子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

子供の英語教室

      後で読む

近所で人気になっている子供向けの英語教室があったので新年度に向けて新たに教室を変更することにしました。
以前に比べてだいぶ近くなったこともあり、通塾が楽になります。

この教室、先生はすべてネイティブで、1クラス多くても4,5人と少人数の子供が受講できる英会話スクールです。

通塾生の噂では「通ってるとベラベラになるよ~」となかなかの評判です。

息子も英検5級に合格したこともあり、気分を新たにして英語に向かうのも良いかなと通塾することにしました。

 

1,2度、体験授業を参観し、説明会でお話を聞いているうち、なるほど~と人気の理由がわかりました。

 

1つは、クラス分けが細かいんです。

レッスンには欧米の小学校や私学の英語の授業でもよく使われている「We Can」を使うのですが、1と2,3の間が少しレベルが離れているんです。

子供にとってはクラスが上がると急に難しく感じる内容もあるそうです。

そこで、ここではそのテキストの間に別の教科書「English Time」をかませてなめらかにレベル分けを行なっているそうです。

 

授業は欧米の小学校で習うのとほぼ同じように全て英語で進められます。
学習年齢も今のところ実年齢にあっているようです。ただ、日常ではほぼ日本語なのでいつまでもついて行けないとは思いますが・・。

 

もう一つは英検対策クラスが開かれること。
英検シーズン前になると参加できるようです。その他、文法クラスもあるようです。英検は普段、家で過去問にあたっていましたから塾でやってくれると助かります。

授業の終わりのお迎えの時、先生が出てきて今日やった内容を解説してくれるのもありがたいです。

「こんなこと習ったんだね」と子供と話しながら授業の振り返りが行えます。

 

今日習ったのはareとhaveについて。

areの後には形容詞、haveの後には名詞。

Elephant are? (big).

Elephant have? (a trunk).

Rabbit are? (white).

Rabbit have? (a long ear).

こんな感じで教えられているんだな、とわかっておくのは大切ですね。
子供も楽しそうに話してくれていたので良かったです。

 - 小学生英語