子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子供に不定詞と動名詞の違いについて質問されたら?

投稿日:

英文法

子供の通っている英会話スクールで現在学習中の不定詞と動名詞。お迎えの帰り道、toとingのニュアンスをいろいろ聞かれたのでちょっとおさらいです。

小学生の子供でもピン!と、くるような使い分けを調べてみようと思います。

まずは、中学英語で習う基本的な不定詞と動名詞について再学習。

不定詞<to+動詞の原形>

中学範囲の英語では to +動詞の原形を不定詞と習います。

toつき不定詞を簡単におさらいすると

■名詞のような働きの「~すること」
I want to go to Kyoto.

■副詞的なはたらきの目的や理由「~するために」
He came to japan to teach English.

■形容詞の働き「~するための」
i have a lot of things to do.

 

動名詞<動詞+ing>

動名詞~ingも「~すること」ですが「これまでしてきたこと」のニュアンスが出てきます。

主なパターンは以下の4つです。

■主語的なはたらき「~することは・・です」
Learning English is not easy.

■目的語のとして「~することを」
I enjoy skating on the ice.

■補語の役割「~すること」
My hobby is cllecting stamps.

■前置詞の後に動詞を持ってきたらing
Thank you for inviting me to the party.

 

動名詞と不定詞の基本的な違い

動名詞と不定詞の名詞的用法ではどちらも「~すること」となりますが、動名詞ingの場合は日常とか過去のことを表し、to+動詞の原形の方は未来志向を表すことができるのが特徴です。

I like playing soccer.
私はサッカーすることが好き(今までサッカーやっていました)

I like to play soccer.
私はサッカーすることが好き(サッカーがやりたい)

 

簡単にまとめると

動名詞(動詞+ing)は「しようとすることや、これまでにしてきたこと」

不定詞(to+動詞の原形)は「まだしていないか、仮にある動作をこれからすること」

 

こんな感じかな?と思います。

その他、基本的な違いをふまえた上で覚えておいたほうが良さそうなものや、テスト対策的なものもチェックしてみました。

中学で学習する動名詞と不定詞の違い4つのパターン

英検などで頻出のものをメモ的にまとめてあります。3の「動名詞も不定詞も有り」は、他の3つを抑えておくとあまり意識しないでも良さそうです。

1.後ろに動名詞が来るもの

■前置詞の後の動詞は動名詞「~ing」になります。
I am good at playing tennis.
Money is necessary for living.

 

■後ろが動名詞になるものの中から中学で出てくる代表的なもの。
practice 「練習する」 practice playing the recorder
enjoy 「楽しむ」 enjoy cooking for others
finish 「終える」 finish speaking

 

■後ろに動名詞がくるもので英検3級範囲に入りそうなもの)
give up 「諦める」
admit 「認める」
mind 「嫌がる」
consider 「考慮する」
avoid 「避ける」
miss 「~し損なう」
suggest 「提案する」
put off  「延期する」
escape 「逃れる」
deny 「拒否する」

2.後ろが不定詞になる動詞

まだやってないこれからのことを表す動詞が多いのが特徴です。

want
plan
hope
expect
decide
promise
agree
など

 

3.動名詞も不定詞も有り

どちらも近いニュアンスのもの。ただし、時間的な差が出てくると少し変化。

begin
start
continue
like
など

 

4.動名詞と不定詞で意味がかなり変わる

不定詞はこれからの未来を表し、動名詞はこれまでのことにフォーカス。

try to ~ 「~しようと試みる」
try ~ing 「試しに~する」

 

remember to 「~することを忘れない」
remember ~ing 「~したことを覚えている」

 

forget to ~「~することを忘れる」
forget ~ing「~したことを忘れる」

 

stop to ~「~するために立ち止まる」
stop ~ing「~することを止める」

 

まとめ

以上、動名詞と不定詞についておさらいしてみました。
小学生の子供に話すとしたらこんな感じでしょうか。

「何が好き?」と聞かれたらI like playing tennis.

「何して遊ぶ?」と聞かれたら I like to play tennis.

上は「していたこと」で好きなことがテニス。
下は「今したら好きだな~」ってことがテニス。







-小学生英語
-

  オススメ

関連記事

come and go

英会話「いま行くよ!」は「今くるよ!」I’m coming soonでOK

「いま行くよ!」と「今くるよ!」は漫才師のお話ではなくてcomeとgoの使い分けについてです。最近の子どもたちは今いくよ・くるよさんのこときっと知らないでしょうね。 子供の通う英会話スクールで、今日は …

不規則動詞まとめ

小学生向け不規則動詞をフラッシュカードで学習

小学生向けの不規則動詞をまとめてみました。 不規則動詞とは動詞の過去形でedと付けない動詞のことです。 子供と一緒にBSのミッションイングリッシュを見ていると不規則動詞の過去形が出てきていました。ちょ …

英検4級英単語

英検4級の英単語をフラッシュと4択クイズで学習できるアプリ

英単語をまとめてフラッシュ表示させられ、4択問題でチェックもできる無料のアプリのご紹介です。以前もこちらでご紹介させて頂いたのですが、子供の英検4級の英単語練習に大活躍してくれています。過去記事でも紹 …

クリスマス発表会の英語劇

クリスマス発表会に向けて英語劇のセリフ練習

子供の通う英会話スクールでは子供たちのクリスマス発表会に向けて英語劇の練習に取り組んでいます。英語劇に使う衣装や背景などを入れた練習もあったようで、なかなか本格的な様子です。 こちらの英会話スクールで …

no image

キッザニア東京で英語スピーチコンテストの出場者募集しています

子供向けの職業体験型アミューズのキッザニア東京。
息子も、あるときは消防士になったり、
またある時は科学者になったり新聞記者になったりと、
行く度に職業を見つけながらキッゾが貯まるのを楽しんでいます。
そのキッザニアで「こども英語スピーチコンテスト」が行われるそうです。
うちの子供ではちょっと敷居が高いかもしれませんが、
子ども達のスピーチやパフォーマンスを観るのも刺激になって良いかもしれません。
対象は3歳から中学3年生まです。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語

英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング
英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング

英語やイラストにタッチペンで触れると英語音声が流れるタイ...

子供と自宅学習に使ってきた英語教材
子供と自宅学習に使ってきた英語教材

子供が生まれるとすぐに英語を意識した育児を始めました。子...

フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ
フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ

フォニックスの基本がわかるABCソングのご紹介です。AB...

児童英検と英検の違い
児童英検と英検の違い

通っている英語教室のお話によれば、 児童英検や英検、TOEIC...

小学生が使う英和辞典おすすめを先輩ママに聞いてみました
小学生が使う英和辞典おすすめを先輩ママに聞いてみました

子供が小学生になるまで英語辞典はOxford Picture D...

ワールドワイドキッズ