子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

親子で実践する英語教育のヒント

投稿日:2013年1月10日 更新日:

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。

東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。

小学校、中学校にお子さんが通われている方や入学を控えた方に一読をおすすめします。

その中で、東進ビジネススクール講師 安河内氏の言葉を引用します。

ネイティブの音声をリピーティング、シャドウイング、音読、暗唱する反復練習が重要である

また、英語がスーパーできる3%の学生の共通点として、

彼らが子供のころから、一般の英語教育に流されず、独自のアプローチで英語に触れさせていた。

親子で地道に、聞き流しや音読に取り組むことで英語力は必ず上達するということです。

さらに、わが子を英語ができるように育てるには(中)では、具体的な英語学習のアプローチが解説してあります。

その中で、やはり大切なことは小学生までは楽しさ重視であることのようです。

勉強が終わったら、「英語で遊ぼうね!」みたいな感じが理想なのでしょう。

 

英語は伝達ツール

英語を通して何かをするという考えを持つことが大切なのだと改めて思いました。
英語で絵画を習ったり、料理をしたり…

どなたかお近くで子供向けにこういう講座を開いてくれないかな~なんていつも思っています。

期日が迫っていますが、最近ではこういうイベントもあるようです。まだ、数名空きがあるようですよ!

お近くの方はお子さんとご一緒にいかがですか?

ケニアのこどもとウェブカメラでつながろう!

開催 2013-1-12(土)15時00分 ~ 18時00分 NPO法人パンゲア

場所 東京都渋谷区恵比寿







-小学生英語

  オススメ

関連記事

The capricious robot

英語の読解力に慣れる小・中学生向けのショートストーリー「The capricious robot」

子供と英検3級面接試験の帰り道、ジュンク堂に立ち寄り準2級の学習本を探していた時のことです。 ずらっと本棚に並んだ英語関連書籍の中から、息子が一冊の本を取り出して読んでいました。 何を読んでるのかなと …

三単現のs

三単現の“s”を付け忘れる子供

三単現のsと言えば、英語の授業で習ったのを覚えています。 ちょうど子供の通う英語教室で今習っているみたいです。 英語の先生によると、みんなここの言い変え練習でつまずいてしまっているとか・・。「重要なの …

no image

小2の英語の宿題は数字のカウントと12ヶ月

小学校に上がってから2度めの夏休みが始まりました。 1年間学校生活をおくって2度めになるとだいぶ慣れているようです。

no image

子どもはグローバル化についていける?

普段、日常生活で英語を使うという状況まだまだ少ない日本ですが、 ビジネスの世界ではどんどん英語が浸透しているようです。 子供たちが大人になる頃には日本の国際化は今よりもっと進んでいるでしょう。

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。