子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

七田式の7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)で英語の聞き流しを毎日やってみた感想

      2016/09/07   後で読む

七田式の英会話教材が口コミでも評判良いですね。

大人向けの七田式7+Englishに続き、子供向けに出された7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)も楽天の英語教材ランキング等、いくつかの部門で1位になっていました。

子供向けに新しく出た七田式7+BILINGUALレビューを見てみると、世界中を周りながらいろいろな国のお友達と仲良くなっていくという会話形式のストーリーもの。

七田チャイルドに以前通っていたことのある息子に聞いてみた所、七田の教材には前向きな様子。単純に楽しい内容なので好きなのでしょうが、世界をめぐるというストーリーが気に入ったようで興味津々です。

 

しばらく七田の英語教材から離れていたこともあり「7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)」を早速取り寄せてみました。

七田式7+BILINGUALが届く

7+BILINGUALの内容

7+BILINGUALの内容は、基本教材としてCD14枚と、テキスト4冊、イラスト集に使い方マニュアル。期間限定の付属としてCDすべての内容の英語部分を通しで聴けるかけ流しCD(45分)とぬりえブック(38P)で構成されています。

それから特別特典として、教材のすべての英単語訳一覧と子供の英語教育についてや発音について解説されている動画2本。これはオンラインで視聴したりダウンロードすることができます。

その他、オンライン英会話の無料チケット5回分、英会話や子育てのことなどなんでも相談できる電話チケットが付いていました。オンライン英会話では教材に沿った授業を行ってくれるということです。

使い方マニュアル

使い方マニュアルには、七田式学習のポイントである幼児期における子どもの脳の働きについての考え方や効果的な学習方法、教材を使って効果的に英語脳を養う「バイリンガル・スイッチ」の入れ方などが解説されてあります。

この「バイリンガル・スイッチ」の入れ方というのが七田式の大きな特徴だと思います。速聴とリピートさせながらインプットとアウトプットをバランスよく続けるのがポイントです。

バイリンガルスイッチについては商品詳細ページでも解説されています。
7+BILINGUAL 詳細ページ

7プラスバイリンガルテキストとイラスト集

教材はDAY1からDAY35まで毎日7分程度の取り組みになります。

該当テキストとイラスト集を開いたらCDをスタートさせて、日本語と英語でストーリーを聞き流していく所から始めます。1回のストーリーを通して20前後の英会話フレーズがインプットされることになります。

  1. 日本語で会話が流れてきます。
  2. 英語の音声で等倍速・3倍速と聞いていきます。
  3. 音読用の英語音声(音のない部分があります)が流れるので真似て発音。

DAY2以降も同じ要領で繰り返しますが、400%学習法として前日、前々日と3日間分聞いてきたストーリーが音読用の英語音声の後に付け加えられていきます。

新しく出てきたお話の後に、前のお話がリピートされるわけですね。

聴いて終わり・・ではなくて昨日のお話も、さらにその前のお話も出てくることになります。3日分出てくる訳ですから、もう話の内容は覚えてしまいます。合わせて、音声の後に音読で発音することになりますから繰り返し何度もスピーキングをすることにもなります。

取り組んでみた感想(口コミ)

CDをかけ流してストーリーを追いかけて行くだけなので英語を勉強している感じはなく、登場人物の会話を聴きながら物語を楽しんでる様子でした。取り組み時間も10分もかからないくらいだったので毎日負担なく続けられます。

会話形式で進められる冒険ストーリーですが、七田教材の大きな特徴は35日間聞き続けることで子供が普段使う厳選700フレーズがバランスよく盛り込まれているという所でしょう。英単語は単独で覚えるのではなく、前後と合わせて覚えたりストーリーや情景にのせる方が効果的に覚えられます。

親子で一緒に聞いていることも多く、発音練習の際にはCDの発音に近づけるようダメ出しをすることもありました。耳に入ってくる英語をそのまま発声するのって、慣れるまでは結構難しいものです。でも、個人的にはこの真似ることにこだわるのは大事だと思っています。英語独特のリズムの部分ですね。

この発音の部分は続けているうちにずいぶん良くなったな~と思います。

うたい文句には35日間で英語が話せるように・・とありますが、お察しの通り実際はそんな急にはペラペラになるわけではありません。(笑

ただし、毎日繰り返し聴いて発音を真似ていたこともあり、聞き取った英語を素直に発声できるようになってきました。

英語のリズム感は格段に良くなったように感じます。

まだやってないのですが、付録に付いている無料のオンライン英会話5回分、これを終わる頃には前よりずっと通じる発音で英語が話せるようになっているかもしれません。

この「35日で・・」というほんとうの意味は、毎日続けることを意識した意味合いが込められているのだと感じています。1ヶ月も繰り返し続けていると聴いて発音するのがほぼ日課になってしまいますから、物語が終わったら終了!ではもったいないです。

この教材以外でも子どもに変化があったのは驚きました。TVやラジオなどで英語のスキットが流れてくると、無意識に音声を真似て発声するようになったのです。

これは凄い!繰り返しの効果大です。

評判通りバイリンガル・スイッチが入ったのかもしれません。

 - 子供英語教材