子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子どもの英語教育は何歳から?

投稿日:2013年5月24日 更新日:

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。

現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のないものです。

英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。

さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。

本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。

マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、

子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。

内訳は

1位「0歳~3歳」で41.2%

2位「4歳~6歳」34.4%

3位「7歳~8歳」6.2%

 

子供に英語教育は必要だと感じている親の半数以上は、小学校に上る前から英語教育に取り組んでいるってことですね。

ちなみに、どんな英語番組をお子さんに見せているのか?とのアンケートでは

1位「えいごであそぼ」

2位「おさるのジョージ」

3位「リトル・チャロ」

 

けっこう皆さん「えいごであそぼ」観ているんですね~。

子供が幼児の頃お世話になっていた番組です。キャラクターやゲームが楽しいですね。

おさるのジョージは今でも大好きな番組です。これって英語で見せてるのでしょうか?

黄色い帽子のおじさんは、ジョージが何をやっても怒らないので

「あんな親になれたらなぁ..」

といつも感心して子供と一緒に観ています。

今度英語で聴いてみても良いかもしれませんね。

4位以下は

「ディズニー・チャンネル」「ミッフィーとおともだち」「カートゥンネットワーク」「プレキソ英語」「Hello!毎日かあさん」「Go!Go!EIGO!」「えいごルーキー」「catchat」

 

などとなっています。

その他、英語番組で最近けっこうハマって観ているのが、
Eテレで放送している「基礎英語」

ちょっと変わった発音記号が出てきておもしろいです。

子供と一緒にネイティブ発音に挑戦しています。

ネイティブに近い発音がとっても大切ということが学べて良いです。

英語の語順の法則もわかりやすく紹介しているので、なかなかためになります。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

簡単な幼児英語の始め方

幼児と英語学習を始めるにあたって、一番大切なことは
親と子どもが負担のかからない方法で長続きさせることだと思います。

no image

幼児期の英語への取り組み

我が家では子供が年少の頃、七田のリトルバイリンガルに通わせていました。
幼いうちから英語にふれさせたいと言う思いはあったものの
親として効率的な取り組み方がよく分からなかったからです。

no image

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

no image

ディズニーベビー英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽おやすみタイム用

幼児のうちから英語の音楽を聴かせるなら、このCDは最適な1枚でしょう。

no image

幼児教育のメリット

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では以下のように
述べています。