子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子どもの英語教育は何歳から?

投稿日:2013年5月24日 更新日:

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。

現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のないものです。

英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。

さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。

本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。

マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、

子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。

内訳は

1位「0歳~3歳」で41.2%

2位「4歳~6歳」34.4%

3位「7歳~8歳」6.2%

 

子供に英語教育は必要だと感じている親の半数以上は、小学校に上る前から英語教育に取り組んでいるってことですね。

ちなみに、どんな英語番組をお子さんに見せているのか?とのアンケートでは

1位「えいごであそぼ」

2位「おさるのジョージ」

3位「リトル・チャロ」

 

けっこう皆さん「えいごであそぼ」観ているんですね~。

子供が幼児の頃お世話になっていた番組です。キャラクターやゲームが楽しいですね。

おさるのジョージは今でも大好きな番組です。これって英語で見せてるのでしょうか?

黄色い帽子のおじさんは、ジョージが何をやっても怒らないので

「あんな親になれたらなぁ..」

といつも感心して子供と一緒に観ています。

今度英語で聴いてみても良いかもしれませんね。

4位以下は

「ディズニー・チャンネル」「ミッフィーとおともだち」「カートゥンネットワーク」「プレキソ英語」「Hello!毎日かあさん」「Go!Go!EIGO!」「えいごルーキー」「catchat」

 

などとなっています。

その他、英語番組で最近けっこうハマって観ているのが、
Eテレで放送している「基礎英語」

ちょっと変わった発音記号が出てきておもしろいです。

子供と一緒にネイティブ発音に挑戦しています。

ネイティブに近い発音がとっても大切ということが学べて良いです。

英語の語順の法則もわかりやすく紹介しているので、なかなかためになります。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

子供絵本英語

子どもの成長とともに英語の学習方法を変える

子どもにとっては英語の時間、何を言っているのかさっぱりなことも多いと思います。適当な受け答えしか出来ないことになっては意味が無いです。

My Best English DVDフォニックス幼児向けオススメ教材

幼児英語のおすすめDVD教材!モーツアルトのBGMで集中力もUP

幼児期の英語学習におすすめな教材をご紹介します。 モーツアルトのBGMがやさしく流れる中でかわいいキャラと一緒に英語が学べるDVDです。 ネイティブの子供向けのDVD教材なのですが、フォニックスに重点 …

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

リスニング

英語の聞き流し効果を最大限に高めるために

英語の聞き流しを行える音声素材は、有料の教材に限らずインターネットやテレビ・ラジオなどでも気軽に手に入れることができます。以前に比べて無料の英語コンテンツは溢れているように思います。 もちろん、人それ …

幼児英語の聞き流し

幼児のうちから英語の聞き流しは効果を実感します

幼いうちから英語を習い続けていると子供には「なんで?」がないんです。 幼児期は言葉を聞いて処理する能力が一生のうちで最も活動的な時だからです。 そこには中高で習うような文法やルールの解説は必要ありませ …