子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

英語絵本のリスニング「Guji Guji」を名俳優が読み聞かせ(対訳つき)

      後で読む

英語絵本の読み聞かせ動画、今回は「Guji Guji」という欧米ではポピュラーな絵本です。

台湾に伝わる「みにくいあひるの子」に似たお話です。

 

 

語り手は俳優のロバート・ギローム氏。

ディズニーの「ライオンキング」やスピルバーグ&ルーカス製作「リトルフットの大冒険」など子供向けアニメ映画でも声優をつとめる人気俳優です。

今回の絵本「Guji Guji」の英語Lexileレベルは650。アメリカの小学3~5年生くらいになります。

英語はそれほど難しい部分もなく、さらっと単語をチェックするくらいで日本の子供でも理解できると思います。

下段に対訳を入れてありますので参考にしてください。

Guji Guji read by Robert Guillaume

 

日本語対訳

 

Today we’re going to be reading a story by Chih-Yuan Chen called Guji Guji.
今日、私たちはチーユアンによって書かれた物語「Guji Guji」を読みましょう。

An egg was rolling on the ground.
卵が地上を転がっていました。

It rolled through the trees.
それは木々を通り抜けて転がりました。

It rolled across the meadow.
それは草原を横切って転がりました。

It rolled all the way down the hill.
それは、丘を下ってずっと転がりました。

 

 

Finally, it rolled right into a… duck’s nest.
ついに、それは都合よくカモの巣の中に転がりました。

Mother Duck didn’t notice. (She was reading.)
母ダックは、気づきませんでした。

Soon enough, the eggs began to crack.
じきに、卵たちはひびが入り始めました。

 

 

The first duckling to hatch had… blue spots. Mother Duck called him Crayon.
一番目のアヒルの子がふ化すると..青い点がありました。母ダックは彼を「クレヨン」と呼びました。

The second duckling had brown stripes. “Zebra,” Mother Duck decided.
二番目のアヒルの子がふ化すると..茶色の縞模様がありました。母ダックは彼を「ゼブラ」と呼びました。

The third duckling was yellow, and Mother Duck named him Moonlight.
三番目のアヒルの子がふ化すると..黄色でした。母ダックは彼を「ムーンライト」と呼びました。

A rather odd-looking duckling hatched from the fourth egg.
少々奇妙に見えるアヒルの子は四番目の卵からかえりました。

“Guji Guji,” he said, and that became his name.
「グジグジ」と彼は呼ばれ、それが彼の名前になりました。

 

 

Mother Duck taught her four ducklings how to swim how to dive and how to waddle.
母ダックは、飛び込む方法と泳ぐ方法とよたよた歩く方法を彼女の4羽のアヒルの子に教えました。

Guji Guji always learned more quickly than the others, He was bigger and stronger, too.
グジグジはいつも他よりも早く学びました。また彼は他よりも大きくて強くもありました。

But no matter how… quick they were, or what they looked like, Mother Duck loved all her ducklings the same.
しかし、どんなにそれが早くても、どんなふうに見えても問題なく、母ダックはアヒルの子たちをすべて同じように愛していました。

 

Then one terrible day, three crocodiles came out of the lake. They looked a lot like Guji Guji.
そして、恐ろしい1日、3匹のワニは湖から出てきました。彼らは、だいぶグジグジのように見えました。

The crocodiles were… smiling, and when they laughed with their mouths wide open, the whole world could see their big, pointed teeth.
ワニは、頬笑みながら口を大きく開けて笑った時、世界一大きくてとがった歯が見えました。

The three crocodiles saw Guji Guji and smiled some more. “Look at that ridiculous crocodile. He’s walking like a duck!”
3匹のワニはグジグジを見てさらに笑った。「バカなワニがいるぞ、彼はアヒルの子のように歩いている」

 

Guji Guji heard them. “I am not walking like a duck, I am a duck!” he explained.
グジグジは、彼らの話を聞きました。「私はカモのように歩いていません、私はカモです!」と、彼は説明しました。

The crocodiles laughed. “look at yourself! No feathers, no beak, no big webbed feet!
ワニは笑いました。「自分自身を見てください!羽はない、くちばしはない、脚には大きい水かきがない!」

What you have is blue-gray skin, sharp claws, pointed teeth and the smell of bad crocodile. You’re just like us.”
「あなたが持っているものは、青灰色の皮膚、鋭い爪、とがった歯と悪いワニのにおいです。あなたは、まるで我々のようです。」

 

