子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

子供英語教材

無料で楽しめる幼児~小学生英語学習者向けサイト『Turtle Diary』

投稿日:

無料で幼児~小学生向けに英語学習のためのコンテンツを利用できるサイト『Turtle Diary』をご紹介します。

以前、フォニックスを学べるサイトとしてご紹介したことがあるのですが、少しリニューアルされているようです。

→フォニックスを無料で学べる子供向け英語学習サイト

無料で楽しめる英語学習者向けサイト『Turtle Diary』

TOPページから入ると年齢や習熟別にK4,K,1st,2nd,3rd,4th,5thと選択可能です。ゲームやクイズ形式で基礎英語から算数やサイエンス、アートなどを学ぶことができるようになっています。

英語絵本の読み聞かせ

K4(PRE-K)未就学向けから入ってみると、フリーでダウンロード可能なワークシート、インタラクティブなゲーム、塗り絵、クラフトなどのコーナーがあり、ビデオでは基礎的なフォニックスを一文字づつ視聴しながら学ぶことができます。

ストーリーのコーナーでは絵本の読み聞かせも楽しめます。英語の音声に合わせて文字に色付もありリーディングの練習にも最適な内容になっています。

英語絵本の読み聞かせ

 

英語ゲーム

ゲームコーナーも各グレード別に遊びながら学べる様々なゲームが用意されています。ちょうどジュニア英検に出てくるような質の高いゲームですね。

こちらは、K4の最初に出てくる未就学向けの英語パズルゲームです。音声は全て英語ですが、聞き流しながら行えてちょうどよい刺激になります。

未就学向け英語パズルゲーム

 

こちらは3rdグレードにある『Changing States of Matter』というサイエンス系ゲーム。ゲームといっても正しい単語のボタンを押すと先へ進めるようになっているだけですが、ビジュアルで楽しむことができます。一見すると難しそうに感じるかもしれませんが、チョコを溶かしてみましょう・・というゲームですね。

Third Grade Games

 

算数を英語で学習

英語圏の学校に通う予定のある方や英語で算数を学んでみたい方にオススメなのがLessns,Mathのカテゴリ。形や角度、四則計算など学年別に問題とアクティビティ、それに関連するゲームやビデオコンテンツが紹介されています。

こちらは、金額を使った掛け算です。ここの動画解説はゆっくりとした口調の英語と表示される解説もわかりやすいので、リスニングしているうちに算数に使われる英単語なんかも覚えやすいと思います。

英語で算数動画

将来外国へ留学してみたいと夢を持っている方にも良いんじゃないでしょうか。

基本無料で使い続けることができる『Turtle Diary』、有料会員になると広告を消せたりクイズを新しく作成できたりいろいろ機能が拡大するようですが、日本人の英語学習に使う程度なら無料でも十分活用できそうです。

 







-子供英語教材

  オススメ

関連記事

アルクの通信講座が最大70%OFF

アルクの通信講座が最大70%OFF「夏の感謝セール」実施中

英語教材でお馴染みのアルクより「夏の感謝セール」のお知らせです。 >6日間限定!最70%OFF 夏の感謝セール 7/31まで 最大70%OFFで英会話、ビジネス英語、TOEIC対策などの教材が安く購入 …

eboard(イーボード)

無料学習サイトeboard(イーボード)で小中高の映像授業がうけられます

誰もがいつでも1から学び直せる機会を提供したいと、クラウドファンディングで多くの支援を受けて立ち上げられた無料学習サイトeboard(イーボード)のご紹介です。 このサイトは日本eラーニングアワードで …

D-SCHOOLオンライン

プログラミングと英語を同時に学べる「D-SCHOOLオンライン」

プログラミング体験教室や遊びながら学べるプログラミング学習イベントが小学生の間で人気になっています。2020年から小学校でプログラミング教育の必修化も検討されているようですからこの先ますます盛り上がっ …

広辞苑 第七版搭載XD-Z4800

広辞苑 第七版も搭載された中高生向け電子辞書カシオXD-Z4800

広辞苑の第七版がニュースでも話題になっていましたが、新しく発売されるカシオの電子辞書「EX-word」には早くも10年ぶりの大改訂となった広辞苑第七版が収録されているようです。 広辞苑は言葉の意味を調 …

子どもの英語テストで苦手部分の取り組み

小2になる子どもが先日行った英検5級の模擬テスト、 間違えていた所を一緒に見返してみました。 英単語ベースではあまり間違いがないものの、前置詞がすこし苦手なのがわかります。