子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

幼児英語から小学校英語へ

投稿日:2012年12月9日 更新日:

小学生英語

子どもがまだ幼いうちは、英語学習といっても
ただ英語になじませるために遊びの中で取り組む感じでした。

赤い色を見せて「Red」と言ってみたり、
「1,2,3・・」を「One Two Three・・」 というふうに英語での呼び方を覚えさせるくらいです。
ここまでは幼児でもあっという間に覚えてしまいます。

この時期、子供の脳の言語野は一生のうちで最も成長すると言われていますから、その吸収力にはいつも驚かされます。

 

ある程度の単語を理解していれば、簡単な英文の質問に出会っても何を答えればいいかパッと頭に浮かぶようになるものです。

たとえ質問と違う答えが返ってきてもまだ幼いので余裕でニコニコしていられます。

この頃の子供は、日本語にしてもまだよくわからない部分も多いですから。

 

ですが、やがて子供は卒園し、小学生になります。

言葉はどんどん上手に使えるようになりますが、
英語はそのまま放おっておくとそこからは進歩はありません。

圧倒的に日常での使用量が違うからです。

 

次のステップ

子供が次に英語を習い始める頃、今度は少し学年も上がり日本語の理解も高まる頃です。

今度は、質問が理解できなかったり、以前わかっていたことに答えられないでいると

「そうじゃないでしょ!」

ってなってしまいがちです。

日本語と英語での言葉の成長を同じように見なければいいだけのことですが、
この辺を理解した上で、子供と一緒に一つづつ解るようにしてあげるのが親の取り組み方なのかなと思います。

幼児向け英語教室から小学生向け英語教室に進むと内容も結構変わってきます。

幼児から小学生の間には広い英語のギャップを感じています。

その間を埋める教材探しも楽しかったりするものですが、
この時期をどううまく乗り越えられるかは親のうでの見せ所のような気がします。

楽しく英語に向かえるようにしてあげたいですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

no image

熊本では小学低学年の英語学習が進んでいるようです

熊本県玉名市教委では、小学1・2年生へ、毎日、授業前や空き時間に英語教育を行う考えがあることを伝えています。

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

英会話

英会話教室に通う割合が最も多いのは小学2年生-Benesse調査

Benesseが幼児から大学生までを持つ保護者を対象に語学に関するアンケートを行なっています。

ローマ字

小学校の日本語ローマ字表記の宿題

子供の持ちかえってくる宿題、ここ何日かローマ字表記の書き取り問題が出ています。 小学4年の国語プリントですが、ローマ字で書かれた日本語を読んだり、日本語をローマ字に書きだす宿題です。 息子は小さいうち …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