子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

ディズニー・アニメ「ズートピア」の英語学習用コミックで本編のスピンオフ物語も楽しめます。

      後で読む

ディズニー・アニメ「ズートピア」といえば、日本では2016年の春に公開され、全世界で大ヒットした映画です。 日本では公開が少し遅れたようなので、そのあと公開されたファインディング・ドリーに押された感もありますが、世界での累計興行収入は10億ドルを突破し「アナと雪の女王」、「ミニオンズ」、「トイ・ストーリー3」に続く大ヒット作となりました。

ちなみにファインディングドリーの興行収入も全世界で10億ドルを突破し歴代5大作品の仲間入りを果たしています。

さて、その「ズートピア」どんな映画かというと..

こちらがそのトレーラー。


擬人化された動物たちが暮らす高度な文明社会のズートピア。肉食や草食、大きいものや小さいもの達が共に暮らしている平和な楽園を舞台に、現代社会の身近な問題でもある差別や偏見について、ディズニーらしいメッセージが込められている作品です。

子供たちにとってはユニークなキャラクターで登場する動物たちや、スピード感あふれるストーリー展開にワクワクする物語です。

ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド]

そんなズートピアのストーリーをコミックで楽しみながら、同時に英語の学習もできる、コミック版 ディズニーの英語 [ズートピア] が発売されていました。

ディズニーオフィシャルのイラストレーターが描いたフルカラーのマンガに、吹き出しは英語のセリフと日本語の対訳。

英語のセリフを解説する「ワード&フレーズ」のコーナーもあり、ちょっとした英会話教材としても使えそうです。

 

KADOKAWA刊行「ディズニーの英語」シリーズではこれまで、「トイ・ストーリー」や、「アナと雪の女王」など、人気のディズニー映画13作品が出ていますが、コミック版としては今回が第1弾となります。

映画「ズートピア」のストーリーのほかにも、ジュディやニック、そして楽しいズートピアの仲間たちが活躍するサイドストーリーが4話収録。総ページ数は128ページです。

マンガで英会話を楽しみたい方や、映画を見てもう一度読み返したい方も、きっと楽しめる英会話教材になりそうです。動物たちの話す会話から、ちょっと素敵な言い回しを見つけることができるかもしれませんね。

 - 子供英語教材