子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

世界中で人気の絵本マドレーヌ2作目『MADELINE’S RESCUE』

      2016/09/28   後で読む

英語絵本『MADELINE'S RESCUE』
マドレーヌの絵本シリーズ。昨日に引き続き2作目となる『MADELINE’S RESCUE』です。この絵本も1954年にコルデコット賞で金メダルを受賞しています。

挿絵にはセーヌ川やモンマルトル、チュイルリー公園などパリの名所が素敵に描かれていて、読み終わったあと本棚にしまっておくのはもったいない絵本です。

今回のお話も、いつもの2列の女の子たちの風景から。

一番ちっちゃなマドレーヌ。

いつものようにお散歩中に、マドレーヌは橋から落ちてしまいました。
溺れそうになっていると、一匹の犬がやってきて彼女を救ってくれたのです。

そんな犬をみんなは連れ帰り一緒に暮らすことにしたのですが・・

年に一度の評議会の視察がやってきて、犬が見つかってしまいます。

MADELINE’S RESCUE

繰り返される日常描写、出だしの部分は1作目と同じですね。
前作を読み込んでいるとこの部分はスラっと聞けそうなのでとばしました。

4~8歳向けの絵本ですが、少し長いので途中のカンタンな部分も飛ばしながら子供と訳してみました。

In an old house in Paris that was covered with vines Lived twelve little girls in two srtraight lines.

They left the house at half past nine
In two straight lines in rain or shine.

The smallest one was Madeline.

She was not afrid of mice.
She loved the winter, snow , and ice.

To the tiger in the zoo
Madeline just said, “Pooh, pooh!”

And nobody knew so well
How to frighten Miss Clavelー

 

Until the day she slipped and fell.
でも、ある日マドレーヌは滑って川に落ちました

Poor Madeline would now be dead.
か弱いマドレーヌは今にも死にそうです。

But for a dog
しかし 一匹の犬が

That kept its head
その頭をくわえ

And dragged her safe from a watery grave.
そして溺死から安全に彼女を引き戻しました

“From now on,I hope you will listen to me,
さぁ、聞こえていますか

“And here is a cup of camomile tea.
「そして、ここにカモミールティーがあります 。

 

 

Miss Clavel turned out the light.
ミスクラベルは電気を消し

After she left there was a fight
去ったその後はおおげんか

About where the dog should sleep that night.
その夜どこで犬が寝るかで

 

The new pupil was ever
So helpful and clever
新しい生徒はいつも
助けになって利口でした

The dog loved biscuit, milk. and beef
And they named it Genevieve.
犬はビスケットとミルク、それにお肉も大好きでした。
そしてみんなはジェネビエーブと名づけました。

She could sing and almost talk
彼女は歌うことができて、ほとんど話すことができました

And enjoyed the daily walk.
そして、毎日の散歩を楽しみました。

 

Soon the snow began to fly,
Inside it was warm and dry
And six months passed quickly by.
そのうち雪が舞い始め、
部屋の中は暖かくて乾いてて
あっという間に6ヶ月が過ぎました

 

When the first May came near
There was nervousness each year.
5月の1日が近づいた時、
毎年そわそわしています。

For on that day arrived a collection
Of trustees for the annual inspection.
その日評議会の視察が年次点検に訪れるから。

 

The inspection was most thorough,
Much to everybody’s sorrow.
点検は最も徹底的でした
みんな悲しい気持ち

 

“Tap, tap !” “Whatever can that be ?”
“Tap, tap !” “Come out and let me see !”
“Dear me, it’s a dog ! Isn’t there a rule
“That says DOGS AREN’T ALLOWED IN SCHOOL ?”
「タン、タン! 一体何でしょう?」
「タン、タン! こっちへ出てきてよく見せないさい!」
「おや、犬だわ!規則が、ありませんか?」
「それは、犬が学校の中に入ることができないでしたよね?

