子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語学習テレビ

英語の受け身「エイエイGO!」でやっていたbe動詞+される形

投稿日:

Be動詞の現在形+される形(過去分詞)

エイエイGO!の第38回でやっていたbe動詞 + される形(過去分詞)を使った受け身の英文です。

番組では、「“する”と“される”を区別せよ!」というタイトルで過去分詞のことをわかりやすく「される形」と表現していました。

小学生の息子も以前、

「過去形と過去分詞ってどう違うの?」

と疑問を持っていましたから「される形」と言ってくれると分かりやすいと思います。

日本語で言うと、「英語を話しています」と「英語が話されています」のようなニュアンスでしょうか。

中学では受動態とか受け身の文と習った記憶があります。

 

エイエイGO!のコーナー「ありがちミステイク」で解答された間違いやすい英文がこちら。

このお面は日本で作られています。
This mask is making in japan.

その国では英語が話されています。
English is speaking in that country.

この手紙は英語で書かれています。
This letter is writing in english.

日本語にある「~されている」という言葉につられて現在進行形にしてしまった間違いです。

×This mask is making in japan.
この表現では、(マスクが動きながら何かを作っている最中・・)のニュアンスになって伝わってしまうそうです。

 

受け身の表現

Be動詞の現在形+される形(過去分詞)

「~されています」という受け身の言い方になるので正解はこちら。

このお面は日本で作られています。
This mask is made in Japan.

その国では英語が話されています。
English is spoken in that country.

この手紙は英語で書かれています。
This letter is written in english.

 

ここでのmadeは過去形のmadeと同じですが、前に来るbe動詞と一緒に使われているので「される形」つまり過去分詞になります。

 

過去分詞(される形)いろいろ

動詞には規則動詞と不規則動詞があります。そのほか、変化しないものもあります。

規則動詞

原形過去形される形
playplayedplayed
useusedused
studystudiedstudied

 

不規則動詞

過去形と過去分詞(される系)が同じ形に変化する動詞。

原形過去形される形
makemademade
buildbuiltbuilt
catchcaughtcaught

 

不規則動詞で過去形と過去分詞(される系)が違う形になる動詞。

原形過去形される形
givegavegiven
speakspokespoken
writewrotewritten
eatateeaten
knowknewknown
singsangsung

 

原形・過去形・過去分詞(される系)がすべて同じの動詞。

原形過去形される形
putputput
cutcutcut
hithithit

 

受け身の否定と疑問文

受け身の否定文ではbe動詞の後にnotが入ります。

This mask is not made in Japan.

短縮すると・・

This mask isn’t made in Japan.

「このマスクは日本で作られていません。」

 

疑問文はbe動詞を前に出して最後に?をいれます。

Is this mask made in Japan?

 

受け身の例文

その番組はブラジルでは見られていない。
That program is not watched in Brazil.

 

この本は英語で書かれていますか?
Is this book written in english?

 

豆腐はカナダで食べられていますか?
Is tofu eaten In Canada?

 

野球は日本でプレーされている。
Baseball is played in Japan.

 

この歌は私たちの学校で歌われている。
This song is sung in our school.

 

陣内はニューヨークで知られていますか?
Is Jinnai known in New York?

 

 

ありがちミステイクな今回の英語、受け身の英文は英検4級ではまだ出ないかもしれませんが、子供もこの回を見るだけざっくり勉強になったようです。

次回のエイエイGO!は、「“した”と“された”を区別せよ」

今回の“する“と“される“の過去の言い方の学習です。

今回と合わせて英検3級に向けて良い勉強になりそうです。







-英語学習テレビ

  オススメ

関連記事

whプラスを使いこなせ!

エイエイGO! の「whプラスを使いこなせ!」で疑問文のおさらい

NHK Eテレの英会話番組「エイエイGO!」第26回は「whプラスを使いこなせ!」でした。 5W1Hを使った簡単な疑問文ですが、日本人にありがちな語順の間違いを紹介しながら正しい質問文を学習する内容で …

接続詞 thatの後は否定文にしない

接続詞のthatにnotやwillの入った並べ替え問題(合格モーニングより)

合格モーニング、毎週木曜の英語問題が子供の英語レベルのちょうどななめ上くらいで良い刺激になっています。 毎回、出題されるのは英検5級から英検3級くらいの問題でしょうか。   番組では、入試や …

no image

「リトル・チャロ4スペシャル」でストーリーのおさらいができます

幼児から大人まで楽しめるNHKの英語学習番組リトルチャロ。
大人気ですね。
4月から新しくエピソード4がスタートしています。

プレキソ英語動画

プレキソ英語今週の放送ではいろいろな『Let’s~』が聞けました

Eテレ英語学習番組「プレキソ英語」、今週のタイトルは『さあ、キャンプへ行こう!Let’s go to the camp!』。sushi townのいつもの仲間でバスに乗ってサマーキャンプに …

no image

子供と映画を見ながら英語学習

子供向けの映画っていろいろありますが、
最近、うちの子がハマっているのがタンタンです。
ちょっと前にフルCGで映画にもなりました。
DVDでも原作のシリーズが出ていて以前からよく観ていたものです。
すこし、子供が見るのにどうかな~って場面も若干あるので
あまりオススメはできませんが、少年レポーターのタンタンが
世界中を飛び回って冒険するお話です。
たしかベルギーのアニメだったと思うのですが、
音声は日本語はもちろん英語、フランス語が選べます。
ハマっている時に子供には申し訳ないとは思いながらも、
これも英語の勉強に使わせてもらってます。