

関連記事

7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)

七田式の7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)で英語の聞き流しを毎日やってみた感想

七田式の英会話教材が口コミでも評判良いですね。 大人向けの七田式7+Englishに続き、子供向けに出された7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)も楽天の英語教材ランキング等、いくつかの …

幼児期の英語発音

子供に正しい英語を身につけさせたい方へ

英語の発音は大人になってからでは修正が大変です。 子供のように聞こえてきた音を素直にそのままアウトプットすれば良いのですが、思い込みが入ってしまうとそれが難しくなります。 長年のバイアスのようなものが …

小学生の英検受験おすすめ教材

小学生の英検受験おすすめ教材

小学生の英検受験者数が年々増加しているようです。 背景には小学校の英語授業導入があるのですが、子供の将来を見据えて未就学のうちから英語に取り組んでいるご家庭が増えてきているのだと思います。 うちでも小 …

幼児から小学生・中学生向け英語教材をお得に購入できるキャンペーン

キッズ向け春の英語教材キャンペーン【アルク】最大4,000円OFF! 

英語学習教材でお馴染みのアルクでは「春の学び応援キャンペーン for キッズ」と題して、幼児から小学生・中学生向け英語教材をお得に購入できるキャンペーンが行われています。 アルクの最新キャンペーン情報 …

英語で楽しむ 日本昔ばなし(内容)

子供と英語で日本昔ばなし!音読やシャドーイングに便利な音声CD付属

子供に馴染みのあるストーリーで英語学習するのは楽しい時間になります。 聞き慣れたお話を英語ではどう表現されているのか、日本の昔話を英語で学習できる教材を見つけました。 誰でも一度は読んだことのある日本 …