子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子どもはグローバル化についていける?

投稿日:

グローバル

普段、日常生活で英語を使うという状況まだまだ少ない日本ですが、
ビジネスの世界ではどんどん英語が浸透しているようです。

子供たちが大人になる頃には日本の国際化は今よりもっと進んでいるでしょう。

人材派遣会社パソナが行ったアンケート調査によると、
年収の600万円以上の会社員の内半数近くが仕事で普段から英語を使っていると答えています。

その内容はメールや翻訳作業、文書作成といったものの他、
社内の打ち合わせやプレゼン、商談などもあるようです。

取引先が海外企業というのももはや当たり前になっているのでしょうね。
日本はは貿易立国ですから当然といえば当然でしょう。
ただ、その裾野はグローバル化で広がっているのかもしれません。

企業のほうも、日本語で考えたことを英語で話せるという英語力ではなく、
英語で考え英語で発信するという人材を求めるようになるのでしょう。

世界の至る所でグローバル化が進み英語発信は当たり前となっています。

 

日本もその波に飲み込まれようとしているのですが、日本の状況は世界でも特殊です。

まわりを海に囲まれていますから、日常で英語に触れるという機会はほとんどありません。

子供を育てる親としては、
子供時代にここで英語力をどうつけるかというのが最重要になってくると思います。

 

今までのように「英語を勉強する」と言う取り組みよりも、
「英語で勉強する」という考え方の方が良いのかもしれません。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

fewとlittleの使い方

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

  英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。 fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます …

no image

親子で実践する英語教育のヒント

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。
東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」
の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで
家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

no image

小学1年でうちの子供がやっている英語学習

小学1年生になるうちの子供の学校では、今、英語の授業で自己紹介の暗唱に取り組んでいます。
名前や、年などのほか、自己紹介での定型文や、自分についてなどが発表できるよう少しづつ練習しているようです。

学校でこういうことやってくれると本当に楽です。

家でやっている英語の取り組みは、
とにかくあの手この手で英語に触れさせるというやり方です。

子ども英会話教室

子供が英会話教室を嫌がる理由、好きな理由

子供が英会話教室に通い始めてしばらくたつと嫌がることがよくあります。 親子で通うタイプの英会話教室に通っていた時、そこで何度も嫌がる子供を目にしました。通わせている保護者からしてみるとちょっとつらいで …