子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

The otherとanotherの違い

      後で読む

The otherとanotherの問題が今朝の「合格モーニング」でとりあげられていました。

「合格モーニング」はテレビ東京系列で朝6時40分から放送されている小中高生向けのワンポイント学習番組です。

毎週月曜から金曜まで各教科の間違いやすい頻出問題が1問出題されます。

 

朝から頭の体操になる番組ですね。

 

The otherとanotherの違い

今日の問題はこちら、

英語の代名詞問題。

( )に入るのはア.another イ.The other どちらでしょう?

 

1.彼は二匹の犬を買っていて一匹は白でもう一匹は黒です。

He has two dogs.
One is white, and (    ) is black.

 

2. 彼は犬を一匹買っているが もう一匹欲しがっている。

He has a dog. He wants (    ).

 

どちらの文章も、「もう一匹」と ありますが、英語ではそれぞれの違いを理解する必要があります。

 

The other

 

解説では、ひとつの他に特定の何かひとつがあって、その一つをさす場合にthe otherを使うとあります。

 

例えば、ショートケーキを2つ持っていて、1つを自分でもう1つをあげるとします。そのもう一つのことを言うときに使います。

 

複数形のThe others

ショートケーキが2つ以上あり、1つの他に残りが複数ある場合にはthe others とsをつけることになります。

 

Another

 

先に一つ取っておいて、その他の特定多数の中から1つを選ぶ場合、この一つをanotherで表します。

The othersと何となく似ているようですが、The othersはその他全部、anotherはその他からひとつですね。

 

例えば、すでにケーキを一つ食べていて、もう少し食べたいと思い、ほかのケーキを不特定多数の中から選ぶ場合、The others(その他すべで)の中からanother(別のもの)を取る感じで覚えておくと良さそうです。

 

 

これらを踏まえて問題を見てみると・・

 

問1は、二匹の犬がいて一匹ともう一匹、と特定されていますから the otherですね。

One is ~, and (the other) is ~

 

問2は、もう一匹、不特定多数の中から選ぶことになるので another(なにか別の)と言った意味になります。

 

動画で解説

 

英会話フォービーのTOEIC(R)対策クラス動画より、このThe otherとanother、The others、さらにtheの付かないothersの解説がわかりやすいです。

 

 

次回の「合格モーニング」英語の問題は助動詞です。

助動詞と言えば、動詞を助ける言葉。

主語+助動詞+動詞の原形

will

can

may

should

must

などがありますがその違いですね。

 - 英語学習テレビ