NO IMAGE

英語では「無理をしないでね」だけど日本語では「頑張ってね」

子供と一緒にYouTubeの英語学習者向け動画を見ることが多くなっています。
最近気に入っているのがバイリンガール英会話。

このバイリンガール英会話のチカさんのお話は、NHKなどの英語番組と異なり
短時間でかなりピンポイントな内容に絞っていることが多く、ちょっとした隙間時間にネイティブの日常生活の会話を学ぶことができます。

子供向けではないようですが、勉強の合間、一息気分で見るのに最適な動画です。

今回見たのは、バイリンガール英会話「無理しないでね!」を英語で♪のお話。

 

 

日本人はよく「頑張ってね!」を使うけど、欧米では「ムリしないでね!」
と声かけする方がよく使われるという内容です。

確かに、「頑張ってね」はよく使いますね。

挨拶の一部のような言葉になっています。

 

でも、英語で訳す時は【Don’t work too hard!】 「頑張りすぎないでね」となるんですね。

 

直訳するだけでは伝わらない英語のおもしろさを
子どもと一緒に考えられたレッスンでした。

ディズニー英語システム

0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプルをプレゼント中!「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!