子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

  オススメ

関連記事

「PENGUIN AND PUMPKIN」ペンギンさんの秋

英語絵本「PENGUIN AND PUMPKIN」ペンギンさんの秋ってどんなの?

英語絵本「PENGUIN AND PUMPKIN」の読み聞かせです。 ペンギン達の暮らす氷に閉ざされた世界。真っ白な氷上で秋を探すペンギンたち。fallのコアなイメージは「落下する」ですが、アメリカで …

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

子どもと使えそうな「デイビッド・セインの2単語英語でGO!」

チャット形式の英会話学習アプリ、 デイビッド・セインの2単語英語でGO!購入してみました。

no image

Amazonの洋書が難易度別リーディングガイドで買いやすくなりました

子供向けの英語の絵本や洋書など、
お近くに大型の本屋がない場合Amazonの洋書コーナーが頼りになります。
しかし、目的の本が定まってない場合、
英語のレベルに合わせた本選びは今までけっこう大変でした。
レビューを頼りにしたり、ガイド本などを参考にして探すことが多かったのですが、
Amazonではこのほど、英語の読解力を測るLexile指数を使ってamazonで売られている洋書を数値化して探せるようになりました。
これでグッと英語のレベルに合わせた洋書を見つけやすくなりました。

幼児向け英語絵本「Today I will fly」

幼児向け英語絵本「Today I will fly」抑揚やイントネーションで会話の雰囲気がわかりやすいおはなしでした

英語絵本の読み聞かせ、ピギーとジェラルドのシリーズから「Today I will fly」です。幼児や英語初級でも楽しめるシンプルな英会話でお話が進められる絵本でした。 I willのイメージや否定の …