子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

幼児英語から小学校英語へ

投稿日:2012年12月9日 更新日:

小学生英語

子どもがまだ幼いうちは、英語学習といっても
ただ英語になじませるために遊びの中で取り組む感じでした。

赤い色を見せて「Red」と言ってみたり、
「1,2,3・・」を「One Two Three・・」 というふうに英語での呼び方を覚えさせるくらいです。
ここまでは幼児でもあっという間に覚えてしまいます。

この時期、子供の脳の言語野は一生のうちで最も成長すると言われていますから、その吸収力にはいつも驚かされます。

 

ある程度の単語を理解していれば、簡単な英文の質問に出会っても何を答えればいいかパッと頭に浮かぶようになるものです。

たとえ質問と違う答えが返ってきてもまだ幼いので余裕でニコニコしていられます。

この頃の子供は、日本語にしてもまだよくわからない部分も多いですから。

 

ですが、やがて子供は卒園し、小学生になります。

言葉はどんどん上手に使えるようになりますが、
英語はそのまま放おっておくとそこからは進歩はありません。

圧倒的に日常での使用量が違うからです。

 

次のステップ

子供が次に英語を習い始める頃、今度は少し学年も上がり日本語の理解も高まる頃です。

今度は、質問が理解できなかったり、以前わかっていたことに答えられないでいると

「そうじゃないでしょ!」

ってなってしまいがちです。

日本語と英語での言葉の成長を同じように見なければいいだけのことですが、
この辺を理解した上で、子供と一緒に一つづつ解るようにしてあげるのが親の取り組み方なのかなと思います。

幼児向け英語教室から小学生向け英語教室に進むと内容も結構変わってきます。

幼児から小学生の間には広い英語のギャップを感じています。

その間を埋める教材探しも楽しかったりするものですが、
この時期をどううまく乗り越えられるかは親のうでの見せ所のような気がします。

楽しく英語に向かえるようにしてあげたいですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

no image

小学1年でうちの子供がやっている英語学習

小学1年生になるうちの子供の学校では、今、英語の授業で自己紹介の暗唱に取り組んでいます。
名前や、年などのほか、自己紹介での定型文や、自分についてなどが発表できるよう少しづつ練習しているようです。

学校でこういうことやってくれると本当に楽です。

家でやっている英語の取り組みは、
とにかくあの手この手で英語に触れさせるというやり方です。

willの意味

willの意味が持つ「強い意志と推量」について

中学英語でwillは「~でしょう」と習った記憶がいまだに強く残っています。 NHK高校講座の「コミュニケーション英語」を見ていてそのことにハッと気づいたのですが、willを解説する説明で一番目にあった …

arithmetic

英語で算数「2桁×11」が一瞬で答えられる魔法の暗算!

小学5年生になった息子。 家に持ち帰る算数などの宿題も徐々に増え、以前のようにパパっと終わらない内容になっています。 低学年から高学年へと大変な時期かもしれませんね。英語ばかりに構っていられなくなりま …

アメリカの小学生が出題する国数社理のテストMAG2NEWS

アメリカの小学生向けテスト問題(国数社理)に英語でチャレンジ

アメリカの小学生が出題する国数社理のテスト問題がMAG2NEWSに掲載されていました。 このコーナーはアメリカの小学生・シャーロットちゃんが英語問題を出題する人気シリーズのようですね。 【脳トレ】米国 …