子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

幼児向け英語のポピュラー・ソング 食べ物とか食器類編

      後で読む

Pat A Cake

幼児向けの英語チャンネルABCkidTVの英語ソングの中から、日本の子どもたちにも馴染みのあるマザーグースのポピュラーな曲をまとめています。

ここのチャンネルのアニメは絵本のようなタッチでとってもカラフルですね。

画面下に歌詞が出ているものもありますので一緒に歌ってみると楽しめそうです。

 

Ants Go Marching

歌いながら楽しく行進しているアリたち。巣の中に色んな物を運んでいます。

こんなものまで?と思うものまで運んでいますよ。

 

Pat A Cake

パン屋さんと一緒にケーキ作りの歌です。子どもたちと一緒に歌いながら作ると楽しそうですね。

 

Muffin Man

マフィン売りの歌は欧米で古くから伝わるマザーグースの歌。

警察官や消防隊員、郵便配達などいろいろな職業が登場します。

 

I’m a Little Teapot

かわいらしいティーポットとカップのゆかいなアニメです。

聞き覚えのある曲に合わせて歌いながら踊ります。

 

Jack and Jill

「ジャックとジルのうた」ファンタジーなアニメですが意識を失いかけて夢見心地のジャック・・引き戻されてます。笑えるような笑えないような、マザーグースらしいです。

 

マザーグースとナーサリーライム

これらの童謡、英米では「マザーグース」とか「ナーサリーライム」とも呼ばれています。

マザー・グースはwikiによると、18世紀 フランスの童話集に出てくる「ガチョウ母さんのお話」が元になっていて、後にロンドンで「マザー・グースのメロディ」という童謡集が出版されたことで広まっていったとあります。その後、伝承されている同じような童話や童謡はまとめてマザーグースと呼ばれているみたいです。

ナーサリーライムは直訳するとnursery=子供部屋。hyme=韻文。
マザー・グースも含めて、比較的新しい「童謡、わらべうた、子守唄」などを呼ぶときに使うようです。

 - 英語ソング