 

“Miss Clavel, get rid of it, please,”
Said the president of the board of trustees.
「ミスクラベル 、それを追っ払ってちょうだい」
評議会の理事長は言いました。

 

“Yes, but children love her so, ”
Said Miss Clavel. ” Please don’t make her go.”
「はい、でも子供たちは犬をとっても愛しているから」とミスクラベル・
『どうか彼女を行かせないで」

 

I daresay,” said the Load Cucuface.
言いたくはございませんが」と評議員のロード・ククフェイス

 

“For young ladies to embrace
“This creature of uncertain race !
「つまり、幼い女子が出所不明の生き物をかわいがるのはまったく下品なことだ」

 

“Off with you ! Go onーrun ! scat !
“Go away and don’t come back ! ”
「シッシッ!出て行け!二度と戻るんんじゃない!」

 

Madeline jumped on a chair.
“Load Cucuface,” she cried, “beware!”
” Miss Genevieve, noblest dog in France,
” You shall have your VEN-GE-ANCE ! ”
マドレーヌは椅子に飛び乗りました。
「ロード・ククフェイス」彼女は泣きました。「用心なさい!」
『ミス・ジェネビェーブはフランスで最も立派な犬」
「あなたは報いを受けるでしょう」

 

” It’s no use crying or talking.
「泣いても話しても無駄です。

” Let’s get dressed and go out walking.
「さあ服を着てでかけましょう

” The sooner we’re ready, the sooner we’ll leaveー
「すぐに準備をして、すぐに出かけましょう」

” The sooner we’ll find Miss Genevieve. ”
「すぐにジェネビエーブを見つけられるわ」

 

 

They went looking high
高いところを探したり

and low
低いところも

And every place a dog might go
どんなところにだって犬は行ける

In every place they called her name
あらゆる場所で彼女の名前を呼んだ

But no one answered to the same.
でもどこにも返事はない

The gendarmes said, ” We don’t believe
” We’ve seen a dog like Genevive. ”
警察は言った「我々は、ジェネビエーブのような犬を見たと思っていません。」

Hours after they had started
They came back home broken-hearted.
出発して何時間もたった後、みんなは失意で家に戻った

” Oh, Genevieve, where can you be ?
” Genevieve, please come back to me. ”
「おぉ、ジェネビエーブ、どこへいったの?」
「ジェネビエーブ、お願い帰ってきて」

 

In the middle of the night
Miss Clavel turned on the light.
And said, ” something is not right. ”
真夜中、ミスクラベルは明かりをつけて
そして言った「何か変ですね」

An old street lamp shed its light
On MIss Genevieve outside.
外の通りの古い街灯の下にジェネビエーブがいました。

She was petted, she was fed.
彼女はかわいがられて食事しました。

And everybody went to bed.
そしてみんなは眠りました

” Good night, little girls. I hope you sleep well. ”
” Good night, good night, Miss Clavel ! ”
「おやすみ、少女たち、よくおやすみ」
「おやすみなさ、おやすみなさい、ミスクラベル」

Miss Clavel turned out the light.
And again there was a fight,
ミスクラベルが電気を消すと、
また争いがあった。

 

As each little girl cried,
” Genevieve is mine tonight ! ”
お互いに少女は泣きながら
「今夜ジェネビエーブは私と」

 

For a second time that night
Miss Clavel turned on her light.
その夜、二度目ミスクラベルは灯りをつけた。

 

And afraid of a disaster.
She ran fastー
そして何事かと恐れた
彼女は急いで走り

And even faster
さらに急いで

“If there’s one more fight about Genevieve,
“I’m sorry, but she’ll have to leave ! ”
「もし、もう一度ジェネビエーブで争ったら
「かわいそうだけど、彼女には出て行ってもらうわ」

 

That was the end of the riot
Suddenly all was quiet.
それで騒ぎは収まって
急にみんな静かに。

 

For the third time that night
Miss Clavel turned on the right.
その夜、三度目ミスクラベルはライトを付けて

And to her surprise she found
そして彼女は思いもかけないことを見つけた

That suddenly there was enough hound
とても突然、十分な猟犬がいました。

To go all around.
いたるところに

 - 英語絵本