子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

小学校英語の取り組み

投稿日:2013年5月21日 更新日:

englishstudy

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、

正式な教科となるようですね。

さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。

今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。
ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

 

最近の英語の取り組み

小学2年生になって、英語の取り組みは少しづつ文法的な問題が目立ってきたように思います。今日はbe動詞の穴埋めをやっていました。

He ( )

We ( )

I ( )

am, are, is

と言った感じで( )の中に適当なbe動詞を記入する問題です。

 

まぁ、覚えてしまえば簡単なことなんでしょうが、英語の多読を幼児の頃から沢山やっておいてよかったなぁ~とつくづく思いました。

 

子供が言うんです。

He (are) だとおかしいでしょ!(笑

そう。

聞き慣れてない語順なのでおかしいと気づくんです。

 

そんな調子でbe動詞だけでなく、 to や on, ofなどもなんとなく感覚で覚えているようです。

 

1日60分~90分 CDで英文を聞き流したり、英語の絵本を読んだりしていただけなんですけど、ずーっと続けていれば耳に馴染んでくるものですね。

 

「聴き続けていると後が楽ですよ!」

 

と、教室の先生がおっしゃっていたとおりです。

 

幼児のうちからがおすすめなのは、

英語の取り組みをすんなり受け入れられることにあります。

素直ですもんね。

年齢が上がるに従って他の興味も増えてくるし、面倒になる。

気も散りやすくなります。

 

その辺の興味の部分をうまくクリアすれば、幼児の頃にやり残していても、年齢など関係なく今からでも始めて2,3年後には英語脳を獲得できると思います。

 

最近はゲーム感覚で興味を持たせる教材もいろいろ出ていますしね。

 

うちにしばらく使わせていなかったDSが眠ってるんですが、今日ちらっとDSソフト集見ていたら小学校英語向けに使えそうなソフトが出ていました。

栄光ゼミナール公式の現在小学校で習っている英語テキストを網羅したDS教材です。

栄光ゼミナール公式DS教材 小学校英語 エイタンザムライDS


amazonamazonで探す rakuten楽天で探す

 

 

アルファベットの文字認識、ネイティブによる音声、キャラクターの育成、単語力をつけるリピート機能など、小学生向けとしてはひと通りの機能も付いているようです。

たまにはDSでピコピコさせてみても良いかなと思えるDS英語教材です。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

willの意味

willの意味が持つ「強い意志と推量」について

中学英語でwillは「~でしょう」と習った記憶がいまだに強く残っています。 NHK高校講座の「コミュニケーション英語」を見ていてそのことにハッと気づいたのですが、willを解説する説明で一番目にあった …

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。

NHK英語講座2016テキスト14誌お試し

NHK英語講座2016テキスト14誌のレッスン1が無料で全公開されています

NHK英語講座、春から新しいシーズンが始まっていますね。 ラジオ基礎英語1を聴いていたらA,B,C・・とアルファベットの基礎からやっていました。子供と、「もう、これはいいか~」と言いながら、基礎英語2 …

The capricious robot

英語の読解力に慣れる小・中学生向けのショートストーリー「The capricious robot」

子供と英検3級面接試験の帰り道、ジュンク堂に立ち寄り準2級の学習本を探していた時のことです。 ずらっと本棚に並んだ英語関連書籍の中から、息子が一冊の本を取り出して読んでいました。 何を読んでるのかなと …