子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

無料教材

幼児向け英単語フラッシュカード素材が無料で使えます

投稿日:2013年4月30日 更新日:

kids-pagescard

海外の子供向け学習サイトから
英単語のフラッシュカードをダウンロード出来るサイトをご紹介します。



kids-pages for small ages

フルカラーでとても見やすいイラストで書かれたフラッシュカード用の素材がまとめてあります。

英単語も、固有名詞から動詞、形容詞など子ども期に出てきそうなものばかり。

その他、アルファベットのカラフルなカードも揃っているようです。
幼児期の英語のとりかかりの教材として使えそうですね。

プリントアウトして切ったり貼ったりと手間はかかりますが、お子さんと一緒に作業するのも楽しそうです。カードサイズは1ページに3×3のSサイズと、2×1の Mサイズ。フラッシュカードとして使うならA5に合ったMサイズのほうが使いやすそうです。

無地のカードはAmazonなどで手に入れることができます。

No.A5180 A5・フラッシュカード 500枚 148mmx210mm
ノリで貼り付けて裏に読み上げ用の単語を記入しておけばお手製の英単語フラッシュカードが簡単に作れちゃいますね。

 

フラッシュカードの取り組みについて

子供と英語学習に取り組む際、とりかかりとしてフラッシュカードを利用するのはとても有効に感じています。

子供が幼児期に英語教室の後ろについて先生のフラッシュカードを見ていた経験から、スピードはかなり早め、

「 パッ、パッ」といった感じでめくって行きます。

1枚1秒もかからないくらいでしょうか。

 

フラッシュカードは子供に英単語を覚えさせることが目的というよりは、脳を刺激して右脳の回路をオンにすることが目的です。

ですから、幼児期のうちは英単語を覚えているかどうかの確認などする必要はありません。

子供がその後成長するに従って英単語と再び出会った時に、ああそういえば過去の記憶に残っているなと感じればそこで初めて記憶に焼きつきやすくなります。

フラッシュカードの取り組みは、例えて言うなら後々の種まきのような感じですね。

 

お子さんの英語の取り組みをどうしようかなとお考えの方はフラッシュカード作りから親子で一緒に試されてみてはいかがですか?







-無料教材

  オススメ

関連記事

no image

英単語の語源を子供に聞かれたら便利なサイト

お風呂に一緒に入っていると

息子が

「ねぇ パパ」

「石けんってどういう言葉から来てるの?」

フリー ジュニア アカデミー

フォニックスやフラッシュカードなど 無料で学べる学習サイト

フォニックスを学ぶ際に大切になってくる口の動かし方や、フラッシュカードで英単語を学べる無料の英語学習サイト「フリー ジュニア アカデミー」をご紹介します。 「フリー ジュニア アカデミー」 フォニック …

no image

子供が見て楽しそうな英語ストーリー動画

ネイティブの子供向けに提供されているLearn English Kids から楽しそうなストーリーの動画を見つけたのでご紹介します。 Princess and the dragonのお話です。 ドラゴ …

探検ゲーム

無料で楽しめるBBCの子供向け英語チャンネルWEB版「CBeebites」は物語やゲームがいっぱい

無料で子供向け英語のハイクオリティーなコンテンツがたくさん用意されているWEB版「CBeebites」をご紹介します。 英語圏の6歳くらいまでを対象としていて、そんなに難しくない英語で楽しことのできる …

no image

幼児英語のフラッシュカードや学習教材が無料利用できる海外サイト

海外からクオリティーの高い子供向け英語学習教材を提供しているサイトのご紹介です。