The first crocodile said, “your blue-gray body lets you hide under water without being seen so you can get close to fat, delicious ducks.”
最初のワニが言った。「あなたの青灰色の体は見られることなく、おいしそうな丸々と太ったカモに近づくことができるように水の中に隠れさせます。」

The second crocodile said, “Big, sharp claws help you hold fat, delicious ducks tightly so they don’t get away.”
2匹目のワニが言いました。「大きくて、鋭い爪は丸々太ったうまいカモをしっかり持つのを助けるので、彼らは逃げられません。」

The third crocodile said, “Pointed teeth are necessary so you can chew fat, delicious ducks. Mmmm. Yum.”
3匹目のワニが言いました。「あなたが太った、うまいカモを噛むことができるように、とがった歯は必要です。おいしい~」

 

The three crocodiles grinned. “We know you live with the ducks.
3匹のワニは笑顔を見せました。「我々は、あなたがカモと暮らしていることを知っています。

Take them to the bridge tomorrow and practice diving. We’ll wait underneath with our mouths wide open.”
明日彼らを橋へ連れて行って、飛び込むことを練習してください。我々は、口を大きく開いて下で待ちます。」

“Why would I do that?” Guji Guji asked. “Why should I listen to you?”
「なぜ、私はそうしますか?」と、グジグジは尋ねました。「なぜ、私はあなたの話を聞かなければなりませんか?」

“Because we are all crocodiles, and crocodiles help each other.” The bad crocodiles grinned again and vanished into the grass.「我々はみんなワニです。ワニは互いを助けあいます。」悪いワニは再び笑顔を見せて、草に消えました。

Guji Guji felt terrible. He sat by the lake to think. “Is it true? Am I a bad crocodile too?”
グジグジはつらそうでした。彼は、考えるために、湖のそばに座りました。「それは真実ですか?私は悪いワニですか?」

 

He looked down into the lake and a made a fierce face.
Guji Guji laughed. He looked ridiculous. “I am not a bad crocodile. Of course, I’m not exactly a duck either.”
彼は湖を見下ろしました、そして、どう猛な顔を作りました。
グジグジは笑いました。彼は、ばかげて見えました。「私は、悪いワニでありません。当然のことながら、私は必ずしもカモでもありません。」

“But the three crocodiles are nasty, and they want to eat my family. I must think of a way to stop them.”

「しかし、3匹のワニはいやです。そして、彼らは私の家族を食べたいです。私は、彼らを止める方法について考えなければなりません。」

 

 

Guji Guji thought and thought until finally he thought up a good idea. He went home happy and content.
ようやく良い考えを考え出すまで、グジグジは考えて、考えました。彼はうれしそうに満足して家に帰りました。

That night, the three bad crocodiles sharpened their pointed teeth, all the while thinking of fat, delicious ducks.They were ready for their feast.
その夜、3匹の悪いワニは彼らのとがった歯を鋭くしました。そして、ずっと太った、うまいカモについて考えました。
彼らは、豪華な食事の準備ができていました。

 

 

The next day, Guji Guji did as he’d been told… he took the flock of ducks to the bridge to practice diving.
その翌日、グジグジは言われたように… 彼は、飛び込むことを練習するために、カモの群れを橋へ連れて行きました。

The three bad crocodiles were waiting for the ducks underneath the bridge.
3匹の悪いワニは、橋の下にカモを待っていました。

It wasn’t fat, delicious ducks that dropped from the bridge though;
it was three big, hard rocks! The crocodiles bit down.
その橋から落ちたうまそうなカモたちは太っていませんでした。それは大きな3個のの硬い石!ワニはかぶりつきました。

 

“Crack! Crack! Crack!” went their pointed teeth.
「がりがりがり」歯にひびが入りました。

The three bad crocodiles ran as fast as they could. In barely a minute, they were nowhere to be seen!
3匹の悪いワニは、どこもみることもなく、かろうじてできるかぎり速く走りました。

Guji Guji had saved the ducks! Guji Guji was the duck hero of the day!
グジグジは、カモを救いました!グジグジは、その日カモの英雄でした!

 

That night, all the ducks danced and celebrated.
Guji Guji continued to live with Mother Duck, Crayon, Zebra and Moonlight,
and every day he became stronger and happier “crocoduck. The End.
その夜、すべてのカモは踊って、祝いました。
グジグジは母と、クレヨンとゼブラとムーンライトと一緒に暮らし続けました。そして毎日、彼はより強くてより幸せな「クロコダック」になりました。
終わり。

 - YouTubeで英語学習