子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英検4級に出てくる比較級・最上級をまとめておさらい

投稿日:

英会話スクールに1月から通うことになった息子。

英検の団体申し込みにも滑り込みセーフ。教室で行われるほうが子供にとっては気が楽です。

春には受験するはずだった英検4級テストは、引っ越しと重なってしまい受けられませんでした。

1月の再チャレンジを前に4級のおさらいをやっていますが、すこしあけると結構忘れていますね。

 

比較級の並べ替え問題でつまづいていたのでもう一度比較級や最上級のあたりを見直しです。

ネットで低学年でもわかりやすくていねいに解説している動画を見つけました。

ホントにわかる

比較級の動画解説

新興出版社から出ている中学2年生向けの英語解説書「ホントにわかる 中2英語」の内容を解説している動画です。

ゆっくり丁寧な解説と、例題や並べ替え問題の解き方なども見ていくことができます。

 

比較級とは?

2人、または2つを比べて「もっと~」の表現。erをつけるthanの比較級についての基本を確認できます。

基本のer、yをiに変えてiesr、最後の文字を重ねてerなども解説してあります。

 

 

形の変わる比較級

good, well→better   bad→worseなど形の変わる比較級があることを確認できます。

 

 

「どちらが~ですか?」とたずねる文

whichをつかった比較の疑問文についての解説です。

 

 

最上級のまとめ

比較級では2つを比べていましたが、3つ以上のなかで「一番~なもの」を表す最上級についてのおさらいです。

 

最上級とは?

estをつけるもの、stまたはyをiに変えてiestにする、文字を重ねてestにする単語についての解説です。

 

 

「いちばん~なのはどれですか?」

「~の中で一番~なのはどれですか?」と、whichを使った質問文の作り方です。

3つ以上のものの中からの場合はof~。 場所の中の場合はin~。

 

 

~と同じくらい

as~as の文「同じくらい~」という表現についてです。

asに挟まれるときはerやestを付けない元の形であることをおさらいできます。

 

 

 

今回ここでは比較級、最上級、同等比較の基本部分だけ回数を飛ばしてピックアップしています。

Youtubeチャンネルでは順番にもっと詳しく解説している回もあるので苦手部分をチェックしてみると良さそうです。

 

書籍版はこちらです。

解説がやさしいので低学年の英検3級とか4級レベルの解説向けとして良さそうです。

 

 







-小学生英語

  オススメ

関連記事

動名詞と不定詞

子供に不定詞と動名詞の違いについて質問されたら?

子供の通っている英会話スクールで現在学習中の不定詞と動名詞。お迎えの帰り道、toとingのニュアンスをいろいろ聞かれたのでちょっとおさらいです。 小学生の子供でもピン!と、くるような使い分けを調べてみ …

no image

小学1年でうちの子供がやっている英語学習

小学1年生になるうちの子供の学校では、今、英語の授業で自己紹介の暗唱に取り組んでいます。
名前や、年などのほか、自己紹介での定型文や、自分についてなどが発表できるよう少しづつ練習しているようです。

学校でこういうことやってくれると本当に楽です。

家でやっている英語の取り組みは、
とにかくあの手この手で英語に触れさせるというやり方です。

come and go

英会話「いま行くよ!」は「今くるよ!」I’m coming soonでOK

「いま行くよ!」と「今くるよ!」は漫才師のお話ではなくてcomeとgoの使い分けについてです。最近の子どもたちは今いくよ・くるよさんのこときっと知らないでしょうね。 子供の通う英会話スクールで、今日は …

小学校の英語教科

小学校の英語教科2020年度より週2時間・休み時間まで?

  小学校の英語の授業が2020年度から正式な教科となり週に2時間となるそうですが、各学校では時間割にも余裕がなく、休憩時間の15分を使って短時間学習を行うという案も出ているようです。 &n …

no image

子どもはグローバル化についていける?

普段、日常生活で英語を使うという状況まだまだ少ない日本ですが、 ビジネスの世界ではどんどん英語が浸透しているようです。 子供たちが大人になる頃には日本の国際化は今よりもっと進んでいるでしょう。