子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

投稿日:2014年6月6日 更新日:

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。

低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」
高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」

応募方法は、どちらもA4サイズの用紙1枚に自筆で書いたものとなります。

詳細はこちら→http://www.alc.co.jp/kid/kcschool/contest/

 

英語で日記を書く取り組みを始めたところだったのでちょうど良さそうです。

 

募集ページのアドバイスによると、
1~3年生のMy familyについてだと、家族みんなのことについてや優しいお母さん、家族旅行についてなどテーマを決めて、そこからエピソードなどをふくらませて書いていく感じのようです。

4~6年生のMy dreamでは自分の夢を具体的に、なりたい職業や、やってみたいことなどをテーマに自由な発想で書いていくと良さそうです。

大切なポイントも書かれていました。

  1. 読みやすい字で書く
  2. 読む人に伝わるように書く
  3. 単調にならない工夫

 

nやhなどまぎらわしくならないようアルファベットを書くときには読みやすさを考えて書く。読む人が情景を思い浮かべられるように書く。などのアドバイスがありました。ここの部分は日本語の作文でも同じですね。

英語なのであまり難しく文を作ることは出来ません。でも、シンプルな短文でもうまくつなげていけばきっと子供らしい文章が出来ると思います。

それと、「A4用紙」というのもミソな気がします。
真っ白な紙なので、色を使ったり挿絵を入れたり自由に書けそうです。

応募締切は2014年9月19日(金)までなので夏休みの取り組みとしても良さそうですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

英語の返事に少しだけ個性を出してみる簡単な方法

英語の勉強をロールプレイ中心でやっていると、受け答えがどうしても単調になりがちです。子供のうちは特に型にはまらないようにしたいです。   息子がまだ3,4歳の頃、 週に1度ネイティブの託児英 …

エイエイGO

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。 ちょうど、子供といつも観ているE …

no image

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」を開講するそうです。
ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

自己紹介を英語で言えるようになる「キクタン」の小学生版

アルクからでている「キクタン」シリーズに小学生版が登場しています。 小学校英語の副教材「英語ノート」の中から、自分のことを英語で話せるようになるというコンセプトで英単語をセレクトしてあります。 自分の …