子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

投稿日:2014年6月6日 更新日:

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。

低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」
高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」

応募方法は、どちらもA4サイズの用紙1枚に自筆で書いたものとなります。

詳細はこちら→http://www.alc.co.jp/kid/kcschool/contest/

 

英語で日記を書く取り組みを始めたところだったのでちょうど良さそうです。

 

募集ページのアドバイスによると、
1~3年生のMy familyについてだと、家族みんなのことについてや優しいお母さん、家族旅行についてなどテーマを決めて、そこからエピソードなどをふくらませて書いていく感じのようです。

4~6年生のMy dreamでは自分の夢を具体的に、なりたい職業や、やってみたいことなどをテーマに自由な発想で書いていくと良さそうです。

大切なポイントも書かれていました。

  1. 読みやすい字で書く
  2. 読む人に伝わるように書く
  3. 単調にならない工夫

 

nやhなどまぎらわしくならないようアルファベットを書くときには読みやすさを考えて書く。読む人が情景を思い浮かべられるように書く。などのアドバイスがありました。ここの部分は日本語の作文でも同じですね。

英語なのであまり難しく文を作ることは出来ません。でも、シンプルな短文でもうまくつなげていけばきっと子供らしい文章が出来ると思います。

それと、「A4用紙」というのもミソな気がします。
真っ白な紙なので、色を使ったり挿絵を入れたり自由に書けそうです。

応募締切は2014年9月19日(金)までなので夏休みの取り組みとしても良さそうですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

whileとduringの違い

whileとduringの違い

whileとduring同じような意味なので間違いやすいですね。 子供がwhileの意味を尋ねてきたので調べてみました。   whileもduringも 「~の間」「~している間」といった意 …

エイエイGO!

エイエイGO! wh語の仲間 「howプラス」の疑問文

エイエイGO!今月のテーマは、wh語の疑問文が取り上げられています。 今週、第19回は「“howプラス”を使いこなせ!」でした。 「調子はどう?」みたいに状態をたずねる表現ですね。 新人隊員のとしきさ …

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。

小学校の英語授業、就学前から学んでいる子供にとってはちょっと複雑

公立の小学校ではすでに5,6年生から英語の授業を年間35時間行っているようですが、まもなく学年を繰り下げて小学3年生から英語の授業がスタートすることになりました。 そんな流れを受けて、巷ではすでに小学 …