子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英検4級に出てくる比較級・最上級をまとめておさらい

投稿日:

英会話スクールに1月から通うことになった息子。

英検の団体申し込みにも滑り込みセーフ。教室で行われるほうが子供にとっては気が楽です。

春には受験するはずだった英検4級テストは、引っ越しと重なってしまい受けられませんでした。

1月の再チャレンジを前に4級のおさらいをやっていますが、すこしあけると結構忘れていますね。

 

比較級の並べ替え問題でつまづいていたのでもう一度比較級や最上級のあたりを見直しです。

ネットで低学年でもわかりやすくていねいに解説している動画を見つけました。

ホントにわかる

比較級の動画解説

新興出版社から出ている中学2年生向けの英語解説書「ホントにわかる 中2英語」の内容を解説している動画です。

ゆっくり丁寧な解説と、例題や並べ替え問題の解き方なども見ていくことができます。

 

比較級とは?

2人、または2つを比べて「もっと~」の表現。erをつけるthanの比較級についての基本を確認できます。

基本のer、yをiに変えてiesr、最後の文字を重ねてerなども解説してあります。

 

 

形の変わる比較級

good, well→better   bad→worseなど形の変わる比較級があることを確認できます。

 

 

「どちらが~ですか?」とたずねる文

whichをつかった比較の疑問文についての解説です。

 

 

最上級のまとめ

比較級では2つを比べていましたが、3つ以上のなかで「一番~なもの」を表す最上級についてのおさらいです。

 

最上級とは?

estをつけるもの、stまたはyをiに変えてiestにする、文字を重ねてestにする単語についての解説です。

 

 

「いちばん~なのはどれですか?」

「~の中で一番~なのはどれですか?」と、whichを使った質問文の作り方です。

3つ以上のものの中からの場合はof~。 場所の中の場合はin~。

 

 

~と同じくらい

as~as の文「同じくらい~」という表現についてです。

asに挟まれるときはerやestを付けない元の形であることをおさらいできます。

 

 

 

今回ここでは比較級、最上級、同等比較の基本部分だけ回数を飛ばしてピックアップしています。

Youtubeチャンネルでは順番にもっと詳しく解説している回もあるので苦手部分をチェックしてみると良さそうです。

 

書籍版はこちらです。

解説がやさしいので低学年の英検3級とか4級レベルの解説向けとして良さそうです。

 

 







-小学生英語

  オススメ

関連記事

英語教室

子供の通う英語教室と家庭学習の様子

小学4年になる子供の通っている英会話教室では、毎回授業の前半、予め用意されたQ&Aシートから先生の質問やその受け答えをする時間があります。 Q&Aは50項目ぐらいあり、質問とその受け答 …

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。 低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」 高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」 応募方法 …

no image

子どもに英語を楽しく取り組ませるために大切なこと

英語の義務教育化を進めようとしている国の教育再生実行本部の提言に対して、 小学校から英語義務教育化すれば英語嫌いの子供増やすだけではないかという意見もささやかれているようです。

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。