子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

英検3級~5級の対策本売上ランキング

      2016/04/21   後で読む

英検受験に向けて出題傾向を学習したり、予想問題や過去問、熟語・単語にあたることのできる英検対策本の販売ランキングです。

楽天books 英検週間ランキングの中から、英検5級から3級までの本をピックアップしてランキングにしました。

英検対策本楽天Booksランキング
英検対策本-楽天週間ランキングより

 

1位:英検5級総合対策教本

 

初めての英検対策として小学生から幅広く使える教本になっています。カラーで見やすく、リスニング中心の内容なのも取りかかりやすいです。1レッスンの量も少ないので少しづつ無理なく進めることができそうです。

 

2位:英検4級予想問題ドリル改訂新版

 

出題傾向に馴れておきたい方に最適な英検対策本になっています。
1日1セット、7日間で一通り学習できる構成です。
前半5セットは筆記問題、後半2セットでは模擬テストスタイルで筆記とリスニング両方にあたることができます。

 

 

3級からはじまる面接の様子を映像で確認できるDVDが付いていますので小学生など少し早めの受験者には心強いと思います。
二次試験の模擬問題、質疑応答は7日分おさめられています。そのほか、自由設問に使えそうな表現一覧もチェックすることができます。

 

4位:英検3級をひとつひとつわかりやすく。

 

左ページにはポイントをわかりやすく、右ページではその予想問題といった感じで問題ごとにクリアしていける教本となっています。リスニングにも対応したCD付きですが、文法をもっとしっかりさせたいときには便利な1冊になりそうです。

 

5位:英検3級予想問題ドリル改訂新版

 

出題傾向に馴れておきたい方に最適な英検対策本です。
最新の問題傾向に合わせたオリジナル問題による模擬テストが行えます。

 

6位:英検4級総合対策教本

 

4級合格に必要な文法をまだ学習していない方から始められる、小学生にもおすすめな教本です。1レッスンは5ページ程度、CDを聞きながらポイントのまとめを学習、問題にあたる流れになっています。

 

7位:英検3級総合対策教本

 

総合対策教本、3級版になります。
4級~5級レベルも含めた内容も説明されているため、3級までの文法を体系的に学習することができるようになっています。
入室から退室までの流れ、音読のポイント、各設問への解答の仕方など面接対策も行えます。

 

8位:小学生のためのよくわかる英検4級合格ドリル改訂版

 

「はじめて受けるならこの一冊」とあるように、小学生で英検にチャレンジする方に最適な英検教本となっています。テキストの漢字にはすべてルビが振ってあり、低学年でも取り組める内容です。
巻末には本番形式の予想問題もつけられ、受験の流れや小学生には不慣れなマークシートの解答方法や名前、住所などの記載の仕方なども学べます。

 

9位:英検4級過去6回全問題集CD(2015)

 

英検試験で実際に出題されたリスニングテストが6回分収録されたCD付きの問題集です。音声は、実際の試験と同じスピード、間合いとなっており、リスニングテストに馴れる一冊となっています。問題ごとにトラック番号で区切られていて、聞き取れなかった問題を何度も繰り返し練習することもできます。「英検4級過去6回全問題集と併用することで総合的な4級対策が行えます。

 

10位:英検5級過去6回全問題集CD(2015)

 

上と同じく英検試験で実際に出題されたリスニングテストが6回分収録されています。この過去6回全問題集シリーズではWebダウンロードサービスもあり、英検5級版では出題頻度の高い「曜日」「月」「疑問詞」をリズムに乗せて覚える音声ファイルやpdfなども手に入れることができます。

 

11位:短期完成英検5級3回過去問集(2015-2016年対応)

 

英検5級で出題された2013年度~2014年度第1回までの問題を3回分収録した過去問集です。切り離して使える解答用紙が3回分付属してありますので、ご家庭で本番と同じように模擬テストを行うことができます。解説の漢字にはふり仮名も付けられていて、小学生低学年でも学習できるようになっています。

 

12位:でる順パス単英検4級

 

中学1、2年の教科書で多く取り扱われている単語と英検に特徴的な単語を中心に掲載されています。最新の英検問題を分析し、よく出題される語が分かる内容です。英検対策だけでなく中学レベルの英単語学習にも使えそうです。

 

13位:英検4級をひとつひとつわかりやすく。

 

英検3級版と同じく、左ページにはポイントを、右ページでは予想問題といった内容で問題ごとにクリアしていける教本となっています。
5級版は小学生にも分かりやすいけど、この4級ではすこし難易度があがるというレビューもありました。中学生くらいに最適かもしれませんね。

 

さいごに

うちの子供の場合、小学低学年の英検学習として5級では「小学生のためのよくわかる英検5級合格」を選びました。児童英検からの流れでしたが、こちらは小学生でもとても使いやすく、一通りやり終えると問題なく合格できる内容でした。4級に向けては同じく「小学生のための~」シリーズを一度やったのですが少し時間が経過してしまったため、新たに別の本で再トライするつもりです。

小学生でも使いやすいものとして選んだのが 旺文社 「英検4級予想問題ドリル改訂新版」でした。出題傾向に馴れておくための選択です。

英検対策本のランキングをチェックしてみると、4級に合格したあと、3級に向けてどんな本を用意するのがベストなのかいろいろ見えてきます。

 - 英検