子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

前置詞across, along, throughの使い分けイメージ

      後で読む

across, along, throughはどれも「~を通って」と、同じように訳されることがあるのですが、英語ではどれも 「どんなふうに通るか」 で使い分けされます。

他にも、通り過ぎる時に用いる前置詞ではpast、overなどがあります。

イラストを使った英語の解説でacross, along, throughについて分かりやすく説明している動画がありました。

preposition3

3つの違いは上のような感じですが、他にもいくつかのイメージでそれぞれの前置詞の違いを紹介しています。
後半には簡単なテストもあります。

前置詞”Through”

Throughの持つ感覚は、立体的なものを通り抜ける、または、時間的な状況で初めから終わりまでといったとききです。解説動画では人込みを縫って通り抜行くときに使っています。

fly through the air 空中を飛んでいく

through the whole country 国中に

through the night 夜通し

 

前置詞”along”

alongは「~に沿って」のニュアンスで通っている場合です。動画では壁沿いに通り抜けています。

walk along the street 通りを歩く

along the way to school. 登校中に

 

前置詞”across”

acrossは横切ったり、向こう側へ渡るとき。

across the country 国中いたることころ 方々

 

前置詞”over”

overは飛び越えたり上をおおうイメージです。

a bridge over a river 川にかかった橋

rule over a country 国を支配する

 

前置詞”past”

pastも通過するイメージですが、すれ違うとか横をすり抜ける意味合いが出てきます。

何かを避けて、と言いたいときに使う感じでしょうか。時間が過ぎ去るときにも使います。

He ran past my house.
彼は私の家の前を走って通っていった。

It’s past three o’clock. 3時は過ぎた。

Our teacher is now past eighty.
先生はもう80才を超しておられる。

 

前記事 – 前置詞In On Underなど場所をイメージできるアニメソング

 - YouTubeで英語学習