子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

スーパープレゼンテーションで「必見!赤ちゃんの脳は外国語をどう学ぶ?」が放映されます

投稿日:2013年7月23日 更新日:

baby

お子さんを英語の得意な子にしたい親は必見のTEDです。
赤ちゃんがどのように最初の言語を習得していくかを研究している科学者パトリシア・クール博士のプレゼンです。

どうしたら「R」「L」の発音を聞き分けられるのか?..といった内容です。

放送は7月29日(月)EテレPM11:00~

こちらのブログでも以前から、子どもは6~7歳くらいまで言語の習得に適している脳であると
書いてきましたが、その根拠となりそうなお話です。

第2言語の言葉がけについてテレビやCDなどスピーカーからのものはあまり効果がない、
ということも話されています。

 

そうなんですよね~

赤ちゃんも、日々いろんな音を聞き分けていますが、
直接影響のないものだとわかると、ノイズでしか無いですよね。

 

なので、英語教育をお考えのお子さんにはできるだけ早い時期にナマの英語に触れさせておく必要があります。英語は意味のある音であることを知らせてあげるのです。

博士の話では、月齢6ヶ月から12ヶ月の間に最初の臨界期を迎えるそうです。
その辺りをメドに生英語の話される機会を赤ちゃんと一緒に多く持つほうが良いようですね。

 

うちの子の場合、
近くに英語で託児してくれるところがあったのでそちらのお世話になっていました。

また、幼児向けのベビー英会話などにもできるだけ参加するようにしていました。

ネイティブスピーカーのベービーシッターなんてのもいいです。

子どもが幼い子育て期間中は保護者も何かと大変なもので、そういうのを上手に使って自分時間を確保するのも良いですよね。

これから出産予定の方、幼いお子さんに英語育児をお考えの方は必見のプレゼンです。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子供が英語嫌いにならないために

好き!になってもらわなくてもいいのですが、嫌い!になってしまうと、後々厄介です。こんな時は注意!

英語リスニングCD

英語リスニングCDの聞き流し効果

子供が幼稚園に入る前くらいから、家ではできるだけ普段から英語リスニングに取り組んでいます。うちで遊んでいるときは音は絞り気味にしてBGMのようにかけ流しています。 通っていた七田チャイルドの先生からは …

リスニング

英語の聞き流し効果を最大限に高めるために

英語の聞き流しを行える音声素材は、有料の教材に限らずインターネットやテレビ・ラジオなどでも気軽に手に入れることができます。以前に比べて無料の英語コンテンツは溢れているように思います。 もちろん、人それ …

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。 雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。 普段聞き …

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい